【無料】海外旅行保険にタダで入れるエポスカードとは?!
アジア

宙に浮いた写真を撮れる!マハナコンスカイウォーク展望台がバンコクの新名所に

2018年の11月にバンコクに新たな名所ができました。その名も、マハナコンスカイウォーク展望台。

有名ブティックやホテルが入るバンコク最高層のマハナコンビルの71階と74階に、新しく展望台がオープンしたんです。

・高さは310mで、屋外の展望台
・宙に浮いたような写真が撮れる
・ガラス越しではなく、バンコクの景色を見れる

東京タワーほどの高さに屋外の展望台があるって、すごいですよね!実際に行ってみましたが、やはり開放感があり気持ちよかったです。

フォトジェニックな写真も撮れるので、かなり注目を集めている場所。今回は実際にマハナコンスカイウォーク展望台に行った様子をレポしますよ。

sponsored bykkday

話題のマハナコンビル


マハナコンビルはBTSチョンノンシー(Chong Nonsi)駅に直結しています。バンコクの中心地サイアムからもそれほど離れていないので、観光にも便利。

それにしても独特な形のビルですね!

チケット売り場へ


当日、チケットを購入すると、下記のように時間によって値段が変わるようです。夕方の16:00〜18:59までが高めの料金設定。

10:00〜15:59 850バーツ(2890円)
16:00〜18:59 1050バーツ(3570円)
19:00〜23:00 850バーツ(2890円)

2018年11月16日~2019年1月末までオープン記念として765バーツ(2601円)に値下げをしています。
※1バーツ3.4円で計算しています。

ちなみにわたしたちはkkdayという予約サービスを使って行きました。(参考:【バンコクの新名所!】マハナコンスカイウォーク展望台入場チケット

kkdayでは1月末までは2161円、2月からは3167円でチケットを購入できるので、レートにもよりますがお得だと思います。日本語のページがあって予約も簡単ですよ。

ドキドキのエレベーター


エレベーター乗り場に進みます。近未来的な感じがかっこいい!

ちなみにマハナコンは飲み物や食べ物の持ち込みはできません。エレベーターに乗る前に、荷物検査もありました。

順番がきたので、いよいよエレベーターに進みます。

エレベーターに乗り込んだ瞬間、エレベーターの中全体に映像が映し出されておどろきました!

この映像とっても綺麗なので、これから行く人はぜひしっかり見てみてくださいね。

71階の展望台に到着


エレベーターは71階まで一気に進み、71階で一度乗り換えます。

スカイウォーク74階展望台に到着


エレベーターを降りると、そこにはバンコクの街並みが広がっていました。

ちょうど夕暮れの時間に合わせて行ったので、日が暮れて空がピンク色に染まっています。綺麗…!

この日は少し空が霞んでいましたが、もっと空気がすんでいるとより綺麗に見えるのかなと。

それにしてもやっぱり屋外の展望台は気持ちいいですね。

日が暮れていく様子もロマンチック


どんどん日が暮れていく様子を眺めていられるのは幸せ。

だんだんバンコクのキラキラした光がはっきり見えてきます。

きらめく夜景の中で写真を


夜景を背景に写真を撮ると、まるできらめく夜景の中に飛び込んだかのような写真が撮れますよ。

まるで宙に浮いているみたい!夜景の上で写真撮影


この展望台の目玉は、ガラス張りのゾーンがあることなんです。ガラス張りの上で写真を撮ると、まるで宙に浮いたような写真に!

キラキラ光る夜景の上に座っているような写真が撮れてお気に入りです。

ただこのガラス張りのゾーン、ガラスを傷つけないために靴の上にカバーをつけなきゃいけなかったり、ゾーンにはカメラを持ち込めなかったり..

決まりが多く、わたしたちが行ったときは中国人の団体も多くで、ちょっとカオスな感じでした(笑)

ただまだオープンしたばかりの施設なので、今後状況はまた変わっていくのではと思います。これから行く予定の方は、時間に余裕を持って行ってみてくださいね。

フルーツジュースを飲みながら、夜景を見てのんびり


スカイウォーク展望台には、バーもあります。フルーツジュースやカクテルをオーダーできますよ。

パイナップルジュースを頼んで、のんびり夜景を見ながら一息。

彼とジュースを飲みながら夜景を眺めていました。

夜景を見ながらロマンティックな時間を過ごせて幸せです。

貴重な体験ができるマハナコンに大満足


そろそろお腹も空いてきたので、地上におります。エレベーターを降りたところには、お土産やさんも。

わたしたちが行った夕暮れ時の時間はかなり混雑していましたが、それでもガラス張りのゾーンや屋外の展望台など、日本ではなかなか体験できないことが盛りだくさんの場所でした。大満足です!

まだまだオープンしたばかりの施設で、これから状況も変わっていくと思います。

これから行く人は時間と心に余裕を持って、行くのをおすすめします!

予約は下記から日本語でできますよ。
参考:【バンコクの新名所!】マハナコンスカイウォーク展望台入場チケット

それではいい旅を!

ABOUT ME
Nami
トラベルライター兼編集長。Trippedia編集部の紅一点。 もともとはヨーロッパやアメリカが好きな普通の女子だったが、近頃はアジア各国に興味あり? 趣味は旅行と世界のパン巡り。プログラミング担当にもなるべく、現在目下勉強中。 オススメの街はハンガリーのブダペスト。特にドナウ川沿いを散歩することがお気に入り。 行ってみたい街はロシア・サンクトペテルブルク。オススメのパン屋さんがあればぜひ教えてください。 世界各国の魅力を詳しく、楽しくご紹介します。 普段はオウンドメディアの運営をしています。SEOライティングならお任せください! by Yosuke
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の、海外旅行保険。通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けられます。

わたしたちもいつもエポスカードを持って旅をしています!

エポスカードの海外旅行保険の内容

・傷害死亡・後遺障害:最高500万円
・傷害治療費用:200万円 (1事故の限度額)
・疾病治療費用:270万円 (1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
・救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
・携行品損害:20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

くわしく見てみる>>エポスカード

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です