アジア

タイの王宮はバンコク観光の目玉スポット!華やかな寺院と宮殿で、優雅な時間を

バンコクの3大寺院のひとつ、王宮(ワットプラケオ)。

3度目のタイにして初めて行き、なぜもっと早く行かなかったのか、と激しく後悔しました。

間違いなくタイで一番格式高く、華やかな王宮。

行ったときはずっと写真を撮り続けてしまうぐらい、素敵な空間でした。

入場料は高めですが、バンコクの観光には自信を持っておすすめするスポット。

今回はワットプラケオを含めた王宮の見所から、行き方、周辺の観光情報までまとめています。

※1バーツ=3.52円で計算しています

エメラルド寺院と華やかな宮殿が見どころ

タイの王宮はバンコク3大寺院のひとつ。1782年に建てられた、歴史のある建物です。

広大な敷地の中に、エメラルド色の仏陀がいる「エメラルド寺院」や、かつて国王が住んでいた「チャックリー宮殿」があります。

敷地内は本当に広く美しい建物がたくさんありますが、この2つが代表的な見どころ。

見どころ1:緑色の仏陀に合わせた、華やかなエメラルド寺院

エメラルド色の仏陀がいることから、華やかな装飾に包まれているエメラルド寺院(ワットプラケオ)。

写真NGのため撮影ができず残念ですが、本堂の中には緑色の仏陀がいました

この仏陀はタイの本尊仏として、もっとも崇められているようです。

寺院自体もエメラルド色に輝いていて、どの装飾も美しくため息が出るほどでした。

見どころ2:タイ様式と西洋様式が一体となった美しさが見所のチャックリー宮殿

かつてはタイの国王が暮らし、公務をしていたチャックリー宮殿。

今はもうここで国王は暮らしていませんが、国家行事がこの王宮でおこなわれることもあります。

見所はなんといっても、タイ様式と西洋様式が一体となった建物の美しさ。

タイの宮殿の中でも、もっとも権威ある建物と言われるだけあります。

タイ王宮の基本情報

営業時間:8:30〜16:30(チケットは15:30)まで。
休館日:国家行事がある日は休館
入場料:500バーツ(1757円)
住所:Phra Nakhon Bangkok

電車で楽に行けるように!タイ王宮への行き方

今まで王宮の近くには電車が通っておらず、船やタクシーでしか行けませんでした。

しかし、2019年の9月から新しくMRTの駅が開業して、王宮に電車で行けるようになりました!

最寄駅:MRTサナームチャイ駅(Sanam Chai)
最寄駅から:徒歩11分

これで王宮までのアクセスは、かなり便利に。

サナームチャイ駅は王宮の最寄駅ということで、かなり華やかな作りになっています。

実際にタイの王宮を見学!行ってすぐに好きになってしまった理由は!?

タイ3度目にして、やっと王宮に行くことができました。

実際に見学した様子を、細かくレポートします。

ちなみに今回はKKdayというサイトで、ホテル往復の送迎付きツアーを予約していました。(参考:往復送迎付き!王宮・ワットプラケオ(エメラルド寺院)半日ツアー

ホテルから王宮まで連れて行ってもらえるので楽ちんです。

ガイドさんが案内してくれる別プランもありました。(参考:【日本語ガイド】バンコクを歩いて散策半日ツアー!王宮+ワット・プラケオ+コーン(仮面舞踊劇)鑑賞

王宮へ入場

王宮は広大な敷地がすべて、白い壁で囲われています。

王宮に入れる入り口は1つ。見逃さずに。

セキュリティチェックを通過して、進んでいきます。

ちなみに服装のチェックも合わせてここでありました。

私はタンクトップのワンピースだったので、長袖を着るように言われました。

チケットをもらって、いよいよ王宮の中を進みます。

エメラルド色に輝く本堂へ

ドキドキしながら進んでいくと、早速一際輝く寺院を見つけました。これがエメラルド寺院。

このエメラルド寺院、柱のひとつひとつも美しすぎて…もう早速虜に。

正直どこで写真を撮っても綺麗なので、シャッターを押す手が止まらない。

タイでたくさんの寺院を訪れてきましたが、ここは圧巻の一言。

エメラルド色の仏陀は写真がNGだったので載せられませんが、ぜひ実際に見てほしいです。

ヴィシュユ神が乗る、神聖な神鳥「ガルーダ」がずらり。

タイではガルーダが王室の紋章になっていて、王室に関わる施設には必ずガルーダの紋章が入っているそうです。

美しい装飾に、足がなかなか進みませんでした。なぜもっと早く来なかったのか、後悔…

寺院の裏側も美しいです。

表で見た装飾とまったく遜色ないです。

4つの建物からなるテラスを散策

エメラルド寺院があるテラスは、他にも大きな建物があり、迫力満点。

この像は古代インド叙事詩「ラーマーヤナ」に出てくる、鬼神のヤックと猿神のモック。

タイでは身を呈して王を守る、正義の味方として人気があるそう。

仏塔を支えるヤックとモックもいました。寺院を守る厄除けの意味合いがあるようです。

テラスを散策していると、お坊さんも来ていました。

みんなこの美しい壁で、記念撮影をしていましたね。

模様と色合いが美しく、いつまでも眺めていられると思いました。

また、タイらしさ満点の金色の仏塔も。

チェンマイではよく見かけましたが、バンコクでは他ではあまり見ない気がします。

仏塔の下には、象もいました。

そして宮殿の裏側には、アンコールワットの模型が!

タイの建築様式は、クメール文化の影響を強く受けているそうです。

チャックリー宮殿へ

テラスの散策を楽しんでから、チャックリー宮殿の方に進んできました。

エキゾチックなタイ様式と、洗練された西洋様式が合わさって、不思議な魅力のある場所でした。

一見西洋の宮殿のように見えますが、細かい部分を見ると、タイらしさも満点。

ここでタイの国王が暮らしていたんですね。

衛兵もいて、みんな一緒に写真を撮っていました。

隣には細かな装飾が特徴の、ドゥースイット宮殿もあります。

ここは歴代の国王の戴冠式典が行われてきた場所だそうです。

本当に綺麗な場所でした。宮殿の中には入れませんが、タイの格式高い宮殿を見ることができて、大満足。

ここで王宮の観光は終わりです。本当に素敵な時間が過ごせました!

タイ王宮に行くときの注意点

注意点1:身体のラインが出る服装、露出が多い服装はNG

タイの王宮は格式高い場所で、入場前に服装とセキュリティチェックがあります。

禁止されている服装

・タンクトップ、キャミソール
・半ズボン
・ミニスカート
・身体のラインがはっきりした服装

女性であれば半袖にロングスカート、男性は半袖に長ズボンなどで問題ないと思います。

スカートであれば、膝が隠れる長さであれば大丈夫そうです。

正直、王宮の服装チェックはタイの他の寺院よりも厳しく感じました

注意点2:王宮でおこなう国家行事がある日は、休館日

今も王宮で国家行事がおこなわれることがあり、その日は休館日になっています。

行く前に必ず確認しておきましょう。2019年の予定は下記から確認できます。

タイの王宮・ワットプラケオの休館日

タイ王宮の周辺の観光情報

バンコク3大寺院のワットポー 、ワットアルン

バンコクの3大寺院と呼ばれるワットポーとワットアルンは、王宮の近くにあります。

一度は見たい!巨大な涅槃像があるワットポー

巨大な涅槃像が見られるワットポー。

バンコクに来たら、ぜひ一度は見ておきたい迫力満点のスポットです。

【ワットポーの基本情報】
営業時間:8:00〜18:30
拝観料:100バーツ(352円)
休館日:基本はなし
住所:2 Sanam Chai Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200
アクセス:MRTサナームチャイ駅(Sanam Chai)から徒歩4分

暁の寺ワットアルン

ワットアルンも細かな装飾が美しい寺院。

特に暁の寺と呼ばれるぐらい、夕日の時間帯がおすすめ。

▼ワットアルンの見どころや詳しい行き方はこちら

バンコクのフォトジェニックなお寺ワットアルン!夜景や行き方まとめ

バンコクのフォトジェニックなお寺ワットアルン!夜景や行き方まとめ2017年に復元工事が完了し、美しさを取り戻したワットアルン。ワットアルン(暁の寺)はバンコク3大寺院のひとつで、ワットポーや王宮と合わ...

【ワットアルンの基本情報】
営業時間:7:30〜17:30
拝観料:50バーツ(175円)
休館日:基本はなし
住所:158 Thanon Wang Doem, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok 10600
アクセス:ワットポー付近の船乗り場から、渡し舟に乗る

バンコク3大寺院のまわり方

バンコク3大寺院を1日でまわりたい人は、王宮からスタートするのがおすすめ。

1.MRTサナームチャイ駅(Sanam Chai)から歩いて王宮へ(徒歩11分)
2.王宮から歩いてワットポーへ(徒歩11分)
3.ワットーポー近くの船乗り場から、渡し舟に乗り対岸のワットアルンへ

夕日は暁の寺と呼ばれるワットアルンの近くか、対岸で見るのがおすすめ。

なので、夕方にワットアルンの近くに入れるように、先に王宮をまわってしまいましょう。

また、バンコクは暑くて徒歩10分もキツイ場合があります。そのときは迷わずタクシーやGrabに乗りましょう。

夜はバックパッカーの街、カオサン通りも

ワットアルンの夕日を見た後、まだ元気だったらカオサン通りまで足を伸ばしてみましょう。

カオサン通りは王宮から徒歩15分ほど。

ワットアルンの近くにいる場合はタクシーに乗って行った方がいいと思います。

カオサン通り自体は昼間もやっていますが、夜は屋台も出て人も集まり賑わいますよ。

バンコク観光の目玉を見逃さないで

タイの王宮は、バンコクの観光には絶対オススメするスポット。

私自身、なぜ今まで来なかったのだろうと後悔しました。

見どころ盛りだくさんなので、ぜひゆっくりまわってみてください。

私たちは世界60ヶ国以上のツアーを申し込める、KKdayというサイトから予約して行きました。

・ホテル送迎付きプラン
往復送迎付き!王宮・ワットプラケオ(エメラルド寺院)半日ツアー

・ガイドさんと王宮を巡るプラン
【日本語ガイド】バンコクを歩いて散策半日ツアー!王宮+ワット・プラケオ+コーン(仮面舞踊劇)鑑賞

王宮はただ自分で歩いているだけでは分からないことも多いので、ガイドさんと巡れるのもいいなと思いました。

日本語サイトでカスタマーサポートもあるので、安心して利用できます。

より旅を充実したものにしてみてください。

それではいい旅を!

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。世界のかわいいを切り取ったInstagramはこちら。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
あなたにおすすめの記事
アジア

スーパーで買えるバリのお土産25選!女子向けコスメ・ばらまきお菓子・雑貨を解説

2019年8月1日
世界がキミを待っている(セカキミ)
これからバリ島やインドネシアに行くことが決まっているみなさん、友達におしゃれな雑貨をお土産に買いたい、女子の方は自分もバリ限定のコスメがあっ …
アジア

バンコクの観光スポット16選!ストレスでいっぱいの人に教えたいタイでの癒され方

2016年9月21日
世界がキミを待っている(セカキミ)
微笑みの国、そして癒しの国、タイ。この国は癒しで溢れています。ストレスをいっぱいに抱えた人はたくさんいると思います。そんな人に教えたい、タイ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。