タイ

【2020年版】タイ・バンコクのお土産28選!人気のお菓子・女性向けコスメ・雑貨を解説

タイに行くことが決まって、お土産は何を買って帰ろうかと考えている人もいるのではないでしょうか。

特に女性は、タイでのお買い物も楽しみですよね!

今回は毎年タイに行く私たちが、1000円以下の人気のお菓子、コスメ、雑貨を紹介します。

どれも実際に自分たちで買って、お気に入りのものばかり。

購入場所や値段も詳細を記載しているので、これからタイやバンコクに行く人は参考にしてみてください。

nami
nami
タイはプチプラでも、素敵なものがたくさん買えちゃう!

★会社や知り合いへのお土産は通販でスマートに揃えるのがおすすめ。見栄えのいいチョコレートやクッキーを、現地の値段とそこまで変わらずに買えますよ。タイでは自分用のショッピングを楽しみましょう♩
タイのお土産をJTB通販で見てみる

【600円以下】会社や友達に!ばらまき用のタイのお菓子

ドライマンゴー

タイのドライマンゴー
南国のタイと言えば、やっぱりドライマンゴー!

コンビニでも種類が豊富にあるぐらい、バンコクではよく見かけますし、何よりおいしいマンゴーが安いです。

有名なのは写真の2種類で、どちらもコンビニで買えます。

右側は甘めなので、日本人には左側のマンゴー型の袋のものが食べやすいと思います。

価格

・左:60バーツ(202円)
・右:20バーツ(67円)

購入場所

どちらのタイプもコンビニやスーパーで買えます。ただ、マンゴー型の袋のものは人気すぎて売り切れのことも。

見つけたら即買いしておくといいと思います。

またスーパーやお土産屋さんではドライフルーツはよく試食できます。製品によって甘さが異なるので試食して、好みの味を見つけてください!

タイ限定味のポッキーやプリッツ

タイにはポッキーやプリッツで、タイ限定のフレーバーが登場しています。1箱40円ほどで買えるので、配り用のお土産にぴったり!

プリッツはトムヤンクン味とラープ味

トムヤンクン味のプリッツ
どちらもピリ辛なので、お酒が好きな人のおつまみにも合うかと思います。

トムヤンクン味もラープ味も、ほんのりタイ料理の味付けで、おいしかったです!

1箱ずつ渡しても、40円なので大した金額になりません。

またタイ限定のコーン味もおいしかったです!

コーン味のプリッツ

価格:13バーツ(43円)

ポッキーはマンゴー味とチョコバナナ味

マンゴー味のポッキー

マンゴーもチョコバナナもおいしかったです。特にマンゴーは、濃厚なマンゴーの味で意外と本格的。

タイらしさも出るので、気軽に渡しやすいお土産です。

価格:12バーツ(40円)

購入場所

スーパーで購入できます。

ナッツがおいしくて安い!koukae(コーゲー)シリーズ

koukae(コーゲー)
タイのお菓子では、超有名なkoukae(コーゲー)のナッツシリーズ。タイのコンビニやスーパーでは必ず置いてあります。

koukae(コーゲー)の袋タイプ

味はオーソドックスなチキンからコーヒー、わさび味、トムヤンクン味などと豊富。

大きさも缶タイプから、食べきりサイズの小さな袋までさまざま。配り用には小さな袋タイプがおすすめです。

価格

・大きな缶詰:66バーツ(222円) 
・小さな袋:22バーツ(74円)

購入場所

コンビニやスーパーで必ず買えます。

南国のタイらしい!ココナッツチップス

ココナッツチップス
ココナッツチップスもタイらしいお土産。

「Glendee」のココナッツチップスは1袋35バーツ(118円)ほどで買えちゃうので、女友達への配り用のお土産にぴったり。

特にキャラメル風味のココナッツチップスは日本では販売されていないから、タイだけの特別感もありますよ。

価格

35バーツ(118円)

購入場所

スーパー

ドライフルーツがたくさん!イチゴも

ドライイチゴ

日本で買うと高いドライフルーツも、タイでは150円ほどで気軽に買えちゃいます。

特にイチゴのドライフルーツは、誰にでも渡しやすいお土産。

マンゴーって意外とあまり好きじゃない人もいるんですよね…

イチゴのドライフルーツは、ちょっとしたおやつとして渡すのにもぴったりです。

価格

49バーツ(165円)

購入場所

スーパー

ジムトンプソンのお菓子ファームシリーズ

ジムトンプソンのお菓子
こちらは洗練されたものを渡したい人におすすめのお土産。

タイシルクで有名なジムトンプソンは、シルクを作るためのファームを持っていて、そこで食べ物関連のお土産も作っています。

写真は「ジムトンプソンファームシリーズ」のフルーツゼリー。このシリーズは見た目も洗練されていて、味も外れがありません。

価格

180バーツ(600円)

タイのお菓子にしては高級ですが、洗練されたパッケージで味もいいため、職場などでも配りやすいです。

購入場所

トップスマーケット

MBKのトップスマーケットには、ジムトンプソンのファームシリーズがたくさんありました。

象型のチョコレート

タイの象型チョコレート
定番中の定番ですが、象型のチョコレートは誰にでも渡しやすいお土産かなと思います。

わたしも一度もらったことがありますが、全く癖がないので家族とも一緒に食べやすかったです。

価格

180バーツ(600円)

購入場所

こちらも観光客がよく行くスーパーに行くのがおすすめ。

私はトップスマーケットで購入しました。

自分用に買いたい!かわいいタイ雑貨をお土産に

タイシルク

タイシルク
タイの雑貨と言えばタイシルク、というほど、どのマーケットやショッピングセンターでも見かけるお土産。カラフルでどれもかわいい柄ばかり。

タイシルク2

市場で格安で買えるものは100バーツ(336円)から、ジムトンプソンの高級タイシルクは4000〜6000円ほどで買えます。

市場で買えるものはほつれやすいので、使う用途によって選んだ方がいいかなと思います。

価格

市場で買える格安のものは100バーツ(336円)

購入場所

格安のものはナイトマーケット、MBKなどのショッピングセンター、チャトチャックのマーケットなどで買えます。

ジムトンプソンの店舗は下記HPにまとまっています。
参考:ジムトンプソンの店舗一覧

カラフルなチェンマイ雑貨

チェンマイ雑貨
タイ北部のチェンマイのカラフルな雑貨は、バンコクでも買えます。

綺麗に刺繍された小さめのポーチは、60バーツ(210円)で買えてしまうものも!

刺繍がほどけたりすることもなく、質も良かったです。色違いでまとめ買いがおすすめ!

価格

60バーツ〜(210円)

購入場所

バンコクのマーケットやMBK

リボンがトレードマークの「ナラヤ」

ナラヤのバッグ
リボンがトレードマークのタイ発の雑貨ブランド「ナラヤ」

質の高いハンドバックやポーチなどが400円から買えるので、観光客にも大人気!

実際にハンドバックを買いましたが、すごく丈夫で使いやすくもっとたくさん買えばよかったと思うぐらいです。

価格

トートバッグ285バーツ(958円)

購入場所

ターミナル21やMBK、サイアムパラゴンなどの有名なショッピングセンターに店舗があるので購入しやすいです。

ナラヤの店舗は下記に一覧でまとまっています。
ナラヤの店舗一覧

セラドン焼き

セラドン焼き
タイ北部のチェンマイで作られている、セラドン焼き。薄くひび割れたような模様がとっても素敵なんです。

チェンマイのみならず、バンコクのマーケットなどでも手に入りますよ。

少し厚めの食器で割れにくく、家でも重宝しています。いろいろな種類があるので選ぶのも楽しいですよ。

セラドン焼き2

価格

お茶碗190バーツ(639円)

購入場所

チャトチャックのウィークエンドマーケット

南国らしいカゴバッグ

タイのカゴバッグ
南国のタイでは、カゴバッグのお土産もよく見かけます。

チャトチャックウィークエンドマーケットには、飾り付けてオリジナルのバッグを作れるところも。女性から大人気なんですよ。(参考:チャトチャックマーケットは買い物好きな女子必見!

チャトチャックマーケットは買い物好きな女子必見!東南アジア最大の市場で雑貨めぐりチャトチャックのマーケットは、週末の土日限定で開催している、東南アジア最大とも言われる大きなマーケット。場所はモーチットの近くで駅からすぐなので、観光客も行きやすい場所。今回はチャトチャックマーケットを120%楽しむために、事前に知っておいたほうがいいことを記事にします。...

わたしはオリジナルで下記のバッグを作りました!

マダムカピのカゴバッグ

価格

オリジナルのカゴバッグは飾りも含めて700バーツ(2355円)

お手頃な小さなサイズのものは、1000円以下でも見つかりました!

購入場所

オリジナルのカゴバッグはチャトチャックのマーケット「マダムカピ」(section17 soi9/4)で作れます。

通常のカゴバッグはMBKなどのショッピングセンターやナイトマーケットでも見つけられますよ。

爽やかな履き心地が人気!タイパンツ

タイパンツ
さらっとした履き心地のタイパンツも人気のお土産。

柄も豊富なので選ぶのも楽しいです。

タイパンツ2

タイパンツはフリーサイズのものが多いので、どんな相手でもサイズがぴったりなのも嬉しいポイント。

価格

安いものは100バーツ(336円)

購入場所

タイを代表する超有名なお土産なので、どこでも売っています。

ナイトマーケットやショピングセンター、路面に出ているようなお店でも買えますよ。

南国風ワンピース

タイのワンピース

女性の方はタイで南国風のワンピースを着たいと思うのではないでしょうか。

私もタイに到着した初日にMBKというショピングセンターに行き、ワンピースをゲットして次の日から早速着ていました。

かわいい南国風ワンピースが1000円ほどで買えちゃいます。

価格

200〜300バーツ(672〜1009円)

購入場所

ワンピースもどこでも売っています。私はMBKセンターの6階や通りがかったナイトマーケットで購入しました。

▼タイのお土産の雑貨については、下記記事で詳しく紹介しています。
タイでお土産に買いたい雑貨10選!バンコクの市場やショッピングセンターで手軽に買える、かわいいものまとめ

タイ・バンコクでお土産にしたい雑貨10選!かわいいカゴバッグや女性向けのポーチも今回はタイ・バンコクの市場やナイトマーケット、バンコクの中心地にあるショッピングセンターなどでよく売っている、手に入りやすいかわいい雑貨を紹介しますよ。価格や購入場所はもちろん、使ってみて実際どうなの?という質にまで記載をしています。...


おうちで食べたい!おすすめのタイの食べ物

タイ料理キット

ブルーエレファントの料理キット
おうちでタイ料理を気軽に作れる、タイ料理のキットもスーパーで買えます。

地元の人が使うようなものから、「ブルーエレファント」というタイの高級レストランが出しているキットまで種類はさまざま。

タイ料理を好きになった人はキットをお土産に持ち帰って作るのもいいですよね。

価格

ブルーエレファントのグリーンカレーセット 150バーツ(608円)

購入場所

スーパー(わたしはMBKの地下のトップススーパーで買いました)

インスタント麺

タイのインスタント麺
タイのインスタント麺も、お土産に人気。

どれも辛めですが、その辛さが癖になってしまいそう!

20円で買えるので、試しにいろいろな種類を買ってみるのも◎

価格

6バーツ(20円)

購入場所

スーパーやコンビニで売っています。



女子必見のタイコスメ!ドラッグストアやコンビニで買える優秀グッズ

ハーブの歯磨き粉「DENTISTE(デンティス)」

ハーブの歯磨き粉
「朝起きてすぐキスできる」「恋する歯磨き粉」などと呼ばれて女性から大人気な歯磨き粉「DENTISTE(デンティス)」。

タイの高級歯磨き粉として知られていて、日本で買うと1000円以上しますが、タイでは半額以下で買えます。

使い心地は確かに口の中がさっぱりして、べたついた感じがなくなります。リピートしたいと思えるものでした!

価格

165バーツ(560円)

購入できる場所

ドラッグストア、スーパー、コンビニ

ハーンのライス石鹸

ハーンのライス石鹸

タイを代表するコスメブランド「Harnn」(ハーン)。

特にお米から作られたライス石鹸は、顔から全身を洗えるナチュラルソープとして大人気!

石鹸が800円ほどとタイの中では高級ですが、女性へのお土産にすると、とっても喜ばれますよ。

価格

石鹸1つ800円

購入場所

サイアムパラゴンの「Harnn」

タイ王家がプロデュースの「アバイブーベバタフライシャンプー」

アバイブーベバタフライシャンプー
タイ王家がプロデュースしたハーブを使ったコスメブランド「アバイブーベ」。

こちらのバタフライピーという香りのシャンプーが大人気なんです。

バタフライピーはタイでよく使われる青色のハーブ。老化防止で目の疲労などにも効果があるよう。

このシャンプーは香りが好きでよく使っている人がいるみたい。わたしも大好きな香りです!

価格

シャンプー 72バーツ(244円)

購入できる場所

ドラッグストア、スーパー、コンビニ。

店舗によってはドラッグストアやコンビニでも取り扱いがあるようです。わたしはMBK地下のトップスマーケットで買いました。

眠気覚ましにぴったり!?メンソールのスティック「ヤードム」

ヤードム
こちらもタイでよく見かけるお土産、嗅ぎ薬の「ヤードム」。タイではこのスティックを鼻に突っ込んでいる人をよく見ます..

メンソールのような清涼感のあるアロマを染み込ませたスティックを鼻に近づけて匂いを嗅ぐもの。

そうするとスーッとした匂いで頭がスッキリしたり、眠気覚ましになったりするのだとか。

1つ90円以下で買えちゃうので、配り用に買ってもいいですね。

価格

25バーツ(84円)

購入場所

コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどどこでも買えます。

自宅でも使える!ハーブボール

ハーブボール

タイ古式マッサージで使われる、ハーブボール。

何十種類ものハーブが入ったボールを、身体に当ててマッサージに使います。

日本の半額で買えちゃうので、マッサージが好きな人はぜひ買っておきたいもの。

使い方は簡単で、水に濡らして絞ったハーブボールを電子レンジで蒸して使います。

価格

700〜1000円ほど

購入場所

チャトチャックマーケット

マンゴスチン石鹸

マンゴスチン石鹸
美容に効果のあると言われているフルーツ「マンゴスチン」。

日本では馴染みがありませんが、タイでは食べたりコスメによく使われていたりするようです。

このマンゴスチンを使った石鹸もタイの人気のお土産。ビタミン群や抗酸化物質の成分が入っている石鹸です。

価格

57バーツ(193円)

購入場所

ドラッグストアやスーパー

ココナッツオイルのコスメ

ココナッツオイルのコスメ
南国のタイと言えばココナッツ!タイのドラッグストアやスーパーには、ココナッツオイルを使ったコスメがずらり。

ヘアスプレーやトリートメント、石鹸など幅広いラインナップで手頃に買えるから、いくつか試しに買ってみるのも良さそう。

わたしはココナッツオイルを使った石鹸がお気に入りです。

ココナッツオイルの石鹸

価格

石鹸60バーツ(203円)

購入場所

トップススーパー

ドラッグストアで買えるタイのナチュラルコスメ「sabai arom」

sabai arom
無農薬で育てた植物を原材料にしている、タイを代表するボディケアコスメブランドの「sabai arom」。

ボティクリーム、ハンドクリーム、アロマオイルなどの幅広いラインナップで、スーパーやドラッグストアで気軽に買えるのが嬉しいポイントです。

タイでは人気のブランドで、かつ手に入りやすいのでお土産にぴったり。

価格

200バーツ(679円)

購入場所

ドラッグストア、トップスマーケットなどのスーパー

タイのお土産を買う場所〜バンコク〜

お菓子や食べ物は、スーパー「トップス」や「ビックシー」

タイのスーパー
お菓子や食べ物を買う場合は、スーパー「トップス(Tops)」や「ビックシー(BigC)へ行くといいですよ。

私たちはMBKセンター地下のトップスマーケットによく行っていました。

ここは観光客が多いので、お土産になるものがたくさん置いてあります。(参考:タイでお土産に買いたいお菓子16選!日本人でも美味しく食べられる食べ物まとめ

【2020年版】タイでお土産にしたいお菓子16選!個包装のおいしい食べ物を厳選600円以下の日本人でも美味しく食べられるお菓子を紹介します。どれも実際に食べて、おすすめできるものばかり!個包装や高級なお土産も紹介するので、これからタイに行く人は参考にしてみてください。...

雑貨はMBKやナイトマーケット、チャトチャックへ

チャトチャックマーケット
雑貨を買うなら、MBKセンターやマーケットがおすすめ。

土日にバンコクにいる人は、週末限定開催のチャトチャックマーケットに行くと、雑貨は何でも揃います。

そのほかはMBKセンターは室内なのにマーケットのような品揃えなので、涼しく快適に買い物できますよ。(参考:【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!

【タイ】バンコクのMBKに行けばお土産や雑貨などなんでも揃います!行けばとりあえずお菓子やお土産、タイの可愛い雑貨、タイパンツ、ワンピース、スマホ周辺機器などなんでも手に入るMBKセンター!若干カオスなお店ですがタイのお土産探しにも、歩き疲れた時のオアシスにも大活躍!サイアムパラゴン、セントラルワールドよりも庶民的なものを扱っている傾向にあり、お金を掛けずに買い物を楽しめます!...

土日にバンコクにいないけど、マーケットに行きたいという人は「タラートロットファイ・ラチャダーマーケット」(鉄道市場)がおすすめ。

毎日夕方から営業しているので、滞在中好きな日に行けますよ。最寄駅はMRT タイランド・カルチュラルセンター(Thailand Cultural centre)駅、3番出口から徒歩3分です。

コスメはドラッグストア「boots」か「watosons」へ

タイのドラッグストア
コスメを買うならタイの2大ドラッグストア「boots」か「watosons」に行きましょう。

どちらもタイの人が集まるショッピングセンターや観光地近くの路面店など、どこでもよく見かけます。見つけたときに、気軽に立ち寄ってみるといいと思います。(参考:タイのお土産に買いたいコスメ12選!ドラッグストアで買えるおすすめコスメまとめ

タイのお土産コスメ12選!ドラッグストアで買える、おすすめ美容まとめタイ・バンコクに行ったら、女性は美容にいいコスメもお土産に買いたいと思いますよね。南国のタイではハーブを使ったシャンプーや、オーガニックの歯磨き粉、ココナッツオイルのヘアマスクなど、タイらしいコスメを買えます!今回は観光ついでに立ち寄りやすい、ドラッグストアで買えるタイのお土産コスメを紹介します。購入できる場所や価格、使用感も記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。...

通販でも買えるタイ土産

タイのお土産は実は通販でも購入できます。下記のものを「JTBショッピング」で買えますよ。

  • ドライフルーツ
  • 像型のミルクチョコレート
  • 像型のクッキー
  • タイココナッツフレーク
  • ベンジャロン焼きの小物入れ
  • ハーンライス石鹸

お土産を通販で買うメリット

わたしも実際にタイのお土産を通販で買ってみて、下記のようなメリットを感じました。

  • 現地でお土産を買う心配をしなくていい
  • 割と安くお土産を手に入れられる(ミルクチョコレートが1箱1000円ほど)
  • 味が美味しい
  • 豊富な種類の中から選べる
  • 現地で重い荷物を持つ必要がない
  • 日本語の表記がなく、日本で買ったと分からない
  • 配達日時の時間指定ができる

現地で買うよりは若干割高ですが、現地でお土産を探し回る時間や交通費を考えればお得と感じました。

配り用のお土産は通販でスマートに用意して、現地では観光や自分用のショッピングを楽しみましょ!配り用のお土産選びでヘトヘトになる必要なんかありません。

お土産はJTBのサイトで買えるので、ここで配り用のお土産は用意してしまいましょう。

>>タイのお土産をJTBショッピングで見てみる

↓送料無料のキャンペーン開催中!↓

タイのお土産をJTBショッピングで見てみる

タイでのお買い物はカードがおすすめ

タイでのお買い物は現金よりもクレジットカードがおすすめ。

理由は盗難にあったとき現金を持っていると被害が大きくなるためです。

カードは電話ですぐに止められるので、リスクが少ないです。タイはカード払いできるお店も多いから、カードで払うようにしましょう。

ちなみに海外旅行で使うカードは、CMでお馴染みの「エポスカード」(無料)がおすすめ。

エポスカードを持っていれば、三井住友海上火災の海外旅行保険に無料で入れます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 盗難の場合は20万、治療費は270万と補償額も十分
  5. 旅行の直前でも即日発行できる
  6. 2,000円分ポイントがもらえる

わたしは大学生のときにエポスカードに申し込みましたが、無事に審査に通りました。

実は旅行会社でおすすめされる保険って、とても高額なのです。損しないためにも、エポスカードは早めに作っておきましょう。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!2000円分のポイントをプレゼント中!

お買い物中はネットに繋がると安心


お買い物中は、ネットに繋がって調べ物ができるようにしておきましょう。

私は商品に記載してある言葉の意味が分からず、買うのを断念してしまったことがあります。

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。

グローバルWiFiが人気の理由
  1. 他社よりも安い
  2. 出発の4日前まで早割適用
  3. 24時間サポート付き
  4. 利用者No.1の大手
  5. 空港で受け取り・返却が可能

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

>>グローバルWiFiの料金をチェックしてみる

↓1000円割引キャンペーン中!↓↓

グローバルWifiを詳しくみる

タイのお土産はプチプラでも最高!


タイのお土産はマーケットやスーパー、MBKでたいていのものがそろいます。

お土産は効率よく買い、他の観光やグルメなどタイでしかできないことを楽しんでください。

現地での観光を楽しみたい人には、通販もおすすめですよ。

>>タイのお土産をJTB通販で見てみる

タイ旅行の人気記事

実際にタイに行った旅行記

【タイ旅行記】バンコク3泊4日の弾丸旅行が最高すぎた!LCCエアアジアで行く旅

【タイ旅行記】バンコク3泊4日の弾丸旅行が最高すぎた!LCCエアアジアで行く旅LCCエアアジアで往復3万円で飛行機のチケットが取れました。国内旅行よりも安い!ということで、3泊4日でバンコクに行きました。旅の様子を旅行記として、ブログにまとめておきます。雑貨のお買い物、タイグルメ、アユタヤ遺跡に、ルーフトップバー...やりたいことはぜーんぶ満喫してきた弾丸旅行。使ったお金や場所など、できるだけ細かく記載しているので、参考にしてみてください。...

【バンコク旅行記】女子ひとり旅!2泊3日で有名観光地と話題のカフェめぐり

【バンコク旅行記】女子ひとり旅!2泊3日で有名観光地と話題のカフェめぐりひとり旅でタイに行ってきました。有名なワットアルンやワットポーでタイの文化に触れたり、最近話題のかわいいカフェをめぐったり。ひとりで不安なこともたくさんあったけれど、タイの人はあたたかくて。嫌な思いは一つもせずに、無事に帰ってこれました。もしこれからバンコクに行く女の子がいたら、読んでもらえると嬉しいです。...

出発前に確認!タイ旅行の持ち物

タイ・バンコク旅行の持ち物リスト!女性の必需品や実は必要ないものまで解説

タイ・バンコク旅行の持ち物リスト!女性の必需品や実は必要ないものまで解説タイ・バンコク旅行の持ち物の準備をしている人向けに、タイ旅行の持ち物リストを作りました。わたしはタイが好きで年2回はタイに行っているので、毎回持って行く持ち物ををリスト化しました。これからタイに行く女性の参考にもなるかと思います!...

アユタヤ遺跡の観光地7選

アユタヤ遺跡の観光地7選!バンコクからの行き方や遺跡の回りかたも解説【地図付き】

アユタヤ遺跡の観光地7選!バンコクからの行き方や遺跡の回りかたも解説【地図付き】バンコクから北へおよそ70km、列車で2時間の距離に位置するアユタヤは500年以上前のアユタヤ王朝時代の遺跡が残る世界遺産の街。タイ国内でも屈指の観光地となっています。アユタヤはバンコクから日帰りで観光できるので、バンコクに行く人にはぜひ行ってもらいたい場所。今回はアユタヤの魅力から行き方、観光地の周り方まで解説していきます。...

タイ旅行の記事一覧に戻る

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
アジア

バンコクの観光スポット16選!ストレスでいっぱいの人に教えたいタイでの癒され方

2020年2月7日
世界がキミを待っている(セカキミ)
微笑みの国、そして癒しの国、タイ。この国は癒しで溢れています。ストレスをいっぱいに抱えた人はたくさんいると思います。そんな人に教えたい、タイ …
アジア

タイ旅行の日数は何日?王道は3泊or4泊。バンコクなら2泊でも!モデルコースを合わせて紹介

2020年2月3日
世界がキミを待っている(セカキミ)
タイ旅行に行きたいけど、どれぐらいの日数が必要?最短で行くには何日?と思う人もいますよね。 今回は毎年タイ旅行に行っている私が、タイ旅 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。