旅のノウハウ

【オスプレーソージョンを愛用中】コロコロできるバックパックを半年間使った感想とレビューまとめ

背負っても転がしても使えるバックパック「オスプレーソージョン」。

半年前に購入し、絶賛愛用中なのでレビュー記事を書いてみます。

実際にオスプレーソージョンを相棒に、ヨーロッパや東南アジアを旅してきました!

結論から言うと、買ったことには大満足。

理由は今まで使っていたスーツケースよりも、楽に荷物を運べたからです。

よく世界一周や長期旅行に行く人が使っているイメージでしたが、あまり力のない女性荷物を楽に運びたい人におすすめだと感じました。

この記事ではオスプレーソージョンの特徴、サイズの比較、実際に使ってみた感想、評判をまとめています。

オスプレーソージョンの5つの特徴

まずはオスプレーソージョンってどんなバックパックなの?という人向けに、5つの特徴をまとめました。

1.タイヤが大きくて楽に運べる

オスプレーソージョンは背負っても転がしても使えるバックパック。

実際に使ってみて一番驚いたのは、タイヤの大きさ。

この大きなタイヤのおかげで、荷物をとても楽に運べます!

今まで使っていたスーツケースと比べると、その差は歴然。

私が使っているソージョン80Lのタイヤのサイズは直径9㎝。

今まで使っていたスーツケースのタイヤサイズは4㎝なので、2倍以上の差があります。

iPhone8と比べると、大きなタイヤと分かってもらえるでしょうか?

またオスプレーソージョンのタイヤは二輪です。

進む方向が一方のため、力が分散せずに楽に荷物を運べます。

普通のスーツケースは四輪のものが多いですよね。四輪はタイヤが小さく、細かな動きができる分、力は分散しがち。

荷物を楽に運びたいという人には、二輪の大きなタイヤがおすすめ。

特にスーツケースが重くて転がすのも大変と感じていた女性には、ぜひ使ってみてほしいです。

2.太めの腰ベルトもあって、背負うのも安定

オスプレーソージョンは、背負えるバックパックに変身もできちゃいます!

実際に旅をしていて背負ったことはまだないのですが、安定して背負うための仕掛けが盛りだくさん。

肩や腰のベルトは太く、安定感があります。

背負ってみると意外と安定するのは、この腰ベルトのおかげかな?

ちなみに80Lを男性が背負うと、下記のような感じです。

私も背負ってみました!

背負った感想としては、見た目よりは大変じゃないかなという感じ。

腰ベルトが支えてくれるから、肩だけで背負うよりはだいぶ楽。

胸の前で支えてくれるベルトも付いています。

さすがは有名なバックパックブランド!

ちなみに肩ベルトや腰ベルトは、全て綺麗にしまえます。

こんなに綺麗に!ここにベルトが入っているなんて、言われなきゃ分かりません。

3.広げずに開けられる

オスプレーソージョンは、通常のスーツケースと違って2つに開く必要がありません。

がばっ!と開けて荷物を整理できます。

通常のスーツケースって、広げるのにすごくスペースを取りますよね。

オスプレーは立てたままでも、荷物を取り出せるんですよ。

下記のようなシチュエーションで、すごく役立ちました。

  • 狭い部屋に泊まったとき
  • スーツケースから急いで取り出したいものがあるとき

シンガポールで狭い部屋に泊まったときは、通常のスーツケースを2つ広げるスペースがなかったんです。

それでもオスプレーソージョンがスペースを取らずに開けられたので、そこまで不便な思いをせずに済みました。

4.収納ポケットが充実

オスプレーソージョンには、5つの大きな収納ポケットがあります。

1つ目はメインの荷物を入れる場所とは別のポケット。

ここには南京錠を付けずに、ガイドブックや飲み物などすぐに取り出したいものを入れていました。

メインのチャックを開けると、メッシュのポケットが2つ。

そして両サイドにメッシュと、中身の見えないポケットがあります。

メッシュのポケットは中身が見えるので、どこに何を閉まったか簡単に分かって便利。

中身の見えないタイプのポケットには、下着など見られなくないものを閉まっていました。

これらのポケットがあるおかげで、荷物の多い私も整理がしやすかったです。

ちなみに実際に荷物を入れてみると、下記のような感じ。

荷物を止めるベルトも付いているから、崩れにくく整理しやすいです。

メインのチャックには、直接南京錠を取り付けられます。

忘れずに鍵をするようにしていました。

また裏面のチャックを入れると、小さなカードケース入れも付いています。

5.手にフィットする持ちやすさ

オスプレーソージョンは、背負いやすさだけではなく、持ちやすさにもこだわりが!

伸びるタイプの持ち手は、滑り止めが施されています。

また手の形に合わせて作られていて、長時間引いても手が痛くなりません。

固定された持ち手も、太く柔らかい作りに。

今までスーツケースを引くと、よく手が痛くなっていたのでこれは助かる…!

ちなみに横にも大きな持ち手があり、横に倒して運ぶことも可能。

オスプレーソージョンは使えば使うほど便利なことが分かり、愛が止まらなくなってしまいました!

オスプレーソージョンのサイズは45L、60L、80Lの3通り

機内持ち込みができる45L

45Lのサイズは、飛行機の機内持ち込みができるように作られています。

オスプレーの公式サイトにも、下記のような説明がありました。

45Lはほとんどの旅客機に機内持ち込み可能なサイズに作られています。

2泊〜4泊の旅行や、中期の旅行でも荷物が少ないミニマリストな人はこのサイズでぴったりでしょう。

外寸:縦56x横36x奥23cm
重量 :3.60kg

16キロほどの荷物が入る60L

長期で旅行に行く人は、60Lか80Lを選ぶことが多いです。

荷物が少なめ、お土産をそんなに買わない人は60Lでよさそうですね。

きっちり荷物を入れて、約16キロほどになります。

外寸:縦64x横36x奥35cm
重量:3.87kg

20キロほどの荷物が入る80

一番大きなサイズの80L。

私はこの80Lを選びました。理由は荷物を減らせる自信がなかったから…

きっちり荷物を入れると、20〜22キロぐらいの重さになりました。

ただやっぱり大きくて、その分荷物も入るため、荷物を入れて女性が背負うのは大変かもです…

私はあまり背負うつもりはなく、「最悪、背負える!!」という安心感で購入しました。

実際に背負うことはなくても、この安心感は大切でした。

オスプレーソージョンで東南アジアやヨーロッパを旅した感想

東南アジア1ヵ月の旅でも背負うことはなかった


オスプレーソージョンを相棒にタイ、ラオス、シンガポール、マレーシアを1ヵ月かけてまわりました。

結論から言うと、1回も背負うシチュエーションはなかったです!

理由は、どの国も道が綺麗に舗装されていたから。

ラオスに行っても、道路は綺麗でした。

少し砂利道もあったけど、オスプレーの大きなタイヤでは問題なく転がせてしまうのです。

舗装されていない道をスーツケースを持って歩くことは、世界中旅していてもそんなにないかな?と感じました。

ヨーロッパの石畳も、大きなタイヤでスイスイ

背負うことはなくても、オスプレーソージョンのありがたみを感じることはよくありました。

  • ヨーロッパの石畳み
  • 東南アジアのでこぼこ道

これらの場所では、スーツケースを引いて歩くのは大変。

でもオスプレーソージョンでは、何の問題もなく軽々引けてしまったんです。

今までスーツケースを転がすのに苦労していたのが嘘のように。

毎年パリに行き、その度にスーツケースを引くのに苦労していましたが、今年はオスプレーのおかげでスイスイでした。

しばらく背負うことはないかもだけど、大満足

今後、オスプレー以外のスーツケースを選ぶことはないと思います。

理由は1つで、荷物を運ぶのがめちゃくちゃ楽だから。

それぐらいオスプレーソージョンはタイヤが大きくて、転がしやすい。

もう今まで使っていたスーツケースで海外旅行に行こうとは思いません!

オスプレーソージョンの評判

オスプレーソージョンを使っている人のレビューをまとめました。

私以外の感想を知りたいという人は、みて見てください。

オスプレー キャリーバッグ ソージョン25(60リットル)は約2年間の旅で使用。
キャリー付きなのでバックパックよりは重くなるが非常に頑丈で壊れなかった。

背負ことも可能だが僕はずっと転がしてた。ボコボコの道路でも壊れないそのタイヤは本当に素晴らしい✨非常におすすめ‼️

トップの小物ポケット、中の両側のポケットの配置、ガバッと開くメインのチャックなど使い勝手は予想通り最高です。大きめのホイールは多少の段差でも安定して乗り越えてくれます。単体でも自立して立ってくれるし、ハンドルに別のビジネスバックを通して載せていても安定して自立してくれます。登山用ザックもオスプレーを数個所有していますが、さすがパックメーカーが作ったトラベルバックだと感心しています。

「オスプレー ソージョン 60L」届いた!
スーツケースなんだけど、背中側を開けるとリュックとしても使えるっていうすげーーー万能なやつ!
重量もすげー軽いし、なにより駅まで自転車で、駅からスーツケースとして使えるっていう正に痒いところに手が届く仕組みは本当に最高だと思った。

長期の海外旅行で使用している人もいますし、ビジネス利用、短期の旅行に使っている人もいました。

オスプレーと一緒に揃えたい小物

レインカバー

オスプレーソージョンにはレインカバーが付いていません。

少しの雨ならはじいてくれますが、万が一の時のためにレインカバーは用意しておきましょう。

南京錠

南京錠も一緒に用意をしておきましょう。

なくしたときのために、2つ持っておくと便利です。

オスプレーソージョンのレビューまとめ

  • タイヤが大きく転がしやすい
  • バックパックとして背負える
  • ポケットが充実で整理しやすい
  • サイズは3通り。用途に合わせて選択を

今まで世界一周に行く人が使っているイメージでしたが、短期の旅行でも使い勝手がいいバックパックと感じました。

特に重いスーツケースを引くのが苦手な女性には、使ってみてほしいです!

男性も今までと比べものにならないぐらい、楽に荷物を運べるようになりますよ。

それでは、いい旅を!

▼海外旅行の必需品&便利な持ち物はこちら
海外旅行の持ち物|旅好き女子が実際に持っていく34の役立つもの

海外旅行の持ち物|旅好き女子が実際に持っていく34の役立つものいざ海外旅行に行くとなっても、いったい持ち物は何をもっていけばいいのかわからない、不安という方もいるのではないでしょうか。 私の経...
ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。世界のかわいいを切り取ったInstagramはこちら。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
あなたにおすすめの記事
旅のノウハウ

【無料】エポスカードは持っているだけで、海外旅行保険に入れる!安心・お得な保険の入り方

2019年3月7日
世界がキミを待っている(セカキミ)
エポスカードは持っているだけで海外旅行保険に加入できる、無料のクレジットカードです。入会費・年会費が一切かからないので、実質無料で海外旅行保 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。