アジア

【バンコク】スーパーで買えるお菓子やコスメ18選!全部1つのお店で買えます!

バンコクでお土産を買うならMBKのトップスマーケットが便利です!
タイ限定のプリッツやキットカット、ゾウの形をした可愛いチョコレートなどのバラマキにも最適なお菓子類や、自宅でも使いたくなるチリソース、いつでもタイ料理を味わえるインスタント麺、シャンプーやコンディショナーなどのコスメ用品までなんでも揃っていて、ここだけでお土産が揃います!

※1バーツ=¥3.4で計算

バンコクのスーパー(トップスマーケット)で買えるもの

お菓子・食品はこちらもぜひ参照してください!
タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人でも美味しく食べられる食べ物まとめ

お菓子

1.プリッツ

いまやタイ土産の定番にもなったタイ限定プリッツです!
右(オレンジ色)がトムヤンクン味、左(黄色)がラーブ味(牛ひき肉をナンプラーとライムで味付けしたタイのサラダ。ラープとも)で、どちらもスーパーで購入できます。
値段は1つ¥44(13バーツ)とお手頃価格なので、僕は1人に1箱買いました。

こちらはまだまだ知られていない、極細プリッツです。

右(オレンジ色)がスパイシーシュリンプ味、左(黒色)がスパイシーバーベキュー味で、どちらもピリ辛です。
ビールによく合う味なので、後述するシンハービールとの組み合わせにも良いです!

値段は1つ¥44(13バーツ)とこちらもお手頃価格でした!

プリッツ グリコ 極細 BBQ味 55本入り 37gx6個

プリッツ グリコ 極細 BBQ味 55本入り 37gx6個

1,450円(02/19 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

2.ポッキー

ゾウとサルの可愛いイラストが特徴的なポッキー。右のおサルさんがバナナ味、左のゾウさんがマンゴー味です。

サル=バナナはイメージ通りですが、ゾウ=マンゴーはよく分かりません(笑)

味はどちらも若干香料がきついですが、思いのほか甘すぎなく、小さな箱なのでちょっとしたおやつに最適です。

どちらも日本にない味なので、お土産になること間違いなしです!

値段は1つ¥41(12バーツ)です。

【タイ限定】 ポッキー MANGO マンゴー味 25g [並行輸入品]

【タイ限定】 ポッキー MANGO マンゴー味 25g [並行輸入品]

750円(02/19 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

3.プジョイ

日本でいうト○ポのように、中にチョコが入ったタイプです。

日本ではオフィスグリコ限定でチョコ味がありますが、こちらはキャラメルマキアート味。ほんのり甘い感じが疲れを癒してくれます。もっと買ってくれば良かったと思ったお菓子の一つ。

値段は1つ¥85(25バーツ)と少し高めです。

 

4.koh-kae

3年前にタイに行った時にたまたま買ってハマったお菓子。今回は大量に購入してきました(笑)

ピーナッツにチキンやエビ、コーヒー、わさびなどいろんな味付けがされています。

個人的にはチキンが一番好きです!

値段は大きいのが¥225(66バーツ)です。

半分くらいの大きさのもあります。

袋に入ったタイプは中が¥133(39バーツ)、小は¥34(10バーツ)です。

ピーナッツ (えび味)

ピーナッツ (えび味)

1,680円(02/19 21:52時点)
Amazonの情報を掲載しています
ピーナッツ チキン味

ピーナッツ チキン味

1,989円(02/19 21:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

5.チョコレート

タイでチョコレート?となりますが、それは置いといて・・・ゾウの形をした可愛いチョコレートです。

これは中にマカダミアナッツが入ったタイプです。

これまで紹介したお土産の中ではダントツに高く、なのでバラマキというよりある程度ちゃんとしたお土産に向いてます。

甘すぎないので職場用などにおすすすめです。

通販をみる|エレファントミルクチョコレート

6.キットカット

これまた日本には」ないフレーバー、キットカットのミルクティー味です!

食べた感じはほんのりミルクティーの味わいがあってさっぱりした感じです。

日本にはもちろんない味なので、すごく新鮮です!

価格は一袋で¥200(59バーツ)と日本とあまり変わらない値段ですが、タイ限定で、個装もされているのでお土産にするには最適です!

7.スナック類(ポテチ、ココナッツチップス)

Laysのスパイシーロブスター味です。

タイはエビやロブスターを多く食べるせいか、お土産にもこういったのが多くあります。

このポテチも美味しく、ピリッとした味が疲れを吹き飛ばしてくれるので、タイ滞在中にもよく食べていました。

こちらはココナッツチップス。

「Glendee」のココナッツチップスは1袋¥119(35バーツ)で買えちゃうので、配り用のお土産にぴったり

特にキャラメル風味のココナッツチップスは日本では販売されていないので、タイだけの特別感もあります。

8.ジム・トンプソン フルーツゼリー

タイシルクで有名なジム・トンプソンブランドのフルーツゼリー。

タイシルクを広めたジムトンプソンは、シルクづくりのためのファームを持っていて、そこで作られたフルーツを使った商品が「ジムトンプソンファーム」の商品として、タイのお土産になっています。

このシリーズは見た目も洗練されていて、味もハズレがありません。

お彼岸の時にお供えするフルーツゼリーを想像していたら、全然違いましたw

めっちゃフルーツの味がしっかりしていて、食べ応えもありました。

見た目も可愛いパッケージはお土産に最適です。

値段は¥612(180バーツ)と少し高めですが、数も多めなのでバラマキにも、自分で少しずつ食べるのにも向いてます!

9.ドライフルーツ(マンゴー、ストロベリー)

南国タイならではのフルーツ マンゴー!

しかし検疫の関係上、生のフルーツは持ち込めません・・・。でもドライフルーツならそんな心配もなく、しっかりお土産にすることができます。

せっかくのタイなので自慢のフルーツのおすそわけもおすすめです!

有名なのは写真の2種類で、どちらもトップスマーケットで買えます。

写真左:甘すぎずに食べやすい。60バーツ(202円)
写真右:DOI KHAM(ドイ・カム)の商品。お砂糖をたっぷりつけた感じで甘め。小袋 20バーツ(67円)

日本人には左側のタイプの方が食べやすいと思います。またスーパーやお土産屋さんではドライフルーツはよく試食できます。

製品によって甘さが異なるので試食してみたり、1つ70円もせずに買えちゃうので、試しに買って食べてみるのがおすすめ。


お次はドライストロベリー。日本ではあまり見かけない品なので、お土産にもぴったり!

値段は¥166(49バーツ)とお手頃なのが嬉しいです。

通販をみる|ジム・トンプソン ドランマンゴー

通販をみる|ドライフルーツ4種類セット

10.のりチップス

タイのスーパーやコンビニで必ず売っているノリのお菓子。特によく見かけるのが、「タオケーノーイ」というブランド。

タイのお土産でノリ?と思う人もいると思いますが、どうやらタイではすごく愛されているようです。

他にもトムヤンクン味もあるので、タイらしいフレーバーを選ぶとタイお土産にもいいかなと。

おつまみにぴったりな味付けです。写真の大きな袋は¥133(39バーツ)、15円ほどで買える小さなタイプもあります。

食品・調味料

11.タイティー

タイの定番ドリンク、タイティーの粉末です。

これがあれば日本でタイティーを猛烈に飲みたくなった時も困りません!

実際に飲んでみましたが、そのまんまタイティーでしたw

一袋13本入りで¥306(90バーツ)とお菓子に比べると少々お高めですが、タイティー好きには必需品ですw

ミルクティー (タイ紅茶ミルク)

ミルクティー (タイ紅茶ミルク)

1,526円(02/19 21:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

12.スイートチリソース

タイの調味料の定番!甘くもピリリとしたスイートチリソースは唐揚げやフライドポテト、オムレツなど不思議なことにどんな料理にも合います!

日本でもタイを味わえるおすすめのお土産です。

値段は¥95(28バーツ)と手頃な値段です。

日本に持ち帰る際には機内には持ち込めないので注意してください!

13.インスタント麺

東南アジアの定番お土産の一つ、インスタント麺!

トムヤンクンヌードルやグリーンカレーヌードルなど、タイの味をたった3分で手軽に味わえる最高のお土産です。

しかも1つ¥20(6バーツ)からとめちゃくちゃ安いので、思わず自分用にも大量に買ってしまいました(笑)

タイのものだけではなく、インドネシアのミーゴレンも置いてあったのでこちらも大量に買いましたw

14.タイ料理キット

おうちでタイ料理を気軽に作れる、タイ料理のキットもスーパーで買えます。

地元の人が使うようなものから、「ブルーエレファント」というタイの高級レストランが出しているキットまで種類はさまざま。

タイ料理を好きになった人はキットをお土産に持ち帰って作るのもいいんじゃないでしょうか!?

値段は左のブルーエレファントのグリーンカレーセット ¥510(150バーツ)です。

通販をみる|トムヤンクン カップスープ6個セット

通販をみる|タイカレー3種12箱セット

15.ビール

日本でもだいぶ飲めるお店も増えましたが、お土産としての地位も失ってはいません!

ヨーロッパや日本のビールにはないさっぱりとした感じがタイビールの特徴です。

値段は写真のシンハービール 350ml缶で1本¥と、手頃な値段なのでお土産にも最適です!

通販をみる|シンハービール6本セット

コスメ

トップスマーケットでは良質なコスメも手頃な値段で買えます。

こちらの記事もぜひご覧ください!
ドラッグストアで買える、タイのお土産コスメ12選!おすすめ美容まとめ

16.牛さんマークの「Scentio」

牛さんマークが目印の、タイのローカルコスメブランド「Scentio」。コエンザイムQ10が入った洗顔が人気の秘密。

バニラのようなふわふわの泡で洗顔すると、肌がしっとりします。

値段は¥442(130バーツ)。自分用にもお土産にもちょうど良い値段です。

17.アバイブーベプロデュースのバタフライシャンプー・コンディショナー

タイ王家が設立した国立病院財団がつくるオーガニックハーブ製品「アバイブーベ」。

バンコクのスラサック駅に直営店もありますが、トップスマーケットでも購入できます。

石鹸、ボディーソープ、アロマオイルなどさまざまなハーブ製品がありますが、特に人気なのがバタフライピーのシャンプー。

バタフライピーはタイでよく食べ物やコスメに使われるハーブ。青い色が特徴で、老化防止や目の疲労にも効果があると言われています。

良質なハーブを使ったシャンプー、コンディショナーはどちらも¥244(79バーツ)で買えてしまうのでお得ですよね。

使用感はちょっとすーっとした爽やかな洗い心地です。

18.ココナッツオイルの石鹸

このココナッツオイルの石鹸はかなりお気に入り!

冬は身体や手を洗った後ガサガサになってしまうのですが、この石鹸を使うと、洗い上がりもしっとりしてるんです。

ココナッツの香りも程よくて使いやすいです。

値段は1つ¥204(60バーツ)です!

通販をみる|アロマソープ3個セット

トップスマーケットの場所

タイお土産お菓子17
バンコクでタイのお菓子をお土産に買うなら、トップススーパーがおすすめ。

MBKの地下にあるトップススーパーは店舗も大きく、外国人向けのお土産が幅広く揃っています。

今回紹介したお土産は、全てMBKのトップススーパーで購入したもの。

ガイドブックに紹介されているお土産も、MBKのトップススーパーで揃えることができますよ。

MBKトップススーパーの基本情報

・営業時間 10:00〜21:30
・住所 444 Phayathai Rd, Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ
・最寄駅:スカイトレイン (BTS)のナショナル スタジアム

MBKの詳細は、下記記事にまとめています。
【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!

まとめ

いかがでしょうか?MBKセンターの1階、トップスマーケットに行けばなんでも揃うことが分かってもらえたのではないでしょうか?

とりあえずここに行けば、お菓子やインスタント麺などのバラマキ用のお土産やコスメなどいろんなお土産が買えます!

ぜひバンコクへお出かけの際は、ぷらっとMBKセンターのトップスマーケットを訪れてみてください!

おみやげ通販も便利

現地のスーパーでの買い物も楽しくて僕も大好きです!

けど、正直荷物は多くしたくないし、LCCに乗った時なんかは重量オーバーしないか心配です・・・。

そんな時はお土産の通販がとっても便利!

お土産なのに通販?と思いませんか?僕も最初はそうでした・・・。

けど実際に利用してみると色々便利だったので、今ではすっかりヘビーユーザーです(笑)

 

おみやげ通販のメリット

・荷物が少なくなる。荷物制限にも引っかからない(LCCだと特に注意)

・必要なお土産を事前に買っておけば、現地で見つからないという心配がない

・現地では観光と自分へのお土産に集中できる

・最短で翌日に届く。もし買い忘れても大丈夫!

などがあります。
現地でじっくり探したいお土産は現地で、確実に必要だけどあまり時間を掛けたくないお土産は通販で、と使い分けています。

現地では自分がしたいことだけに集中できるので、とっても便利です!

通販をみる|らくらくおみやげセット

通販をみる|タイのおみやげ一覧

タイのお土産は下記にまとめています。
タイ・バンコクのお土産24選!20円から買える本当におすすめなお菓子・コスメ雑貨を解説
タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコクの市場やショッピングセンターで手軽に買える、かわいいものまとめ
タイのお土産に買いたいコスメ12選!ドラッグストアで買えるおすすめコスメまとめ
タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人でも美味しく食べられる食べ物まとめ

タイ旅行の費用を節約する2のコツ

海外旅行保険はエポスカードで無料にできる

海外に行くときは通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険がかかります。ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄ですよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているEPOSカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けれます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>年会費永久無料!エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。ネットで全て申請が完結するので、楽ちんですよ。

WiFiはグローバルWiFiだと、4日前まで早割になる

海外旅行で何かあった時のために、常にWiFiに繋がっていると便利。多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す
Webで申し込めば、空港で全て完結するので楽ちんですよ。旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

タイに安く行く方法は?

タイに安くいくには、Expediaを使うのがおすすめ。Expediaで予約すると下記のようなお得なポイントがあります。

・航空券とホテルをセットで予約すると安くなる。ホテル代は最大全額無料にもなる。
・毎日50%オフのホテルがある

>>バンコクのお得なホテルをExpediaで見る

それではよい旅を!

ABOUT ME
Yosuke
なんでも器用にこなせる、行動派トラベルフォトグラファー。思い立ってタイ行きのチケットをとった6時間後に、日本を出国してしまうぐらい、行動に移すのはピカイチの早さ。旅が大好き。いまでも忘れられない景色は、ハワイの荒れ果てた岩だらけの谷で見た虹。小学1年生のときには、高知から電車に乗って、大阪へ一人旅。電車が好きすぎて、7年間鉄道の整備を経験したのち、いまは地方の旅館の集客をお手伝いしています。来年には自分で旅行会社を立ち上げます。写真と鉄道のことなら、何でもご相談ください! by Nami

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です