アジア

タイ旅行の費用・予算っていくら必要?3泊4日の旅費は合計6万円!

タイ旅行って、いくらぐらいの費用がかかるの?と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はわたしたちが3泊4日のバンコク旅行で使った費用と、旅費を抑えるコツを紹介します。

タイは最近物価が上がり、以前ほど安くはありませんが、まだまだ日本よりは安く旅行できます。

タイで使ったすべての費目を書いているので、これからタイに行かれる方は予算を考える参考にしてみてください。

航空券、ホテル、現地での交通費、食費、カフェ、お土産代別に、使った費用をすべて書き出しています。

タイ旅行3泊4日でかかった合計費用は1人6万円

わたしたちは3泊4日のタイ旅行でかかった費用は1人6万円ほどでした。個室の清潔なホテルに泊まり、お土産もたくさん買っていて、そこまで節約した訳ではありません。

・航空券 32000円
・ホテル 7800円
・食費  4000円
・交通費 2700円
・お土産 8200円
・観光代 1800円
・マッサージ 3600円
・バーで使ったお金 1400円

合計1人61500円でした!

旅の日程


・1日目:9:00発のエアアジアでバンコクへ。ディナークルーズやマッサージを満喫

・2日目:朝から電車でアユタヤ遺跡へ

・3日目:チャトチャックマーケットからスーパーでお土産購入。ルーフトップバーでまったり。

・4日目:タクシーでドムアン空港へ

旅のスタイル

・カップルの2人旅
・ホテルや航空券は自分たちで手配
・ホテルは駅近の清潔な個室に泊まる
・LCCを利用
・雑貨やお土産はしっかり購入

タイ旅行の費用を節約する4つのポイント

ポイント1:LCCを使っていく


タイに安く行くには、LCCの利用はマスト。LCCで行くだけで旅費を半額近くにできます。

タイへ行く代表的なLCCはエアアジア。往復の航空券が2万円ほどで取れます。フルキャリアでは往復6万円ほどかかるので、めちゃくちゃ安いですよね。

ただLCCは飛行機に乗る以外の他のものはすべてオプション料金がかかります。オプションで何かつけると、航空券の2万円にプラス5000円から1万円かかるイメージです。

オプション料金がかかるもの

・受託手荷物(機内持ち込みではなく、預ける手荷物)
・機内食
・ブランケット
・水やジュースなどの飲み物

ポイント2:日本の長期休みにかぶせない

エアアジアは便も多く、たいていは往復2万円のチケットを取れます。ただ例外があり、お盆や年末年始、GWは旅行する日本人が多いため、値上がりします。

安くタイに行きたいと思うなら、それらの長期休みにはかぶせないでください。普通の土日や3連休にかぶせる分には、料金はそこまでかかりません。

ポイント3:両替はタイ現地でする

両替は日本ではなく、タイ現地でします。タイで両替した方がレートがいいためです。

タイに着いたら空港ですぐ両替できるので、心配しなくても大丈夫です。

また街中には銀行や両替する場所がよくあるので、街中で1度まとめて両替しておくと便利ですよ。

ポイント4:ご飯はショッピングセンターのフードコートをうまく使う


タイのご飯は安いとよく聞きますが、綺麗なレストランは日本と同様ぐらいの料金の場所も多いです。

ただ屋台はお腹を壊しそうで怖いという人におすすめなのが、フードコート。

ショッピングセンターにはフードコートがあるところが多く、1食200円ほどで美味しいタイ料理を食べられます。

清潔で美味しくて、安いのでわたしはタイでよくフードコートに行っています。

タイ旅行で使った費用を解説!航空券はLCCで往復2〜3万円

安く行くにはLCC必須


LCCでの往復航空券は2〜3万円ほどと考えておくといいでしょう。

わたしたちが購入した航空券(2人分)

・フライト 53700円
・手数料 3200円
・受託手荷物 20kg 4600円
・機内食4回(往復×2人)2400円

合計1人31950円でした。

単純な航空券代でいうと26000円ほどだったのですが、オプション代や手数料がかかり、合計では32000円ほどに。

安い航空券を見つけても、手数料やオプションをつけて合計では3万円ほどになることが多いと思います。

受託手荷物は1人オプションでつければOK


LCCは受託手荷物のオプションを付けないと、荷物を預けられません。機内持ち込みもできますが、1人7キロまでと規定があります。

ただ受託手荷物は4600円と高額でできれば節約したいもの。たとえば2人でタイに行く場合、預ける荷物が20キロ以下であれば、受託手荷物のオプションは1人付ければ大丈夫です。

2個荷物があっても、合計で20キロ以内であれば一人オプション追加していれば問題ありません。

受託手荷物を帰りに1人だけつけて節約


わたしたちは受託手荷物のオプションを帰りの航空券に1人だけオプションで付けて帰りました。

行きは上の写真のバックパックに荷物を詰め込め、機内持ち込みの1人7キロに抑えています。

帰りは受託手荷物を20キロ分預けて帰りました。7キロに抑えるのはちょっと大変ですが、3泊ほどであれば大丈夫です。

液体はそれほど持っていけませんが、タイはコスメなどもレベルが高いので現地で買うのも楽しいですよ。

※LCCは規定が変わることがあるので、乗る前に確認してください。

航空券の探し方

わたしたちはExpediaエアトリ(旧DeNA)で探すと安い航空券を予約することが多いです。格安航空券が確実に見つかりやすく、台湾の往復航空券(サーチャージ込み)が1万円代でも見つかるので、損しないためにも必ず見てみてください。

Expediaで台湾旅行の格安航空券を見てみる
エアトリで台湾旅行の格安チケットを見てみる

安い航空券を探すポイント

・日程が特に決まっていなかったら、週や曜日をずらして、いろいろなパターンで検索してみる。
・航空券は金曜日、土曜日発は高めになるから避ける
月~木曜日を発にすると安い。帰りも土曜日より日曜日発にした方が安い。
・一番安いチケットは一括サイトに出てない場合もあるため、H.I.S.エアトリなどの各サイトを見てみる

バンコクのホテルは1室1泊5000円ほど


わたしたちが泊まったホテルは1泊1室5000円ほどでした。

駅近、バンコク中心地に近い、清潔というスペックでは5000円ほどかかるところが多いです。1人あたりでは1泊2500円ほどなので、日本のホテルよりは安いですよね。

駅から歩いても大丈夫な場合や、バンコクの郊外ではもう少し安く泊まれます。

わたしたちが泊まったホテル

・アーバンホテル 1室1泊5000円
・シーロム駅から徒歩5分ほど
・部屋も水周りも清潔
・朝食付き(パン、ヨーグルト、ジュースなどの簡易的なもの)
・オーナーの女性がめちゃくちゃ親切
・バンコク初めての人にもおすすめ

シーロムはバンコクの中心地サイアムに近くて、とっても便利な場所でした。バンコクで効率よく観光したい人にはおすすめのホテルです。

口コミの評価がめちゃくちゃ高いことでも有名なホテルです。

予約にはExpediaかbookingがおすすめ。どちらか安い方で予約してください。

>>Expediaでアーバンハウスの料金を見てみる

>>bookingでアーバンハウスの料金を見てみる

女性は駅近のホテルがおすすめ

バンコクに旅行に行く女性には駅から近いホテルがおすすめ。バンコクは治安は比較的いいですが、夜女性が歩くとどんなトラブルがあるか分かりません。

できるだけ駅から近い場所、かつ大通りから近いホテルに泊まるようにしてください。soiと呼ばれる小道は繁華街でも暗く、人通りが少なくなります。

何かトラブルに巻き込まれた時に近くに人がいないと気づいてもらえないため、大通り沿いのホテルの方が安心です。

タイ現地で使った交通費は1人2700円

タイの現地で使った交通費は1人2700円でした。

ドムアン空港から市内に出るにはバスが安い


まずLCCでタイに行く場合、到着はドムアン空港という場所です。空港から市内に出る場合はバスが安いですよ。

片道1人30バーツ(106円)でモーチットまで行けます。わたしたちは行きはバスで、帰りは荷物が多かったのでタクシーで空港に行きました。バンコク市内から空港は高速代も含めて420バーツ(1483円)です。

バンコク市内の便利な移動手段はBTS


バンコク市内は電車である程度移動できます。下記の2種類を使うとだいたい行きたい場所に行けます。

・バンコクスカイトレインBTS
・バンコク地下鉄MRT

▼バンコクの電車の乗り方や料金は下記の記事で詳しく解説しています。

バンコクは電車の移動が一番おすすめ!便利で安心なBTSの乗り方解説!【路線図つき】バンコク市内を観光する際の交通手段は、やっぱり電車(スカイトレインBTSとバンコク地下鉄MRT)が一番のおすすめです!代名詞のようなトゥクトゥクや安く利用できるタクシーも有名ですが、渋滞知らずで本数も多く、値段も安い! 電車も日本の地下鉄のように綺麗な車両で、面倒な値段交渉ももちろん必要なく、好きな時にいつでも利用できる手軽さは、バンコクの観光には欠かせない乗り物です!...

2人以上で移動するときはタクシーの方が安いことも


車で20分ほどの距離は100バーツほどでタクシーに乗れます。初乗りは35バーツ(123円)。

BTSの2人合わせた料金と変わらないことが多く、2人以上ならタクシーで移動した方が安く、楽なことも。

ただ朝夕の通勤時間や雨が降ったとき、バンコクは大渋滞を起こすので気をつけてください。

トゥクトゥクは意外と割高


タイといえばトゥクトゥク!と思う人も多いと思います。このトゥクトゥクは意外と高め。

乗る前には必ず料金の交渉を運転手とすることになります。わたしたちは車で20分ほどの距離に300バーツ(1059円)払いましたが、帰りのタクシーは100バーツ(355円)でした。

交渉次第とも言えますが、完全に観光客な日本人は割と高めの料金でした乗せてもらえない印象です。

それでもトゥクトゥクはタイらしい楽しい乗り物!観光気分で乗るのもいいですよ。

アユタヤまではローカル線だと片道20バーツで行ける


バンコクからアユタヤに観光に行く人も多いと思います。ファランボーン駅からアユタヤまで行く電車に乗れます。

ローカル線でめちゃくちゃ安く片道20バーツ(70円)で行けました!

わたしたちが使った交通費

・空港からのバス 211円(30×2THB)
・バンコク市内でのBTS 1720円(250THB)
・アユタヤまでの往復電車 282円(40×2THB)
・トゥクトゥク 1059円(300THB)
・アユタヤでレンタルしたバイク 883円(250THB)
・ガソリン 70円(20THB)
・市内で乗ったタクシー 1059円(300THB)
・空港までのタクシー 1059円(300THB)
・高速代 423円(120THB)

3泊4日のタイ旅行の食費は1人4000円


タイの食費は節約しようと思えば、かなり節約できると思います。屋台やフードコートでは1食200円ほどで食べられますよ。

ただ観光地にある綺麗なレストランやガイドブックに載っているところは、日本と変わらない値段です。

おすすめはフードコート

節約したい人はショッピングセンターのフードコートがおすすめ。清潔で美味しいタイ料理を食べられます。

わたしたちはMBKというショッピングセンターのフードコートに行っています。

▼MBKについては下記の記事にまとめています。

【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!とりあえず行けばお菓子やお土産、タイの可愛い雑貨、タイパンツ、ワンピース、スマホ周辺機器などなんでも揃うMBKセンター! ショッピ...

わたしたちの使った食費

・水 35円(10THB)
・いちごミルク 88円(25THB)
・飲み物 250円(71THB)
・ポカリ 140円(40THB)
・水とコーラ 140円(40THB)
・コンビニで飲み物とお菓子 247円(70THB)
・フルーツジュース×2 378円(107THB)
・水とお菓子 264円(75THB)
・タイティー 355円(100THB)
・マック 953円(270円)
・水やお茶 423円(120THB)
・MBKのフードコートでご飯 989円(280THB)
・ジュースとお菓子 208円(59THB)
・ランチ 2430円(688THB)
・ココナッツアイス 140円(40THB)
・屋台のつくね 35円(10THB)
・ゼリージュース 140円(40THB)
・アユタヤでのランチ 688円(195THB)
・水 45円(13THB)

タイのお土産に使ったお金は1人8200円


わたしたちは海外で雑貨やお菓子、コスメを買うのが好きなので、ちょっと買いすぎていると思います..

ただバンコクで買い物が楽しみという人は5000〜8000円ほど確保しておいたほうが楽しいと思いますよ。

わたしたちが使ったお土産代

ワンピース 1059円(300THB)
コード 1766円(500THB)
かごバッグ 2473円(700THB)
セラドン焼き 2049円(580THB)
タイパンツ×2 706円(200THB)
シャツ 883円(250THB)
スーパーでのお菓子や食べのもののお土産 5239円(1482THB)
ドラッグストアのコスメ 2391円(677THB)

▼わたしたちがタイで買ったお土産は下記の記事にまとめています。

タイ・バンコクのお土産24選!20円から買えるおすすめお菓子・コスメ・雑貨を解説タイに行くことが決まって、お土産は何を買って帰ろうかと考えている人もいるのではないでしょうか。今回は合計4回タイに行ったわたしたちが、本...

マッサージ代は1人3600円

タイはマッサージ天国!安いお店では1時間のタイ古式マッサージが200バーツ(706円)ほど。

3日間毎日マッサージに行ってしまったのですが、総額3600円でした。日本とは比べ物にならないほど安いですね。

わたしたちがタイで払ったマッサージ代

・タイ古式マッサージ×2人 1907円(540THB)
・タイ古式マッサージ×2人 1907円(540THB)
・オイルマッサージ×2人 3533円(1000THB)

タイでかかった観光代は1人1800円


タイでかかった観光代は1人1800円ほどでした。わたしたちの場合はアユタヤの観光代です。

バンコクでかかる観光代は寺院が多いと思うので、参考に3代寺院の入場料を記載しています。

バンコク3代寺院の入場料

・バンコクの王宮 1766円(500THB)
・ワットポー 355円(100THB)
・ワットアルン  176円(50THB)

わたしたちが払った観光代

アユタヤの寺院の拝観料×2 494円(140THB)
像乗る×2 2826円(800THB)
像との写真×2 282円(80THB)

バーで使った料金は1人1473円


バンコクにはルーフトップバーがたくさんあります。わたしたちは2カ所いきました。

・バイヨークスカイホテル 830円(235THB)
・マリオット 2119円(600THB)

タイの旅費を節約!海外旅行保険はエポスカードで無料にできる

海外に行くときは通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険がかかります。ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄ですよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカード
を海外旅行に持っていくだけで、保障を受けれます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。ネットで全て申請が完結するので、楽ちんですよ。

WiFiはグローバルWiFiだと、4日前まで早割になる

海外旅行で何かあった時のために、常にWiFiに繋がっていると便利。多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す

Webで申し込めば、空港で全て完結するので楽ちんですよ。旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

まとめ:タイ旅行の費用は1人6万円

・航空券 32000円
・ホテル 7800円
・食費  4000円
・交通費 2700円
・お土産 8200円
・観光代 1800円
・マッサージ 3600円
・バーで使ったお金 1400円

確かに物価は上がってきていますが、まだまだ日本国内よりは安く旅行できます。工夫してタイ旅行を満喫してきてください!

▼3泊4日のバンコク旅行記は下記に詳しくまとめています。

【タイ旅行記】バンコク3泊4日の弾丸旅行が最高すぎた!LCCエアアジアで行く旅LCCエアアジアで往復3万円で飛行機のチケットが取れました。国内旅行よりも安い!ということで、3泊4日でバンコクに行ってきました。 ...
ABOUT ME
Nami
トラベルライター兼編集長。Trippedia編集部の紅一点。 もともとはヨーロッパやアメリカが好きな普通の女子だったが、近頃はアジア各国に興味あり? 趣味は旅行と世界のパン巡り。プログラミング担当にもなるべく、現在目下勉強中。 オススメの街はハンガリーのブダペスト。特にドナウ川沿いを散歩することがお気に入り。 行ってみたい街はロシア・サンクトペテルブルク。オススメのパン屋さんがあればぜひ教えてください。 世界各国の魅力を詳しく、楽しくご紹介します。 普段はオウンドメディアの運営をしています。SEOライティングならお任せください! by Yosuke

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。