アジア

タイ旅行の日数は何日?王道は3泊or4泊。バンコクなら2泊でも!モデルコースを合わせて紹介

タイ旅行に行きたいけど、どれぐらいの日数が必要?最短で行くには何日?と思う人もいますよね。

今回は毎年タイ旅行に行っている私が、タイ旅行に必要な日数やモデルコースを解説します。

結論から言うと、タイ旅行は3泊か4泊で行くのがおすすめ。

日数を決めるときの注意点や、日数に応じたモデルコース、お得な予約方法まで解説しています。

タイ旅行に行くときの参考にしてみてください!

タイ旅行の王道は3泊or4泊

タイ旅行の王道の日数は3泊4日か、4泊5日です。

タイは観光名所が多い国なので、できれば3泊以上がおすすめ。

3泊4日のタイでの行動例

1日目タイ到着、ナイトマーケットへ
2日目3大寺院を観光
3日目アユタヤへ日帰り旅行
4日目マッサージやショッピングをして空港へ

バンコクの3大寺院と呼ばれる「王宮」「ワットポー」「ワットアルン」はみんな近い場所にあり、1日でまわれます。

もし1日伸ばして4泊5日で行く場合は、バンコクから車で2時間ほどかかる水上マーケットなどにも行けます。

バンコクだけなら、最短は2泊3日でも楽しめる


もしもあまり日数を確保できない場合は、バンコクの中心地のみに絞り2泊3日でも旅行できますよ。

1日目タイ到着、ナイトマーケットへ
2日目3大寺院を観光
3日目マッサージやショッピングをして空港へ

ちょっとバタバタしてしまいますが、バンコクはそれほど大きな街ではないので名所を弾丸でまわることはできます。

ただ、2泊3日の場合はアユタヤに行くのはちょっとハードです。

アユタヤはバンコクから片道2時間かかるため、行きたい人は3泊で計画を立ててみてください。

タイ旅行の日数を決めるときに注意するポイント

1日目は夕食前からしか観光できない

1日目は朝成田を出発しても、タイで観光できるのは17:00ごろからになります。

寺院は夕方で閉まってしまうので、1日目はあまり観光ができません。

夕食がてらナイトマーケットに行ったり、ルーフトップバーに行くぐらいの行動になります。

最終日もほとんど観光できない場合が多い

1日目と同様に、最終日もあまり観光できなない場合が多いです。

たとえば、14:00にバンコクを出発する飛行機に乗る場合は、11:00ごろに空港に到着している必要があります。

10:00にはホテルを出て空港に向かうため、この日はほとんど観光ができません。

最終日の飛行機の時間はよくチェックするようにしましょう。

アユタヤや水上マーケットは、バンコクから片道2時間はかかる

タイ旅行と言うと象に乗りたい!と思う人もいるのでは。

象と触れ合うには、バンコクから片道2時間近くかかるアユタヤに行かなくてはなりません。

有名な観光地でも、意外とバンコクから距離があるところが多いです。

  • アユタヤ:往復4時間
  • 水上マーケット:往復4時間
  • メークロン市場:往復4時間
  • カンチャナブリ:往復5時間

特にアユタヤは遺跡の場所が転々としているため、ちゃんと観光するには丸1日かかります…

もしも絶対に行きたいスポットがある場合は、バンコクからどれぐらいの時間で行けるのか確認しておきましょう。

上記のスポットに行くと、丸1日かかってしまいます。

複数都市をまわるなら、7日間は必要

もしもバンコクとチェンマイ、バンコクとプーケット、のように複数都市をまわる場合は7日間ほど確保した方がいいです。

プーケットやパタヤ単体で行く場合は、4日ほどの旅行日数を確保しましょう。

王道3泊4日のタイ旅行のモデルコース

王道の3泊4日のモデルコースを考えました。

私も実際に近いスケジュールでタイ旅行をしたことがあります!

1日目バンコク到着、ラチャダーマーケットとルーフトップバーへ
2日目ワットポー、ワットアルン、王宮を見学
3日目アユタヤを観光
4日目マッサージを受けて空港へ

1日目:バンコク到着

1日目は14:00すぎにバンコクに到着を想定しています。

なんだかんだホテルにチェックインできるのが17:00ごろ。

寺院の観光は難しいので、ナイトマーケットやルーフトップバーに行きましょう。

15:30 空港から移動

LCCが到着するのはドムアン空港。

空港からバンコクの中心地へはバスと電車で、1時間ほどで移動できます。

17:00 ホテルにチェックイン

ホテルで一休みして、ナイトマーケットに行く準備をしましょう。

18:30 ラチャダーマーケット

キラキラしたテントが有名な、「ラチャダーマーケット」。

まるで宝石箱のようですよね!

ごはんを食べる場所や、雑貨が売っているお店もたくさんあります。

お腹が空いてきたら、ここで晩ごはんにしてもいいですね。

21:00 ルーフトップバー

ナイトマーケットで夜ご飯を食べたら、ルーフトップバーに行ってみましょう。

おすすめはトンロー駅にある、マリオットホテルのルーフトップバー。

夜景は抜群に綺麗で、他の高級ホテルよりもカジュアルに利用できます。

バンコクのルーフトップバーはとても綺麗なので、ぜひ行ってみてください!

2日目:3大寺院を観光

9:30 王宮へ

2日目は3大寺院の観光をしましょう。

3大寺院はMRTサナームチャイ駅(Sanam Chai)から歩いてまわれます。

まずは王宮から行ってみましょう!

どこで写真を撮っても美しい場所なので、ゆっくり回って見てください。

12:00 青いラテで一休み

王宮の観光が終わったら、「ブルーホエールマハラート」というカフェで一休み。

ここは3大寺院が近く、徒歩で来れます。

「青いラテ」で有名なカフェですが、ケーキやお食事もおいしいです。

14:00 ワットポー

カフェで一休みしたら、ワットポーに行ってみましょう。

大きな涅槃像にびっくり!!

黄金色に輝いていて、とても美しいです。

15:30 マンゴースイーツを堪能


ワットポーを見学したら、歩いて来れる「Make Me Mango」でマンゴースイーツを食べましょう。

かわいいカフェで絶品マンゴーをいただけます。

16:30 ワットアルン

カフェから少し歩いて渡し舟に乗ると、対岸のワットアルンに行けます。

17:30までの営業なので、17:00前にはワットアルンに着くようにしましょう。

細かな装飾がとっても綺麗な寺院に、癒されてください。

18:30 対岸で夕日を見る

ワットアルンの見学が済んだら、渡し舟で対岸に戻り夕日を見ましょう。

暗くなるころのワットアルンも、幻想的で美しいですよ!

19:00 ターミナル21で晩ごはん

夜ごはんはショッピングセンター「ターミナル21」のフードコートへ。

ここはバンコクで一番安いフードコート。

300円もあればお腹いっぱい食べられちゃいます!

3日目:アユタヤ観光

9:00 アユタヤへ出発

3日目は、1日アユタヤ観光に行きましょう。

アユタヤへは電車や車でバンコクから2時間ほどかかります。

11:00 アユタヤ観光

アユタヤは遺跡が転々としていて、見所が盛りだくさん。

予め行きたい遺跡はチェックしておくといいですよ。

木の根に埋まった仏塔は、とても有名ですね!

12:30 ランチ

私たちは「「パックワーン」」という食堂でランチを食べました。

14:00 エレファントライド

アユタヤで大人気のエレファントライド。

象に乗らなくても、一緒に写真撮影なども楽しめます。

16:00 バンコクに戻る

夕方にはアユタヤを出発して、バンコクに戻りましょう。

▼アユタヤの観光地や詳しいまわりかたはこちら
アユタヤ遺跡の観光地7選!バンコクからの行き方や遺跡の回りかたも解説【地図付き】

アユタヤ遺跡の観光地7選!バンコクからの行き方や遺跡の回りかたも解説【地図付き】バンコクから北へおよそ70km、列車で2時間の距離に位置するアユタヤは500年以上前のアユタヤ王朝時代の遺跡が残る世界遺産の街。タイ国内でも屈指の観光地となっています。アユタヤはバンコクから日帰りで観光できるので、バンコクに行く人にはぜひ行ってもらいたい場所。今回はアユタヤの魅力から行き方、観光地の周り方まで解説していきます。...

19:00 サイアムパラゴンで晩ごはん

有名なショッピングセンター「サイアムパラゴン」。

交通の要になるサイアムにあるので、とても来やすいです。

お手軽で綺麗なフードコートもあるから、ここでの夜ご飯がおすすめ!

4日目:マッサージを受けて空港へ

マッサージ

タイに来たらぜひ受けたいマッサージ。

タイを出発する前に、疲れを癒しておきましょう。

30分からでも気軽にできますよ。

空港へ移動

バンコク市内からドンムアン空港までは、およそ1時間ほど。

雨の日はとても渋滞するので気をつけてください。

もしも最終日が夜発なら

もしも4日目が夜出発なら、下記のスポットもおすすめ。

どこもバンコク市内にあり、観光しやすい場所です。

・チャトチャックマーケット(土日のみ)

・ワットパクナム

・ジムトンプソンの家

タイ旅行をお得に予約するには

ツアーならHISが最安値


お得にタイ旅行に行くなら、HISがおすすめ。

いろいろ旅行会社を比べてみましたが、やっぱりHISは安いツアーが揃っています。

3泊4日のツアーが26800円でありました!

航空券、ホテル、燃油サーチャージ込みの値段なので、かなりお得だと思います。

タイも国内旅行よりも安く行けちゃいますね!

人気のツアーから埋まってしまうので、早めに申し込みましょう。

↓早めの予約がお得!↓

HISでお得なタイ旅行を見てみる

個人旅行でタイに行きたい場合


タイは個人でも安心して旅行できる国です。

私は「Expedia」や「Booking.com」を使って、航空券やホテルの予約をしています。

特にExpediaは毎日限定のセールをしていて、かなりお得なホテルが見つかります!

↓限定セールを毎日開催!↓

Expediaでお得なタイのホテルを見てみる

▼タイに個人旅行で行く場合の全手順は、下記記事にまとめています。
【タイ】安く行くなら個人旅行がおすすめ!予約方法と注意点を徹底解説

【タイ】安く行くなら個人旅行がおすすめ!予約方法と注意点を徹底解説タイに個人旅行で行ってみたい!と思う人も多いと思います。タイは衛生面やぼったくりに気をつけていれば、個人旅行でも楽しめる国。治安の問題もあまりありません。今回はタイ旅行の個人手配の仕方から、お得に予約するコツ、注意点をまとめました。これからタイに行く人には、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。...

まとめ:タイ旅行は余裕があれば3泊以上がベスト

タイ旅行は余裕があれば3泊以上で行くのがベストだと思います。

暑くてバテてしまうことも多いので、余裕を持ったスケジュールで行動してみてください。

旅行はHISがもっとも安く、すぐに売り切れてしまうツアーもあるので早めの予約を!

>>HISでお得なタイ旅行を見てみる

それでは、いい旅を!

▼3泊4日でバンコク・アユタヤに行ったときの旅行記はこちら
【タイ旅行記】バンコク3泊4日の弾丸旅行が最高すぎた!LCCエアアジアで行く旅

【タイ旅行記】バンコク3泊4日の弾丸旅行が最高すぎた!LCCエアアジアで行く旅LCCエアアジアで往復3万円で飛行機のチケットが取れました。国内旅行よりも安い!ということで、3泊4日でバンコクに行きました。旅の様子を旅行記として、ブログにまとめておきます。雑貨のお買い物、タイグルメ、アユタヤ遺跡に、ルーフトップバー...やりたいことはぜーんぶ満喫してきた弾丸旅行。使ったお金や場所など、できるだけ細かく記載しているので、参考にしてみてください。...

▼2泊3日でバンコクに行ったときの旅行記はこちら
【バンコク旅行記】女子ひとり旅!2泊3日で有名観光地と話題のカフェめぐり

【バンコク旅行記】女子ひとり旅!2泊3日で有名観光地と話題のカフェめぐりひとり旅でタイに行ってきました。有名なワットアルンやワットポーでタイの文化に触れたり、最近話題のかわいいカフェをめぐったり。ひとりで不安なこともたくさんあったけれど、タイの人はあたたかくて。嫌な思いは一つもせずに、無事に帰ってこれました。もしこれからバンコクに行く女の子がいたら、読んでもらえると嬉しいです。...

▼チェンマイに行ったときの旅行記はこちら
【チェンマイ旅行記】女子ひとり旅!カフェ・雑貨をめぐる5泊6日(前編)

【チェンマイ旅行記】女子ひとり旅!カフェ・雑貨をめぐる5泊6日(前編)カフェや雑貨をめぐったチェンマイ5泊6日の旅行記。チェンマイの昔ながらの寺院をめぐったり、カラフルなカフェで休憩したり、かわいい雑貨にときめいたり。ひとり旅だったので、ひとりでも入りやすいお店を紹介しています。...
ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

【エポスカードが人気の理由】

  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 2,000円分ポイントがもらえる
  5. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※Amazonギフト券にも交換できる2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。