アジア

台湾旅行の日数は何日?王道は2泊or3泊、どちらか決めるポイント

台湾旅行の日数って何日で行くのがいいの?と思っている人も多いと思います。2泊か3泊以上で行くことが多いです。

日数に余裕があるのであれば、わたしは3泊4日で行くのをおすすめしています。

下記のような理由から、1日目や帰る日はほとんど観光する時間がなかったり、有名な観光地が意外と遠かったりするためです。

・LCCの到着する空港は台北の中心地から1時間半ほどかかる
・同じくLCCの到着する空港は激混みで、入国に1時間以上待つこともある
・みんなが行きたい九份は実は台北から1時間半以上かかる

今回は台湾旅行におすすめの日数と、日数を決めるときに注意するポイントや、実際に回ったスケジュールを解説しています。もちろん2泊3日でも行けるので、2泊の人におすすめの過ごし方まで解説しています。参考にしてみてください。

台湾旅行の日数の何日必要?王道は2泊or3泊。おすすめは3泊!


台湾旅行の日数は、2泊か3泊以上で行くことが多いです。ただ飛行機の時間によって滞在時間が変わってくるので、3泊以上がおすすめ。

2泊3日の場合、観光時間は想像よりも短い

・東京発の飛行機が1日目の朝
→意外と台北の中心地に出れるのは夕方になってしまいます。
・帰りの飛行機がお昼過ぎの場合
朝ゆっくりしていたらすぐに空港に向かわなければなりません。

なので実質1日ちょっとしか自由に観光できる時間がなくなってしまうんですよね。2泊でも行けないことはないですが、できるなら3泊以上のほうがゆっくり観光できますよ。

2泊か3泊で迷っている人に

台北の中心地にいるなら2泊でも観光できる


ほとんど台北の中心地にいるなら2泊でも観光はできますよ。
台湾の他の都市に行かない場合ですね。台北は鉄道が便利なので、鉄道を使ってスムーズに観光できますよ。

九份と十分どちらも行くなら3泊のほうがいい

九份、十分は台北に行く人に人気の観光地。

・九份は「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われるノスタルジックな街並みが人気

・十分はランタン上げを体験できる

ただ九份と十分は台北から1時間半ほどかかり、どちらも行くと一日がかり。両方行くなら3泊のほうがいいですよ。

九份だけなら半日で行くこともできます。

2泊で九份に行きたい場合のおすすめプラン

1日目:早朝東京発で、午前中に台北に到着


・台北に到着後ランチ
・午後は景色の綺麗な淡水へ
・夕方から夜市に行き、屋台でご飯を食べる

2日目は台北101と九份へ


・午前中は台北101
・お昼過ぎに九份へ向かうバスに乗る(九份まで1時間半ほど)
・15時ごろ九份到着
・九份散策と夜景を楽しんで台北に戻る

3日目台北観光し、夕方空港に向かい日本に帰る


・午前中は故宮博物院か、かわいらしい雑貨のある迪化街でショッピング
・お昼を食べて、スーパーに行きお土産を購入
・夕方空港へ行き、日本へ帰る

この場合、成田を朝7時などの早朝発の飛行機に乗ることを想定していますが、深夜から空港にいてもいい、もしくは車で空港に行ける人にとっては早朝発の飛行機で2泊で行くのもありかと思います。

早朝よりも遅く日本を出ると、1日目の明るい時間に観光するのは少し厳しいです。

3泊で九份、十分に行く場合のおすすめプラン

1日目:日本を午前中に出発し、午後台北へ


台北到着後、ホテルに荷物を預けて、夜市へ。
台北の中心地に出れるのは夕方になってしまうと思うので、着いた日はのんびり夜市を散策するのがおすすめ。

2日目:十分・九份を観光


2日目は十分、九份へ行きます。十分も九份も台北の中心地からは離れていますが、どちらも近くにあるので、一緒に回ってしまうのが効率的。

3日目:台北101へ行き、迪化街でお買い物


3日目の午前中は台北101に行き、午後は雑貨やお土産が揃う迪化街でお買い物。

4日目:故宮博物院か、リノベーションおしゃれ施設めぐり


4日目は白菜の有名な故宮博物院に行ってもいいでしょう。
白菜に興味のない人は、台北には昔の建物をリノベーションしたおしゃれな施設がたくさんあるので、そんな過ごし方もおすすめ。
私たちは「崋山1914」に行きました。

台北に3泊4日で行った旅のスケジュールは、記事の後半にも記載しています。

台湾旅行の日数を決めるときに注意すべき3つのポイント

1.現地への到着時間によって観光できる時間が変わる

朝7時に成田を出発すると、1日目の午後は観光できる

朝7時などの早朝に日本を出発すると、台湾に10時に着けます。そうすると1日目の午後はまるまる観光できますよね。

日本を11時に出発すると、明るい時間帯の観光はできない

日本を11時に出発すると、台湾に着くのは14時。そこから台北市内に移動していたりすると、あっという間に暗くなってしまい、観光名所は閉まる時間になってしまいます。

また帰りの時間もお昼すぎに現地発だと、その日はほとんど観光する時間はありません。
何時の飛行機に乗るか?で観光できる時間は異なってきます。

2.LCCで利用する空港は台北の中心地から遠い


台北には2つの空港がありますが、LCCで台北に行く場合は中心地から離れた空港を使わなければなりません。

LCCで利用する桃園空港から市内は1時間以上かかる

バニラエアやピーチなどのLCCで台湾に行こうとしている人も多いと思います。
LCCで台湾に行く場合、日本で言う成田空港のように都会から遠い「桃園空港(タオヤン)」を使わなければなりません。

桃園空港から台北の中心地に出るには、急行の鉄道に乗っても1時間〜1時間半ほどかかります。

しかも桃園空港は夕方からめちゃくちゃ混雑します。LCCの飛行機の到着時間がかぶっているようで..

私たちも荷物の受け取りや入国手続きに2時間以上かかりました。

松山空港は街中にあるがLCCは入れない

松山空港という規模の小さい空港が台北の中心地に近い街中にあるのですが、残念ながらLCCの発着はありません。

LCCを使って行きたいと考えている人は、台北の街中まで出るのに想像しているよりも時間がかかることになります。

わたしたちは朝の9時に成田を出発する飛行機に乗り、12時過ぎに桃園空港に到着しました。
ただ入国手続きが長蛇の列で1時間以上並ぶことに。空港からホテルに向かい、台北中心地のホテルにチェックインできたのは17時ごろでした。

朝東京を出発しても、台北の中心地に出れるのは夕方になってしまうので注意してください。

3.千と千尋の神隠しのモデルとなったと言われる九份は台北から2時間ほどかかる


台湾に行ったら千と千尋の神隠しになったと言われる「九份」や、ランタン上げができる「十分」に行きたいと思っている人もいるでしょう。

九份も十分も台北の中心地からは1時間半〜2時間ほどかかります。どちらも行こうと思うと丸1日かかりますし、九份だけでも半日はかかってしまいます。

なので、2泊で九份や十分に行こうとすると、スケジュールはタイトになっていきます。

どうしても2泊の人はツアーで効率よく回るのもあり

どうしても2泊3日で行く人はツアーで効率よく回るのもありかと思います。ツアーで台湾に行くならHISがいちばん安いですよ。

旅行会社を比較してみましたが、いちばん安かったのはHISです。航空券・ホテル付4日間の日程で、19800円からあります。まだ予約していない方は、参考にしてみてください。→H.I.S. 台湾旅行

3泊の台湾旅行でどんな所に行ける?実際に行った場所とスケジュールを公開

実際に3泊の台北旅行でどんな所に行ける?と思う人もいると思うので、私たちが実際に回ったスケジュールを公開しています。

・1日目:夕方からショッピングや士林夜市
・2日目:午前中は台北観光、午後は九份へ行きそのまま泊まる
・3日目:九份から猫村や十分へ
・4日目:午前中のみ台北観光

台北の中心地にいた時間が短く、移動もあったので正直けっこうハードスケジュールでした。
ゆっくりめに観光したいという人は宿泊日数を増やすか、あまり移動しないほうがいいと思います。

1日目:9時発の飛行機に乗り、着いてから台北観光


9:00  成田を出発
12:15 台北に到着
14:00 桃園空港が激混みで1時間半ほど入国手続きに並ぶ。入国後簡単なお昼を食べる
15:00 鉄道に乗り、台北の中心地へ
16:00 台北の中心地に出られたので、ホテルに向かう
16:30 ホテルにチェックイン
17:00 荷物を置いて観光に出発
18:00 代官山蔦谷書店のモデルとなった「誠品書店」で台湾コスメを購入
19:00 カフェMeet upでスムージーを飲んで休憩。
20:00 士林夜市で台湾グルメを食べ歩き。

2日目:迪化街で雑貨を購入して、九分へ


9:00  問屋街として有名は迪化街(てきかがい)で雑貨探し。
11:00 迪化街のカフェ「ASW」で台湾産の紅茶を飲んで休憩。
12:30 バスで九分に行き宿泊。
15:00 九份に到着
15:30 九份のホテルにチェックイン
16:00 九份を散策
17:00 ホテルで休憩
18:30 夜ご飯と夜景の撮影
20:00 ホテルに戻る

3日目:九分から猫村、十分へ


10:00 九分を散策してタロイモやラーメンを食べる
12:00 九份から最寄りの駅に向かうバスに乗る
13:00 猫村へ移動して散策
15:00 十分へ移動
15:30 十分に到着して散策・ランタン上げ
17:00 十分で夜ご飯
18:30 十分から台北へ
20:00 台北に戻り、スーパーなどを散策 

4日目:午前中は台北観光し、17時の飛行機で日本へ


工場をリノベーションしたアート施設「崋山1914」に行った後、カルフールでお土産を購入
10:00 工場をリノベーションしたアート施設「崋山1914」に
13:00 カルフールでお土産を購入
14:00 台北駅から空港へ向かう電車に乗る
14:36 桃園空港第1ターミナル駅着
16:55 台北発
21:00 成田着

詳しくは旅行記にもまとめています。(参考:【台湾旅行記】絶景、雑貨めぐり、カフェを満喫!3泊4日の旅(前編)

台湾に安く行く方法は?

まだ台湾の予約が済んでいない方向けの情報です。

手間をかけずに安く行きたい人はHISがおすすめ

手間をかけずに安く行きたい人は、一度HISのページを見てください。旅行会社を比較してみましたが、いちばん安かったのはHISです。

航空券・ホテル付4日間の日程で、19800円からあります。まだ予約していない方は、参考にしてみてください。
H.I.S. 台湾旅行

個人旅行で安く行きたい人はExpediaがおすすめ

個人旅行で台湾に行くには、Expediaを使うのがおすすめ。Expediaで予約すると下記のようなお得なポイントがあります。

・航空券とホテルをセットで予約すると安くなる。ホテル代は最大全額無料にもなる。
・毎日50%オフのホテルがある

台湾への航空券+ホテルを探す【Expedia】

台湾の旅費を安くおさえたい人は、下記のページも見てみてください。
参考:台湾旅行の費用っていくら必要?3泊4日の旅費と、安く抑えるコツを解説

まとめ:台湾観光は余裕があるなら3泊がベスト

・九份、十分どちらも行きたいなら3泊以上がおすすめ
・九份だけなら、2泊3日のうち半日を使って行ける
・LCCで台北に行くと、街の中心地に行くまで時間がかかる

ということで、台湾旅行の日数を決めてみてください。

・格安台湾ツアーをHISで探す→H.I.S. 台湾旅行
・台湾への格安航空券・ホテルをExpediaで探す→台湾への航空券+ホテルを探す【Expedia】

ABOUT ME
Nami
トラベルライター兼編集長。Trippedia編集部の紅一点。 もともとはヨーロッパやアメリカが好きな普通の女子だったが、近頃はアジア各国に興味あり? 趣味は旅行と世界のパン巡り。プログラミング担当にもなるべく、現在目下勉強中。 オススメの街はハンガリーのブダペスト。特にドナウ川沿いを散歩することがお気に入り。 行ってみたい街はロシア・サンクトペテルブルク。オススメのパン屋さんがあればぜひ教えてください。 世界各国の魅力を詳しく、楽しくご紹介します。 普段はオウンドメディアの運営をしています。SEOライティングならお任せください! by Yosuke

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です