トラベルグッズ

海外旅行での防犯しっかりできている?気をつけたい手口とおすすめ防犯グッズ

日本は世界有数の治安のいい国。そのため海外旅行に行くと、日本人の予測できない犯罪に巻き込まれることが多いです。

日本人が被害にあう犯罪のほとんどは、スリ、置き引き、引ったくり。金銭目的の軽犯罪が多いです。

犯罪の手口を知ってしっかり対策すれば、予防できるものばかり。海外旅行を楽しむためにも、防犯対策を念入りにしておきましょう!

今回は30回以上海外旅行に行ってきた筆者が、海外旅行での防犯対策やおすすめのグッズについて紹介します。

nami
nami
犯罪の手口を知っているだけでも、予防できることが多いよ!

日本人の被害の9割は詐欺・強盗・窃盗

海外の空港
外務省は毎年「海外邦人援護統計」という、日本人が海外で巻き込まれたトラブルについてまとめた資料を公開しています。

この資料によると、日本人が海外で巻き込まれたトラブルの約9割が窃盗・強盗・詐欺と明らかになっています。

トラブルのうち約9割とはすごい数ですね!

反対に言うと、窃盗や詐欺に注意していれば海外旅行でのトラブルはほとんど防げることになります。

ちなみに日本人の被害が報告されている件数の多い大使館、総領事館は下記のようになっています。

タイ1,457件
フィリピン906件
ロサンゼルス809件
イギリス797件
ホノルル669件
ホノルル669件
香港667件
フランス646件
サンフランシスコ607件
韓国503件

出典:2018年(平成30年)海外邦人援護統計

日本がよく行く国・都市での被害は多い傾向ですが、これだけの被害にあってる人がいるので「自分は大丈夫」という考えは捨てましょう。

まず初めに海外でよく起こる、3つの手口を知っておくのをおすすめします。

  1. スリ
  2. 置き引き
  3. 引ったくり

次の章からそれぞれ詳しく解説していきますね。



海外でよく起こるスリの手口と対策

手口1. 電車でのスリ

電車でのスリ
電車でのスリは本当に多いです。電車内で集団に囲まれて、貴重品を盗られていたことに後で気が付くケースがよくあります。

電車、バスなどに乗るとき、また混雑した場所に行くときはカバンをしっかり持ちましょう。

対策方法
  1. バッグや上着、ズボンのポッケに貴重品を入れない
  2. 混雑した場所では特に貴重品の管理を徹底する
  3. 電車に乗ったらドアから離れ、できるだけ座る
  4. バスのトイレ休憩なども貴重品を持ち歩く

手口2:路上でのスリ

意外かもしれませんが、海外では路上でもよくスリにあいます。とにかく相手の気を引いて、油断した瞬間に盗ろうとしてきます。

よくあるのは歩行中すれ違うときにアイスクリームなどを付けられて、拭いているうちに貴重品を盗られるパターンです。

アイスの他にもチャップ、マスタードなど手口はいろいろあるようですね。

また観光客を装って道を聞いてきたり、写真撮影を頼んできたりすることも。対応しているうちに貴重品を盗られてしまいます。

対策方法
  1. どんな状況であっても相手に触れられないようにする
  2. 何か付けられるトラブル起きたら、まずは貴重品の管理をしっかり
  3. 相手を観光客と思って油断しない
  4. 何か頼まれても貴重品の管理が不安なときはすぐに断る
  5. 路上でもスリに狙われていることを意識する

スリ対策に一番おすすめなのはセキュリティポーチ

スリ対策で一番おすすめなのは、セキュリティポーチを持つことです。

旅行会社の添乗員さんもセキュリティポーチの使用をおすすめしていました。

  1. 洋服の下に隠せる
  2. 最近はスタイリッシュな見た目
  3. スキミング防止機能も

流石のスリの犯人も洋服の下まで手を入れてくることはないから、セキュリティポーチを洋服の下に付ければ安心。

最初使うときは目立つかも?と思いましたが、付けてみたら意外と全然目立たずに愛用しています!

セキュリティポーチがあると安心度が全然違うので、貴重品を安全に持ち歩きたい方は1つ持っておくのがおすすめ。

食事中も油断できない?!置き引きの手口と対策

手口1:空港やホテルのロビーで

空港での置き引き

空港やホテルのロビーは置き引きがよく起こる場所。

  • 空港のチェックインカウンターで手続き中にスーツケースがなくなった
  • ターンテーブルにスーツケースを取りに行っている間にカートに乗せていた荷物がなくなった
  • ホテルでチェクインの手続き中、足元においたカバンがなくなった

一瞬目を離したスキに盗られてしまうんですよね。盗られたくないものからは目を離してはダメですね。

対策方法
  1. カバンは常に持っておく
  2. 身体からカバンを離さない。足元に置いておくだけでは、盗られたときに気づけない。

手口2:レストランの食事中も

レストランも置き引きが発生しやすい場所。

  • ジャケットを脱いで椅子にかけて食事をしていたら、ポッケの中の貴重品がなくなっていた
  • 食事中に足元に置いていたバッグを盗まれた
  • 椅子にショルダーバッグをかけて食事をしていたら盗まれた

これらは全て自分の身体から離してしまったために盗難にあってしまっています。

対策方法
  1. 食事中のカバンをおく場所も、身体に触れる場所にする
  2. 高級店でも油断しない。むしろ富裕層が来るため、ターゲットになっている可能性がある。

不安な場合はワイヤーロックを持っておく

置き引きが不安な人はワイヤーロックを持っておくといいですよ。

カバンやスーツケースを簡単に括り付けてロックができるため、置き引きにあう確率が減ります。

特に一人旅の場合は自分で全て荷物を管理しなければならないため、ワイヤーロックを持っておくと臨機応変に対応できます。

ケガをする危険もある引ったくり

手口1:路上での引ったくり

路上での引ったくり

引ったくりが一番多いのは路上。

よくあるのはオートバイに乗った犯人が追い抜く瞬間にカバンを引っ張るパターン。

バイクによる引ったくりはケガをする危険もあるので要注意です。

対策方法
  1. 車道側に絶対カバンを出さない
  2. もしもカバンを引っ張られたら、ケガをする恐れがあるから離す

手口2:電車での引ったくり

電車での引ったくり

電車の入り口付近でも引ったくりはよく起きます。

ドアの入り口付近に立っていたら、ドアが閉まる直前にカバンを引っ張られて盗られてしまった、というケースも多いです。

電車やバスに乗ったら、できるだけ座ってカバンをしっかり持っておくと安心ですよ。

対策方法
  1. 電車やバスではできるだけ座る
  2. 入り口付近に立つのは避ける

その他の犯罪の手口

海外旅行の犯罪

その他にも海外旅行ではさまざまな手口の犯罪があります。下記のパターンも覚えておきましょう。

  • 偽警察官がパスポートと財布の提示を求めてくる
  • ホテルにチェックイン後、ドアをノックされ強盗にあう
  • 流しのタクシーに乗ったら暗い路地に連れて行かれ、強盗にあう
  • エレベーターの中で引ったくりや強盗にあう

警察官が路上で持ち物検査をすることはない

海外の警察

どの国にも偽警察官による手口がありますが、本物の警察官が路上で荷物検査をすることは基本ありません。

対策方法

もしも路上でパスポートや財布の提示を求められたら、「近くの警察署で話を聞く」「現地の日本大使館に連絡する」と言って毅然な態度をとりましょう。

ホテルでは必ずチェーンをする

ホテルでの防犯

ホテルのドアをノックされてあけたら強盗だった、というケースもあります。

海外のホテル滞在中はチェーンをする癖をつけるといいですよ。

対策方法
  1. 安すぎるホテルには泊まらない
  2. 部屋に入ったらすぐチェーンをする
  3. 頼んだ覚えのない人がきたらフロントに連絡する

また外出時も基本は貴重品は身に付けておく方が安心です。格安のホテルの場合、ホテル内のセキュリティが甘い可能性があるためです。

渡航先の正規のタクシーを調べておく

海外のタクシー

タクシーでトラブルにあうのは、正規ではないタクシーに乗った場合です。

旅行前に渡航先の正規のタクシーを調べておきましょう。会社名や色を知っておけば、現地ですぐに判断できます。

多くの国の正規のタクシーは「ドライバー情報」を車内に掲げています。

タクシーに乗るときはドライバー情報とドライバーをしっかり確認して、問題がなければ乗るようにしましょう。

対策方法
  1. 旅行前に正規タクシーを調べる
  2. 正規以外のタクシーに乗らない
  3. 乗る前にドライバー情報を確認する
  4. 少しでも怪しいと感じたらすぐに降りる


海外旅行のカバンはショルダーバッグがおすすめ

トートバックなどを肩からかけていると、簡単に盗れるため引ったくりに遭いやすいです。

海外旅行のカバンは「蓋がしっかり閉まるショルダーバッグ」がおすすめですよ。

斜めがけにしていれば奪いにくいため、引ったくりにもあいにくくなります。

カバンの持ち方にも気を付ける

ただショルダーバッグを持つだけではなく、持ち方にも気をつけましょう。

  • 身体の前にして持つ
  • 混雑時はチャックに手を添える
  • 車道側にカバンを出さない

どんなときも目を離さないようにしましょう。

リュックはおすすめしない

海外旅行にリュックはNG

海外旅行ではリュックはおすすめしません。後ろからどんな風に盗られるか分からないためです。

海外では貴重品から目を離さない方がいいですよ。

もしもリュックを持つ場合は、貴重品はサコッシュに入れて身体の前に持っておきましょう。

サコッシュは軽くて荷物にもなりにくいです。

スリ対策も万善!海外旅行のバッグはショルダーがおおすすめ。観光中の持ち物と合わせて紹介よくSNSで海外旅行のバッグについて聞かれるので、今回は観光中のバッグや持ち物について解説することにしました。盗難やスリの観点からも、バッグの持ち方や貴重品の管理の仕方までまとめています。 安心した旅行のためにも、事前に対策をすることは重要です。...

女性が気をつけたい海外旅行での防犯


女性は特に犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。仲良くなったと思った男性に車内で暴行を受ける事件も多いので、簡単に男性と二人きりにならないことが大事です。

女性だけの旅行はリスクが大きいので、下記のことに気をつけて旅行をしてみてください。

  • アプローチを受けても気軽について行かない
  • 男性と二人きりにならない
  • 安すぎるホテルに泊まらない
  • 正規の安心できるタクシーを利用する
  • マッサージは有名店や人気店を選ぶ
  • 夜暗くなる前にホテルに戻る

女性は本当にトラブルに巻き込まれやすいので、気をつけましょう!

現金よりもクレジットカードを持つ方が安心

海外旅行で使う現金

海外旅行に行く場合、現金とクレジットカードどちらで払うのがいいのか?と思う人もいますよね。

結論から言うと、現金は最小限にしてクレジットカード払いをする方が安心です。

補償対象にならない現金

盗難にあった場合、現金は海外旅行保険の補償対象になりません。

もし現金を20万円分盗まれた場合、海外旅行保険の対象にならず1円も戻ってこないのです。

カード会社の補償対象になるクレカ

対してクレジットカードで不正利用があった場合は、クレジットカード会社の補償対象になり不正利用分は請求されません。

誰にも補償してもらえない現金を持つよりも、クレジットカード会社に補償してもらえるカードを持っていた方が安心ですよね。

ちなみに海外旅行に持っていくカードは、CMでお馴染みの「エポスカード」(無料)がおすすめです。

エポスカードを持っていくだけで、三井住友海上火災の海外旅行保険に無料で入れます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 盗難の場合は20万、治療費は270万と補償額も十分
  5. 旅行の直前でも即日発行できる
  6. 2,000円分ポイントがもらえる

わたしは大学生のときにエポスカードに申し込みましたが、無事に審査に通りました。海外旅行に行くなら作っておいた方がお得なカードですよ。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!2000円分のポイントをプレゼント中!

海外旅行で使える防犯グッズ

記事前半で紹介したものもありますが、最近は優れた防犯グッズも多いのでまとめておきます。

おすすめ度No.1のセキュリティポーチ

海外旅行の防犯にセキュリティポーチは欠かせません。私もいつもセキュリティポーチにパスポートやすぐに使わない現金を持って歩いています。

  • 洋服の下に貴重品を隠せる
  • スキミング防止機能付き

スマホ盗難防止ケース

スマホで写真を撮る人は、盗難防止ケースがあると安心です。

  • 首から下げてスマホを使える
  • カバンに固定しても使える

南京錠

南京錠は予備も含めて多めに持っておくと安心。カバンに毎回付けるのは面倒ですが、ここぞという心配なシーンで使うこともあります。

  • カバンのチャックにも止められる
  • スーツケースやバッグなど予備も持っておくといい

ワイヤー

置き引き防止になるワイヤー。特に一人旅の場合は持っておくのがおすすめ!

  • スーツケースや荷物を固定できる
  • 置き引き防止に使える

キーホルダーストラップ

お財布やケータイをストラップに止めておくだけでも、簡単な防犯対策になります。

  • お財布やスマホをカバンに固定できる
  • 落下や盗難防止に役立つ

防犯ベル

本当に不安な人は防犯ベルを持っておくのも手です。

  • 旅行が不安な女性におすすめ
  • 1つ持っておけば安心できる


旅行中はネットに繋がる方が安心

海外でのネット

旅行中はネットに繋がる方が安心です。特にトラブルにあったときにネットに繋がらないと、対処がしにくいです。

安全な旅行をするためにも、いつでもネットに繋がるようにレンタルWiFiを持っておくのがおすすめです。

複数の会社を比較しましたが、WiFiは「グローバルWiFi」がいちばん安いです。

グローバルWiFiが人気の理由
  1. 他社よりも安い
  2. 出発の4日前まで早割適用
  3. 24時間サポート付き
  4. 利用者No.1の大手
  5. 空港で受け取り・返却が可能

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

>>グローバルWiFiの料金をチェックしてみる

↓1000円割引キャンペーン中!↓↓

グローバルWifiを詳しくみる

旅行先の犯罪情報をよく確認する

旅行前に渡航先の犯罪情報をよく確認しておきましょう。国によって犯罪にもそれぞれ特徴があります。

例えばパリでは著名詐欺やミサンガ詐欺と呼ばれる犯罪が多いです。

国ごとに犯罪の手口が少しずつ変わるので、渡航前に調べておくといいですよ。

海外の防犯について、情報収集の仕方を少し紹介しておきます。

外務省安全ホームページの活用

外務省の「安全ホームページ」では各国で起こる犯罪や、かかる可能性のある病気を細かくまとめて公開しています。

安全ホームページで自分の行く国の注意点を確認しておきましょう。

一度起こりうる内容を把握しておけば、ほとんどのことは防げますよ。

外務省の安否確認サービス「たびレジ」の登録

また外務省では日本語で現地の安全情報を受け取れる「たびレジ」というサービスを無料で提供しています。

海外旅行に行くことが決まったら、たびレジに自分の渡航先と日程を登録しておきましょう。

たびレジに登録することで、下記のような情報を無料で受け取れます。

  • 現地の重大事件・事故の情報
  • 注意が必要な現地のイベントやトラブル

また外務省が発行する「海外旅行 安全虎の巻」では海外旅行の防犯について詳しい情報がまとまっています。

防犯面が不安な人は一度読んでおくといいですよ。無料で閲覧できます。

もしも海外旅行中にトラブルにあったら

海外の警察
海外旅行中に犯罪に巻き込まれたり、スリにあったりトラブルが起きたら対応しなければなりません。

  • クレジットカードの盗難はカード会社に連絡
  • 盗難の場合は警察署で盗難届をもらう
  • パスポートの盗難は現地の大使館と警察署

クレジットカードの盗難

クレジットカード会社にすぐに連絡をして、カードを止めてもらいましょう。

盗難にあったら警察署へ

物品の盗難は海外旅行保険が適応される場合が多いので、警察署に行って盗難届をもらいましょう。

保険の請求に盗難届が必要です。

パスポートの盗難

パスポートの盗難にあった場合は現地の日本大使館に連絡しましょう。仮のパスポートの発行手続きをするため、大使館に行く必要があります。

その他もしも海外旅行中にトラブルに巻き込まれてどうしたらいいか分からなくなったら、まずは現地の大使館に相談をしてみましょう。

どんな対応をすればいいか助言をしてもらえます。

まとめ:海外旅行の防犯対策は万全に

海外旅行の防犯

海外旅行の防犯はしっかりして不安をなくしましょう。

もしもトラブルに巻き込まれたら、せっかくの海外旅行が台無しになってしまいます。

予防できることは未然に防ぎ、楽しい旅行にしましょう!

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
トラベルグッズ

【海外旅行の服装】動きやすくおしゃれも楽しむ!アジアやヨーロッパなど地域別のお洋服を解説

2020年2月9日
世界がキミを待っている(セカキミ)
海外旅行の服装に悩む人も多いのでは?女性ならせっかくの旅行中は、おしゃれもしたい!と思いますよね。 ただ海外旅行は国内と違って、スリや …
トラベルグッズ

【無料】エポスカードは持っているだけで、海外旅行保険に入れる!安心・お得な保険の入り方

2019年3月7日
世界がキミを待っている(セカキミ)
エポスカードは持っているだけで海外旅行保険に加入できる、無料のクレジットカードです。入会費・年会費が一切かからないので、実質無料で海外旅行保 …
トラベルグッズ

セキュリティポーチって必要?もうダサくない!スタイリッシュなポーチで上手に貴重品を管理

2020年2月1日
世界がキミを待っている(セカキミ)
海外旅行に行くとなると、悩むのが貴重品の管理方法。スリにあいたくないし、セキュリティポーチって持っていた方がいい?と思いますよね。 私 …
トラベルグッズ

【レビュー】オスプレーソージョンは買ってよかったおすすめバッグ。使い心地の感想とサイズの比較

2019年11月6日
世界がキミを待っている(セカキミ)
背負っても転がしても使えるバックパック「オスプレーソージョン」。 半年前に購入し、絶賛愛用中なのでレビュー記事を書いてみます。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。