パリ

フランス・パリ旅行の持ち物リスト!パリ大好き女子の必需品

パリ旅行を快適に過ごしたい、持ち物に忘れ物がないか不安。そんな方のために、フランス・パリ旅行の持ち物チェックリストを作りました。

毎年パリに行って、持って行ってよかったと感じたものだけを載せています。各持ち物の解説もしているので、パリ旅行の持ち物の確認に使ってみてください。

保存版!パリ旅行の持ち物チェックリスト

左端にあるボックスを押すとチェックを入れられます。忘れ物がないかの確認に使ってください。

パリ旅行の必需品リスト


パスポート
航空券
現金
クレジットカード
海外旅行保険の保障内容が分かる用紙
Cプラグ(コンセントの形が日本と違うため)

メイク道具
コンタクト
メガネ
カメラ
カメラ、スマホの充電器
シャンプー・コンディショナー・ボディソープ
化粧水・乳液・ボディクリーム
着替え・下着・靴下
パジャマ
歯ブラシ
スリッパ
雨具(折りたたみ傘)
ガイドブック
機内持ち込み用の、液体を入れる袋
11月〜3月は冬の防寒具
羽織りもの

パリ旅行にあると便利な持ち物


ご銭入れ
モバイルバッテリー
レンタルwifi(グローバルWiFi
セキュリティポーチ
ウェットティッシュ
ティッシュ
ジップロック
保冷剤、保冷バッグ
エコバッグ
お土産を入れる用の大きめバッグ
ビニール袋
使い捨てのお皿、お箸、フォーク、スプーンなど
マスク
ハンガー
海外で使えるヘアアイロン

パリ旅行の持ち物の解説

ここからは上記のリストに記載してある持ち物を、詳しく解説していきます。

パリ旅行の必需品

パスポート

まずパスポートがないとパリに行けません。他のものは忘れてもパスポートだけは忘れないように、出発の朝も確認してください。

パスポートの残存有効期間は滞在日数+3カ月以上必要になります。旅行が決まった時点で、自分のパスポートの残存期間を確認しておきましょう。

ちなみにフランスはビザは不要。6ヶ月間で90日以内の旅行であれば、ビザなしで滞在できます。



航空券

もし航空券が予め手元にある場合は、パスポートとセットで必ず持って行ってください。

最近はeチケットといって、航空券や搭乗する飛行機の便名・時刻が分かる電子版のチケットがあります。これを印刷して空港に持っていきましょう。

パスポートや航空券など大事なものは、「パスポートケース」に入れておくと便利です。

現金

現金も持っていきましょう。クレジットで支払う予定の人も、使えない場合を想定して多少は持っていくと安心です。

クレジットカード

現金だけではなく、クレジットカードも必ず持って行ってください。海外ではどんなトラブルに合うか分かりません。もし手持ち以上のお金が必要になった場合、クレジットカードがないと何もできなくなってしまいます。

普段使っているカードが使えない場合もあるので、複数枚持っていくようにしましょう。

海外旅行保険の保証内容が分かる用紙

海外旅行保険には必ず入ってください。海外でトラブルにあい、病院で治療を受けた場合、多額の治療費を請求されてしまいます。

海外旅行保険はパリにいく場合5000円以上しますが、ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄と感じてしまいますよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているEPOSカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けれます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

Cプラグ

パリと日本はコンセントの形が違います。そのため、コンセントにつなぐ用の「Cプラグ」が必要です。

安いので複数持っておくと便利ですよ。

カシムラ 海外用変換プラグ Cタイプ 2個セット NTI-157

カシムラ 海外用変換プラグ Cタイプ 2個セット NTI-157

316円(07/15 14:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちなみにパリと日本は電圧も違います。ただ最近のスマホやカメラの充電器は、海外でも使える電圧で作られているため、iPhoneを充電する場合は電圧を変換する必要はありません。Cプラグに繋いで、そのまま充電できます。

フランスの電圧は220Vで、周波数は50HZ。持っていく充電器などに「100〜240V、50/60Hz」と記載があれば、変圧器なしにそのまま使えます。

普段飲み慣れた薬を持っていくようにしましょう。ヨーロッパでは日本の薬は手に入りにくいですし、同じ効果のある薬でも強すぎる場合があります。

私は鎮痛剤のイブと、鼻炎の薬を持って行っています。イブは解熱の効果もあるので、持っておくと安心。

メイク道具

メイク道具も忘れてはいけません。普段使い慣れたものは忘れずに持ってください。当日の朝メイクをした後、ちゃんとカバンに閉まったか確認しましょうね!

写真を撮る機会が多い旅行。いつもよりちょっと鮮やかな口紅やチークがあると、写真映えしますよ。

また機内やバスの移動など、ちょっとした時には下記のリップがおすすめ。綺麗に色づくけど、リップなのでさっとぬれて、ベタベタしません。わたしは旅先で重宝してます。

ニベア リッチケア&カラーリップ シアーレッド 2g

ニベア リッチケア&カラーリップ シアーレッド 2g

498円(07/16 09:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

コンタクト

普段コンタクトをしている人は、コンタクトも忘れずに持って行ってくださいね。わたしは予備で旅行の日数プラス3日分ほど持って行っています。



メガネ

メガネを使っている人はメガネを忘れずに。わたしは1回メガネを忘れて不自由な旅行をしたことがあります。当日の朝、必ず確認を!

カメラ

カメラはSDカードが入っているか必ず確認して持っていきましょうね!SDカードがないと記録できません。

カメラ・スマホの充電器

カメラとスマホの充電器も忘れずに。特にスマホの充電器は、出発の朝忘れずに入れましょう。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

シャンプーやコンディショナーはホテルに備え付けである場合もあります。ただリンスインシャンプーが多いので、質はよくないことも。

気になる人は日本のトラベルセットや、普段使い慣れたものを持参するのがいいでしょう。

またシャンプーやメイク道具は無印の吊るせて「使える洗面用具ケース」があると、ホテルでも使いやすいですよ。

化粧水・乳液・ボディクリーム

ヨーロッパはとても乾燥しやすいので、保湿できる化粧水・乳液・ボディクリームを忘れないでください。

移し替えるのが面倒な人は、トライアルセットが便利。

着替え・下着・靴下


旅行の日数分、着替えを持っていきましょう。洋服はちょっと派手目の色の洋服があると、写真写りも鮮やかになります。

靴下はホテルでお風呂上がりに履いたりすることもあるので、日数よりも多めにあると便利。

最近は圧縮できるトラベルポーチもあるので、着替えをまとめたい人にはおすすめ。

パジャマ

ヨーロッパのホテルはパジャマがおいてありません。

パジャマを忘れると意外と大変なので、必ず確認してホテルにない場合は持参してくださいね。トラベル用に小さく折りたためるパジャマもあります。

歯ブラシ

歯ブラシもヨーロッパのホテルにはない場合が多いです。ホテルのアニメティを確認して、ない場合は持っていきましょう。

また機内用にマウスウォッシュもあると便利です。12時間歯磨きができないと、落ち着きません。

スリッパ

スリッパもヨーロッパのホテルにはありません。靴で過ごすのはしんどいので、持っていきましょう。

雨具(折りたたみ傘)

パリのお天気は変わりやすいです。雨も多いので、折りたたみ傘を持っていきましょう。

夏場は雨天兼用の傘があると便利です。

パリのガイドブック

ガイドブックはパリ旅行の必需品!わたしはよくarucoを持って行っています。可愛い雑貨屋さんやカフェがたくさん載っているから、女性におすすめ。

01 地球の歩き方 aruco パリ 2019~2020 (地球の歩き方aruco)

01 地球の歩き方 aruco パリ 2019~2020 (地球の歩き方aruco)

1,296円(07/15 19:16時点)
発売日: 2018/07/19
Amazonの情報を掲載しています

機内持ち込み用の、液体を入れる袋


飛行機の機内に液体を持ち込む場合は、容量1リットル以下のジッパーの付いた、再封可能な透明プラスチック製の袋に入れる必要があります。

液体自体は、100ml(g)以下の容器に入れます。袋の大きさなどはそこまで厳格でははいですが、念のため規定に合った袋をひとつ持っておくといいですよ。

11月〜4月は冬の防寒具

11月〜4月のパリはとっても寒いです。冬の防寒具を忘れずに持っていきましょう。主に下記のものがあると安心。

・マフラー
・手袋
・耳あて
・ホッカイロ
・ヒートテック

ちなみにパリの春がくるのは、日本より遅め。GWに行っても、まだ8度ほどで真冬の寒い日もありました。

トレンチコートでは絶対寒いので、防寒具を持って行ってください。わたしは足が冷えるので、足元を暖めるホッカイロを持って行っています。

どんな季節でも、羽織りもの

真冬ではなくても、羽織りものは持っていくようにしましょう。パリは朝から晩まであたたかい季節はそんなにありません。

カーディガンやパーカーなど、さっと羽織れるものがあると便利です。



パリ旅行にあると便利な持ち物

小銭入れ

パリはスリの多い街。わたしはスリ対策でお札を入れるお財布とは別に、小銭入れを用意しています。

メトロの切符や飲み物を買ったりするときは、小銭入れからお金をを出しています。

お財布を入れた場所を見られると、スリにあう原因になるので、取られても大丈夫な小銭入れを使っています。

セキュリティポーチ

パスポートやクレジットカード、現金などの大切なものをまとめて入れて、洋服の下に隠せるセキュリティポーチもあります。

パリは本当にスリが多いので、こういった身につけられるこういった身につけられるセキュリティポーチがあると、安心して旅ができます。

モバイルバッテリー

最近はスマホのカメラで写真を撮る人も多いのでは?スマホで写真を撮って、SNSにアップして…とやっているとあっという間に充電がなくなってしまいます。写真が撮れなくなってしまうことも。

そんなときのために、外でも充電可能なモバイルバッテリーを持っておくと便利ですよ。

レンタルwifi(グローバルWiFi

パリの旅行中に道に迷ったり、調べ物をしたりするときに、やっぱりwifiがあると便利。グローバルWiFiは4日前まで早割があるので、かなりお得にレンタルwifiをかりられます。

レンタルできる台数が限られているので、日程が決まっていたら早めに申し込んだ方がいいですよ。

ウェットティッシュ

パリのレストランには、お冷もウェットティッシュもありません。サンドイッチを買って食べるときには、手を拭きたいですよね。

清潔面が気になる人は必ずウェットティッシュを持って行ってください。

ティッシュ

ポケットティッシュももちろん持っていくのですが、わたしはボックスタイプもスーツケースに入れて持っていきます。

ヨーロッパのティッシュは固く、とても鼻をかめるようなティッシュではないのです..

またホテルの備え付けのティッシュは数が少ないこともあるので、箱ごと持って行ってしまった方が便利。

ヨーロッパのトイレにはトイレットペーパーが置いてないことも多いので、観光するときはポケットティッシュをかかさず持っていきましょう。

ジップロック

旅でとっても重宝するジップロック。わたしは下記のような用途で使っています。

・濡れた洋服や折りたたみ傘を入れる
・食べかけのお菓子を入れる
・パンフレットやレシートの保管

ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

496円(07/16 00:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

保冷剤・保冷バッグ

パリでチーズやバターをお土産に買って帰りたいと思いませんか?わたしはバターを買って帰りたいので、保冷剤と保冷バッグを持って行っています。

ホテルで保冷剤を冷やしておき、帰る日に保冷バッグにバターと保冷剤を一緒に入れます。そのままスーツケースへ。

スーツケースは飛行機の寒い場所にあるので、十何時間かかっても自宅まで冷たいまま持って帰れるんです。

フランスのバターやチーズは質の高いものをとても安く買えるので、お土産にしてみてください。

サーモス ソフトクーラー 5L ミッキー ブルー REH-005DS BL

サーモス ソフトクーラー 5L ミッキー ブルー REH-005DS BL

1,616円(07/16 09:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

エコバッグ

街を散策したり観光するときに、エコバッグを持っておくと便利です。ヨーロッパのスーパーでは袋が有料ですし、お土産を買って手持ちのバッグに入らないことも。

わたしはペットボトルとガイドブックをエコバッグに入れて観光してます。貴重品が入ったカバンは別にして、よく使い盗難にあっても大丈夫なものはエコバッグに。

大切なものが入ったカバンはあまり開けないようにしています。

お土産を入れる用の大きめバッグ

パリに行った人あるあるだと思うのですが、お土産を買いすぎてスーツケースに入らなくなっちゃうんですよね。

そんな時のために、お土産を入れる用の大きめバッグを用意しておきましょう。フルキャリアの機内持ち込みの手荷物は2つあっても大丈夫。

機内持ち込み用の大きめバッグがあると何かと便利です。チャックが閉まるものがいいですよ。

ビニール袋

ゴミを入れたり、荷物を整理したり、何かと便利なビニール袋。複数枚用意して入れておきましょう。

使い捨てのお皿、お箸、フォーク、スプーンなど

パリではヨーグルトやサラダを買っても、スプーンやフォークを付けてくれません。スーパーでもコンビニのような小さなお店でも、どこでももらえません。

スーパーでヨーグルトを買って食べようとする、サラダを買って友達と分けようとする。そんなとき間違いなく困ります。

なので使い捨てのお皿・お箸・フォーク・スプーンを持って行ってください。ヨーロッパはその点とても不便です。

マスク

飛行機やホテルは乾燥がひどいので、マスクを数枚持っておくといいですよ。

また機内で寝ているときによだれがたれたり、口を開けて寝ていたりしても、マスクがあれば安心。

機内用 乾燥から守る!  新ハイテク 保湿マスク 2枚入り 537

機内用 乾燥から守る! 新ハイテク 保湿マスク 2枚入り 537

410円(07/15 23:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハンガー

わたしはヨーロッパに行くとき、ハンガーをスーツケースに入れて持っていきます。

なぜかヨーロッパのホテルのハンガーって、クローゼットにくっついてて使いにくいのです..

なので持っていくお洋服分、ハンガーを持っていくと便利ですよ。

海外で使えるヘアアイロン

最近では電圧を変換しなくても海外で使えるヘアアイロンがあります。3000円ほどで買えてしまうので、わたしは買っちゃいました。

世界のどこでも髪を巻けるって幸せです!

機内持ち込みにすると便利なものリスト

ここからは荷物をパッキングするときに、機内持ち込み用にするといい持ち物を紹介します。パッキングするときに、機内持ち込み用と、預けるスーツケースに入れるものを分けておくといいですよ。

貴重品は肌身離さずに、機内持ち込みに

・パスポート
・現金
・クレジットカード
・カメラ

受託手荷物(預け入れ荷物)は人に預けるものなので、預けるスーツケースには貴重品は入れないようにしてください。高価なカメラなども必ず自分で持って飛行機に乗りましょう。

現地で手に入りにくいものも、機内持ち込みに

・薬
・ガイドブック
・メイク道具
・化粧品
・コンタクト
・メガネ
・充電器、モバイルバッテリー

直行便では少ないですが、何らかのトラブルでパリに預けた荷物が届かないトラブルもあります。そんなときに、普段使っているコンタクトやメイク道具がないと、せっかくの旅行が台無しに。現地で手に入りにくいものは、機内持ち込みにするのがベター。

モバイルバッテリーは機内持ち込みにする決まりになっているので、取り扱いに注意してください。

まとめ:パリ旅行の準備を万全にして旅を楽しんで

ここまでパリ旅行の持ち物を解説してきましたが、パスポートとクレジットカードがあれば何とかなります。だからこの2つだけは忘れないでください。

ただ普段自分が愛用しているものがないと、不便な旅になってしまうのも事実。忘れ物のの内容に準備をして旅を楽しんできてください。

それでは、いい旅を!

パリ旅行前の人必見!旅費を節約するコツ

1万円節約!海外旅行保険を0円にする方法

海外に行くときに必ず入る海外旅行保険。通常ひとり5000円~1万ほど保険料がかかります。

ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄に感じてしまいますよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けられます。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

エポスカードの無料の海外旅行保険内容

エポスカードを持って海外に行くと、無料で下記の保障を受けられます。

盗難やカメラなどの携行品が壊れてしまった時も、20万円まで保障が付いているので安心。わたしたちはいつもエポスカードだけで海外旅行に行っています。

傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円 (1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円 (1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

この保障が付いていれば、海外で盗難などにあっても保険を適用できます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、絶対に作った方がお得ですよね。節約になりますよ。
つまり、1万円分の保険料が0円になります。

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。ネットで全て申請が完結するので、楽ちんですよ。

わたしは大学生のときにエポスカードに申し込みましたが、無事に審査に通りました。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

いつでもネットに繋がる!グローバルWiFiは、4日前まで早割OK

今持っているスマホをそのまま海外に持っていっても、ネットには繋がりません。

もし道に迷ったとき、ネットに繋がらずGoogle mapが使えない…というケースもよくあります。

でもポケットwifiがあれば、いつでもネットに繋がり、快適な旅行ができます。

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す

Webで申し込めば、受け取りから返却まで、全て空港で完結するので楽ちんですよ。

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

グローバルWifiをくわしくみてみる

人気記事【無料】エポスカードは持っているだけで、海外旅行保険に入れる!安心・お得な保険の入り方

ABOUT ME
Nami
トラベルライター兼編集長。Trippedia編集部の紅一点。 もともとはヨーロッパやアメリカが好きな普通の女子だったが、近頃はアジア各国に興味あり? 趣味は旅行と世界のパン巡り。プログラミング担当にもなるべく、現在目下勉強中。 オススメの街はハンガリーのブダペスト。特にドナウ川沿いを散歩することがお気に入り。 行ってみたい街はロシア・サンクトペテルブルク。オススメのパン屋さんがあればぜひ教えてください。 世界各国の魅力を詳しく、楽しくご紹介します。 普段はオウンドメディアの運営をしています。SEOライティングならお任せください! by Yosuke
2000円お得にホテルを予約!

世界最大の海外ホテル予約サイトBooking.comが2000割引なるクーポン配付中!

下記のリンクからホテルを申し込むと、ホテルが2000円引きになります。このサイト「世界がキミを待っている」限定クーポンです。

Booking.comが2000円割引になるクーポンはこちら

海外でホテルを予約する人は、お得なので利用しくださいね!

期間限定クーポンなので、旅行の予定が決まっている人はお早めに。

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。