【無料】海外旅行保険にタダで入れるエポスカードとは?!
アジア

タイ・バンコクのお土産24選!20円から買える本当におすすめなお菓子・コスメ雑貨を解説

タイに行くことが決まって、お土産は何を買って帰ろうかと考えている人もいるのではないでしょうか。今回は合計4回タイに行ったわたしたちが、本当におすすめできるお菓子、コスメ、雑貨を解説します。

どれも実際に自分たちで買って、お気に入りのものばかり。購入場所や値段も詳細を記載しているので、これからタイやバンコクに行く人は参考にしてみてください。

会社や友達に!配り用のタイのお菓子

ドライマンゴー

タイお土産1
南国のタイト言えば、やっぱりドライマンゴー!コンビニでも種類が豊富にあるぐらい、タイではよく見かけますし、何よりおいしいマンゴーが安いです。有名なのは写真の2種類で、どちらもコンビニで買えます。

写真左:甘すぎずに食べやすい。60バーツ(202円)
写真右:DOI KHAM(ドイ・カム)の商品。お砂糖をたっぷりつけた感じで甘め。小袋 20バーツ(67円)

日本人には左側のタイプの方が食べやすいと思います。またスーパーやお土産屋さんではドライフルーツはよく試食できます。製品によって甘さが異なるので試食してみたり、1つ70円もせずに買えちゃうので、試しに買って食べてみるのがおすすめ。

包装

写真左:マンゴー型の袋の中にさらに小袋が二つ入っています。
写真右:個別で包装されていません。

購入場所

どちらのタイプもコンビニやスーパーで買えます。ただ、マンゴー型の袋のものは人気すぎて有名な観光地近くのコンビニやスーパーでは売り切れのことも。見つけたら即買いしておくといいと思います。

タイ限定味のポッキーやプリッツ

タイにはポッキーやプリッツで、タイ限定のフレーバーが登場しています。1箱40円ほどで買えるので、配り用のお土産にぴったり。

プリッツはトムヤンクン味とラープ味

タイお土産2
どちらもピリ辛なので、お酒が好きな人はおつまみにいいなと思います。1箱ずつ渡しても、大した金額になりません。

価格:13バーツ(43円)

ポッキーはマンゴー味とチョコバナナ味

タイお土産3

価格:12バーツ(40円)

包装

どれも1箱が日本のものより小さく、箱の中には1つの袋しか入っていません。

購入場所

スーパーで購入できます。

ナッツがおいしくて安い!koukae(コーゲー)シリーズ

タイお土産4
タイのお菓子では、超有名なkoukae(コーゲー)のナッツシリーズ。タイのコンビニやスーパーでは必ず置いてあります。

タイお土産5

味はオーソドックスなチキンからコーヒー、わさび味、トムヤンクン味などと豊富。大きさも缶タイプから、食べきりサイズの小さな袋までさまざま。配り用には小さな袋タイプがおすすめ。

価格:
大きな缶詰 66バーツ(222円) 
カシューナッツの小さな袋は22バーツ(74円)

包装

缶タイプも、袋タイプも、小包装はされていません。

購入場所

コンビニやスーパーで必ず買えます。

南国のタイらしい!ココナッツチップス

タイお土産6
ココナッツチップスもタイらしいお土産。「Glendee」のココナッツチップスは1袋35バーツ(118円)ほどで買えちゃうので、女友達への配り用のお土産にぴったり。

特にキャラメル風味のココナッツチップスは日本では販売されていないから、タイだけの特別感もありますよ。

価格:35バーツ(118円)

包装

小包装はされていません。

購入場所

スーパー



自分用に買いたい!かわいいタイ雑貨をお土産に

タイシルク

タイお土産7
タイの雑貨と言えばタイシルク、というほど、どのマーケットやショッピングセンターでも見かけるお土産。カラフルでどれもかわいい柄ばかり。

タイお土産8

市場で格安で買えるものは100バーツ(336円)から、ジムトンプソンのような高級タイシルクは4000〜6000円ほどで買えます。

市場で買えるものはほつれやすいので、使う用途によって選んだ方がいいかなと思います。

価格:市場で買える格安のものは100バーツ(336円)

購入場所

格安のものはナイトマーケット、MBKなどのショッピングセンター、チャトチャックのマーケットなどで買えます。(参考:チャトチャックマーケットは買い物好きな女子必見!東南アジア最大の市場で雑貨めぐり

カラフルなチェンマイ雑貨

タイお土産9
タイ北部のチェンマイのカラフルな雑貨は、バンコクでも買えます。綺麗に刺繍された小さめのポーチは、60円ほどで買えてしまうものも!

刺繍がほどけたりすることもないので、色違いでまとめ買いがおすすめ。

価格:20バーツ〜(67円)

購入場所

マーケットやMBK

リボンがトレードマークの「ナラヤ」

タイお土産10
リボンがトレードマークのタイ発の雑貨ブランド「ナラヤ」。質の高いハンドバックやポーチなどが400円〜買えてしまうので、観光客にも大人気。

実際にハンドバックを買いましたが、すごく丈夫で使いやすくもっとたくさん買えばよかったと思うぐらいです。

価格:トートバッグ285バーツ(958円)

購入場所

ターミナル21やMBK、サイアムパラゴンなどの有名なショッピングセンターに店舗があるので購入しやすいです。
ナラヤの店舗は下記に一覧でまとまっています。
ナラヤの店舗一覧

セラドン焼き

タイお土産11
タイ北部のチェンマイで作られている、セラドン焼き。薄くひび割れたような模様がとっても素敵なんです。

チェンマイのみならず、バンコクのマーケットなどでも手に入りますよ。少しぶ厚めの食器で割れにくく、家でも重宝しています。いろいろな種類があるので選ぶのも楽しいですよ。

タイお土産12

価格:茶碗190バーツ(639円)

購入場所

チャトチャックのウィークエンドマーケット

南国らしいカゴバッグ

タイお土産13
南国のタイでは、カゴバッグのお土産もよく見かけます。

チャトチャックウィークエンドマーケットには、飾り付けてオリジナルのバッグを作れるところも。女性から大人気なんですよ。(参考:チャトチャックマーケットは買い物好きな女子必見!

わたしはオリジナルで下記のバッグを作りました!

タイお土産14

価格:オリジナルのカゴバッグは飾りも含めて700バーツ(2355円)
お手頃なものでは、半額以下でも見つかると思います。

購入場所

オリジナルのカゴバッグはチャトチャックのマーケット「マダムカピ」(section17 soi9/4)で作れます。

通常のカゴバッグはMBKなどのショッピングセンターやナイトマーケットでも見つけられますよ。

爽やかな履き心地が人気!タイパンツ

タイお土産15
さらっとした履き心地のタイパンツも人気のお土産。柄も豊富なので選ぶのも楽しい。

タイお土産16

タイパンツはフリーサイズのものが多いので、どんな相手でもサイズがぴったりなのも嬉しいポイント。

価格:安いものは100バーツ(336円)

購入場所

タイを代表する超有名なお土産なので、どこでも売っています。ナイトマーケットやショピングセンター、路面に出ているようなお店でも買えますよ。

南国風ワンピース

タイお土産17
女性の方はタイで南国風のワンピースを着たいと思うのではないでしょうか。私もタイに到着した初日にMBKというショピングセンターに行き、ワンピースをゲットして次の日から早速着ていました。

タイお土産18

かわいい南国風ワンピースが1000円ほどで買えちゃいます。

価格:200〜300バーツ(672〜1009円)

購入場所

ワンピースもどこでも売っています。私はMBKセンターの6階や通りがかったナイトマーケットで購入しました。

タイのお土産の雑貨については、下記記事で詳しく紹介しています。
タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコクの市場やショッピングセンターで手軽に買える、かわいいものまとめ



おうちで食べたい!タイの食べ物

タイ料理キット

タイお土産19
おうちでタイ料理を気軽に作れる、タイ料理のキットもスーパーで買えます。地元の人が使うようなものから、「ブルーエレファント」というタイの高級レストランが出しているキットまで種類はさまざま。

タイ料理を好きになった人はキットをお土産に持ち帰って作るのもいいですよね。

価格:左ブルーエレファントのグリーンカレーセット 150バーツ(608円)

購入場所

スーパー(わたしはMBKの地下のトップススーパーで買いました)

インスタント麺

タイのインスタント麺も、お土産に人気。どれも辛めですが、その辛さが癖になってしまいそう!20円で買えるので、試しにいろいろな種類を買ってみるのも◎

価格:6バーツ(20円)

購入場所

スーパーやコンビニで売っています。



女子必見のタイコスメ!ドラッグストアやコンビニで買える優秀グッズ

ハーブの歯磨き粉「DENTISTE(デンティス)」

タイお土産20
「朝起きてすぐキスできる」「恋する歯磨き粉」などと呼ばれて女性から大人気な歯磨き粉「DENTISTE(デンティス)」。

タイの高級歯磨き粉として知られていて、日本で買うと1000円以上しますが、タイでは半額以下で買えます。そのためタイのドラッグストアではこの歯磨き粉を何本も持った日本人や中国人がたくさんいるほど。

使い心地は確かに口の中がさっぱりして、べたついた感じがなくなります。小さめサイズのものもあるから、配り用のお土産にしてもいいと思います。有名なので、ドラッグストアやスーパーなどどこでも買えます!

価格:165バーツ(560円)

購入できる場所

ドラッグストア、スーパー、コンビニ

タイ王家がプロデュースの「アバイブーベバタフライシャンプー」

タイお土産21
タイ王家がプロデュースしたハーブを使ったコスメブランド「アバイブーベ」。こちらのバタフライピーという香りのシャンプーが大人気なんです。

バタフライピーはタイでよく使われる青色のハーブ。老化防止で目の疲労などにも効果があるよう。

このシャンプーは香りが好きでよく使っている人がいるみたい。わたしも大好きな香りです!

価格:シャンプー72バーツ(244円)

購入できる場所

ドラッグストア、スーパー、コンビニ。
店舗によってはドラッグストアやコンビニでも取り扱いがあるようです。わたしはMBK地下のトップスマーケットというスーパーで買いました。

眠気覚ましにぴったり!?メンソールのスティック「ヤードム」

タイお土産22
こちらもタイでよく見かけるお土産、嗅ぎ薬の「ヤードム」。タイではこのスティックを鼻に突っ込んでいる人をよく見ます..

メンソールのような清涼感のあるアロマを染み込ませたスティックを鼻に近づけて匂いを嗅ぐもの。そうするとスーッとした匂いで頭がスッキリしたり、眠気覚ましになったりするのだとか。

1つ90円以下で買えちゃうので、配り用に買ってもいいですね。

価格:25バーツ(84円)

購入場所

コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどどこでも買えます。

マンゴスチン石鹸

タイお土産23
美容に効果のあると言われているフルーツ「マンゴスチン」。日本では馴染みがありませんが、タイでは食べたりコスメによく使われていたりするようです。

このマンゴスチンを使った石鹸もタイの人気のお土産。ビタミン群や抗酸化物質の成分が入っている石鹸です。

価格:57バーツ(193円)

購入場所

ドラッグストアやスーパー

ココナッツオイルのコスメ

タイお土産24
南国のタイと言えばココナッツ!タイのドラッグストアやスーパーには、ココナッツオイルを使ったコスメがずらり。

ヘアスプレーやトリートメント、石鹸など幅広いラインナップで手頃に買えるから、いくつか試しに買ってみるのも良さそう。わたしはココナッツオイルを使った石鹸がお気に入りです。

タイお土産25

価格:石鹸60バーツ(203円)

購入場所

トップススーパー

ドラッグストアで買えるタイのナチュラルコスメ「sabai arom」

タイお土産26
無農薬で育てた植物を原材料にしている、タイを代表するボディケアコスメブランドの「sabai arom」。タイらしいジャスミンの香りがお気に入り。ボティクリーム、ハンドクリーム、アロマオイルなどのラインナップで、スーパーやドラッグストアで気軽に買えるのが嬉しいポイント。

タイでは人気のブランドで、かつ手に入りやすいのでお土産にぴったり。

価格:200バーツ(679円)

購入場所

ドラッグストア、トップスマーケットなどのスーパー

大切な人への贈り物におすすめなタイ 土産

タイのお土産はプチプラなものが多くお買い物は楽しいのですが、大切な人へのお土産は正直悩ましいと思います。そこで今回は大切な人へのお土産におすすめなものを最後にまとめました。

タイシルクの最高級「ジムトンプソン」のスカーフなど

タイシルクの最高級店「ジムトンプソン 」。こちらのスカーフやポーチなどは大切な人へのお土産にぴったりだと思います。

スカーフの定価は5000円ほど。スクンビットにはアウトレット店もあり、そこでは3000円ほどでも購入できます。

ジムトンプソンの店舗は下記で調べられます。
ジムトンプソンの店舗一覧

ジムトンプソンのファームシリーズ

タイお土産27
こちらもジムトンプソン関連の商品。タイシルクを作るためのファームを持っていて、そこで食べ物関連のお土産も作っています。

写真はジムトンプソンファームシリーズの、フルーツゼリー。このシリーズは見た目も洗練されていて、味も外れがありません。

価格:180バーツ(607円)

購入場所

トップスマーケット

ブルーエレファントのタイ料理キット

タイお土産28
タイの高級料理店が出している、「ブルーエレファント」というタイ料理キットも、大切な人に渡せるお土産。

英語ですが作り方の詳細も買いてあります。観光地近くのスーパーでは取り扱いがあるようです。

価格:左ブルーエレファントのグリーンカレーセット  150バーツ(608円)

購入場所

ブルーエレファントは現地の人が買うものではないので、観光客が集まるスーパーのみで取り扱っているようです。わたしはMBKのトップスマーケットで買いました。

象型のチョコレート


定番中の定番ですが、誰にでも渡しやすいお土産は象型のチョコレートかなと思います。わたしも一度もらったことがありますが、全く癖がないので家族とも一緒に食べやすかったです。

購入場所

こちらも観光客がよく行くスーパーに行くのがおすすめ。

タイのお土産を買う場所〜バンコク〜

お菓子や食べ物は、ローカルスーパー「トップス」や「ビックシー」

タイお土産29
お菓子や食べ物を買う場合は、スーパー「トップス(Tops)」や「ビックシー(BigC)へ行くといいですよ。

私たちはMBKセンター地下のトップスマーケットによく行っていました。ここは観光客が多いので、お土産になるものがたくさん置いてあります。(参考:タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人でも美味しく食べられる食べ物まとめ

雑貨はMBKやナイトマーケット、チャトチャックへ

タイお土産30
雑貨を買うなら、MBKセンターやマーケットがおすすめ。

土日にバンコクにいる人は、週末限定開催のチャトチャックマーケットに行くと、雑貨は何でも揃います。そのほかはMBKセンターは室内なのにマーケットのような品揃えなので、涼しく快適に買い物できますよ。(参考:【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!

土日にバンコクにいないけど、マーケットに行きたいという人は「タラートロットファイ・ラチャダーマーケット」(鉄道市場)がおすすめ。毎日夕方から営業しているので、滞在中好きな日に行けますよ。最寄駅はMRT タイランド・カルチュラルセンター(Thailand Cultural centre)駅、3番出口から徒歩3分です。

コスメはドラッグストア「boots」か「watosons」へ

タイお土産31
コスメを買うならタイの2大ドラッグストア「boots」か「watosons」に行きましょう。

どちらもタイの人が集まるショッピングセンターや観光地近くの路面店など、どこでもよく見かけます。見つけたときに、気軽に立ち寄ってみるといいと思います。(参考:タイのお土産に買いたいコスメ12選!ドラッグストアで買えるおすすめコスメまとめ

タイ旅行の費用を節約する2のコツ

海外旅行保険はエポスカードで無料にできる

海外に行くときは通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険がかかります。ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄ですよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカード
を海外旅行に持っていくだけで、保障を受けれます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。ネットで全て申請が完結するので、楽ちんですよ。

WiFiはグローバルWiFiだと、4日前まで早割になる

海外旅行で何かあった時のために、常にWiFiに繋がっていると便利。多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す
Webで申し込めば、空港で全て完結するので楽ちんですよ。旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

タイに安く行く方法は?

タイに安くいくには、Expediaを使うのがおすすめ。Expediaで予約すると下記のようなお得なポイントがあります。

・航空券とホテルをセットで予約すると安くなる。ホテル代は最大全額無料にもなる。
・毎日50%オフのホテルがある

>>バンコクのお得なホテルをExpediaで見る

まとめ:タイのお土産はプチプラでもかわいいもの、おいしいものがたくさん

タイのお土産はマーケットやスーパー、MBKでたいていのものがそろいます。お土産は効率よく買い、他の観光やグルメなどタイでしかできないことを楽しんでください。

それではいい旅を!

ABOUT ME
Nami
トラベルライター兼編集長。Trippedia編集部の紅一点。 もともとはヨーロッパやアメリカが好きな普通の女子だったが、近頃はアジア各国に興味あり? 趣味は旅行と世界のパン巡り。プログラミング担当にもなるべく、現在目下勉強中。 オススメの街はハンガリーのブダペスト。特にドナウ川沿いを散歩することがお気に入り。 行ってみたい街はロシア・サンクトペテルブルク。オススメのパン屋さんがあればぜひ教えてください。 世界各国の魅力を詳しく、楽しくご紹介します。 普段はオウンドメディアの運営をしています。SEOライティングならお任せください! by Yosuke
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の、海外旅行保険。通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けられます。

わたしたちもいつもエポスカードを持って旅をしています!

エポスカードの海外旅行保険の内容

・傷害死亡・後遺障害:最高500万円
・傷害治療費用:200万円 (1事故の限度額)
・疾病治療費用:270万円 (1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
・救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
・携行品損害:20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

くわしく見てみる>>エポスカード

POSTED COMMENT

  1. […] タイのお土産記事は下記にまとめています。 ・タイ・バンコクのお土産24選!20円から買える本当におすすめなお菓子・コスメ雑貨を解説 ・タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人 […]

  2. […] タイのお土産は下記にまとめています。 ・タイ・バンコクのお土産24選!20円から買える本当におすすめなお菓子・コスメ雑貨を解説 ・タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコクの市 […]

  3. […] お土産シリーズは下記も見てみてくださいね。 ・タイ・バンコクのお土産24選!20円から買える本当におすすめなお菓子・コスメ雑貨を解説 ・タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコク […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です