アジア

【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!

とりあえず行けばお菓子やお土産、タイの可愛い雑貨、タイパンツ、ワンピース、スマホ周辺機器などなんでも揃うMBKセンター!

ショッピングセンターと商店街が混ざったような若干カオスなお店ですが、どんなお店があるのかさえ知っておけば、タイのお土産探しの拠点にも、歩き疲れた時のオアシスにもなる場所です!
サイアムパラゴン、セントラルワールドよりも庶民的なものを扱っている傾向にあり、お金を掛けずに買い物を楽しめます!

駅からも直結して利便性も良いので、ぜひ一度訪れてみてください!

(筆者は3回のタイ旅行で毎回、どこよりも先に行ってますw)

MBKとは

一言で言うと、ショッピングセンターと商店街を合わせたような場所で、お菓子やお土産、タイグッズからSIMやケーブルなどスマホ周辺機器がなんでも揃う不思議な空間です!

1985年オープンのタイでも一番歴史のあるショッピングセンターで、開業当時はアジア最大規模だったそうです!

2017年に大規模リニューアルをしたようで、2015年に訪れた時より綺麗になっていました!

ちなみに今回も旅行中は意識しなかったのですが、結局3日連続(つまり全部の日)行ってましたw

テナント・フロアガイド

MBKは広い!
なので主なテナントと各フロアを紹介します!

主なテナント

 ・東急百貨店 1〜4階
 ・トップスマーケット(スーパーマーケット)1階
 ・ワトソンズ(ドラッグストア)2階
 ・飲食店 主に1階(マクドナルド、ケンタッキー、スタバ、ミスド、バーガーキング、ラーメン屋など)
 ・フードコート 5階
 ・雑貨店

フロアガイド

各フロアの主なお店は次の通りです。

1階(G階) :ファッション・アクセサリー、飲食店、お土産屋、銀行
2階:ファッション・アクセサリー、ジュエリー、コスメ
3階:ファッション・アクセサリー、ジュエリー、スマホ周辺機器
4階:スマホ周辺機器
5階:ファッション・アクセサリー、カメラ用品、家具、フードコート
6階:ファッション・アクセサリー、お土産屋、レストラン
7階:レストラン・飲食店(スタバ、KFC、ラーメン屋、メイド喫茶など)、映画館

結構どの階にもファッション・アクセサリーやコスメを取り扱うお店はあります。

MBKの公式サイトのフロアガイドも見てみてください!
MBK|フロアガイド(英語)

お店の紹介

実際に僕達が利用したお店を紹介していきます!

 ・2階 ワトソンズ(ドラッグストア)

 ・1階 トップスマーケット(スーパーマーケット)


お土産を買い過ぎた例(笑)


お土産になるお菓子もいっぱい売ってます♪

 ・1階 飲食店 (マクドナルド、ケンタッキー、スタバ、ミスド、バーガーキング、ラーメン屋など)


カフェラテのスムージー!日本ではなかなか味わえないカフェメニューです!
さっぱりして美味しい!


1階にあるカフェで買いました。45バーツです!

 ・5階 フードコート

 ・6階 雑貨店・お土産屋

タイパンツやTシャツなんかも100バーツ〜あってめちゃくちゃ安い!
しかも意外と丈夫なので、記念に1枚いかがです?

営業時間

公式には10時から22時まで。定休日はなし

要注意!

タイクオリティなのか、店舗の多くは21時まで。20時を過ぎると閉店準備を始めてます(笑)
フードコート、飲食店は22時まではやってます。しかし、日本とは違うので、22時はお店のシャッターが閉まる時間です(笑)

Googleマップの店舗情報にも22時までとなってますが、実際にはそれより早く閉まるので注意してください!

MBKで買えるもの

MBKで買えるものを簡単に解説します!
お土産の詳細は、お土産紹介の記事も参照してください!!

お菓子→タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人でも美味しく食べられる食べ物まとめ
雑貨→タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコクの市場やショッピングセンターで手軽に買える、かわいいものまとめ
コスメ→タイのお土産に買いたいコスメ12選!ドラッグストアで買えるおすすめコスメまとめ

・タイ限定のお菓子類・バラマキ用のお土産 

・タイの衣類・雑貨

・USBケーブル、アダプターなどのスマホ周辺機器、スマホ本体 主に4階

・カメラと周辺機器 5階

MBKで買うときの注意点

・4階の電子機器類や6階の衣料品を扱うお店は基本的に個人商店
・値札がついていない商品も多い。そう言う店では値段交渉も可能(だいたい安くなる。てか言い値がぼったくり価格)

好きなものを好きなだけ! 各国料理が楽しめるフードコート

1階の飲食店とは別に、5階にはフードコートがあります。

食べたいものがバラバラな時、いろんなものを食べたい時など、手頃な価格でお腹いっぱい食べられるのですごく重宝します!
食事はだいたい50バーツ(¥170くらい)からあって、しっかり食べられます。
利用方法も簡単なので、ぜひ行ってみてください!

フードコートの場所

正式名称をINTERNATIONAL FOOD COURTと言います。
5階のアウトレットとは逆方向の端っこ、4階まである東急百貨店の直上にあります!
5階に行けば案内板もあるので迷うことなく行けます!

フードコートの利用方法

1.サービスカウンターでICプリペイドカードを購入
 入金額は任意。余ったチャージ分は返金してもらえるで多めにしとくと便利
3.お昼時など混雑しているときは先にテーブルを確保!
2.気になったお店で注文。支払いはプリペイドカードで(カードが使えない店舗は現金で支払い)
3.すぐに作ってくれるのでお店の前で待つ(日本みたいな呼び出しブザーはありません)
4.食べ終わった食器類は係りの人が持ってってくれます(来なかったそこに放置してOK)
5.チャージが足りなくなったらサービスカウンターでチャージ
6.余ったチャージ分をサービスカウンターで精算して退店。

食事の相場

全てではないですが、だいたい食事なら50バーツくらいからあります。

タイティー、25バーツ
カオマンガイ 50バーツ〜
クレープ(一番高いの)85バーツ
その他 50〜100バーツくらいが相場


85バーツのクレープ。価格もそれなりですが、それ以上にボリュームが・・・w

清潔感

日本のフードコートと差異なし
安くて清潔感があるので、街中のよく分からない食堂で食べるより安心です(笑)

あると良いもの

ウェットティッシュ:お手拭きにはもちろん、テーブルを拭くのにも
マイ箸、割り箸:店側で準備しているのはプラ製のお箸です(さすがエコに厳しい国!)。気になる人は持ってった方がいいです。

MBKへの行き方

BTS(バンコク スカイトレイン) シーロム線 終点ナショナルスタジアム駅直結

主要な場所からの行き方

国鉄バンコク駅(バンコクメトロ ファランボーン駅)から:シーロム駅でBTS(サラデーン駅)に乗り換え
アソーク方面から:サイアムで向かいの電車(4番線)に乗り換え
モーチット方面から:サイアムで乗り換え、1フロア上にある4番線に乗り換え

まとめ

とりあえずMBKに行けばお菓子やお土産、タイの可愛い雑貨、タイパンツ、ワンピース、スマホ周辺機器などなどすべてが揃う!
お土産探しに困ったり、時間がない時などは特に最適!

まずはMBKに行ってみてください!!

ABOUT ME
Yosuke
なんでも器用にこなせる、行動派トラベルフォトグラファー。思い立ってタイ行きのチケットをとった6時間後に、日本を出国してしまうぐらい、行動に移すのはピカイチの早さ。旅が大好き。いまでも忘れられない景色は、ハワイの荒れ果てた岩だらけの谷で見た虹。小学1年生のときには、高知から電車に乗って、大阪へ一人旅。電車が好きすぎて、7年間鉄道の整備を経験したのち、いまは地方の旅館の集客をお手伝いしています。来年には自分で旅行会社を立ち上げます。写真と鉄道のことなら、何でもご相談ください! by Nami

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です