フランス

【保存版】パリでのスリ対策まとめ!添乗員さんに伝授してもらったスリ防犯対策とは?

これからパリに行く人は、スリ対策をしっかりして行ってほしいです。

2018年に大使館が把握している強盗・窃盗の被害にあった日本人は512人。把握できていないものも含めれば、その数はもっと多いと考えられます。

私は毎年パリに行き今まで4度訪れてきましたが、未だにスリにあったことはありません。まだスリに合っていない理由は、初めてのパリ訪問のときに添乗員さんから色々とスリ対策を教えてもらったからだと思います。

今回はパリで起こるスリの傾向と、旅行のプロの添乗員さんから教えてもらった対策方法をシェアします。

パリのスリは30%がメトロで発生。子供や女性のスリも多い

まず初めにパリで一体どんなスリが起きているのか、現状とよくあるパターンを知っておきましょう。手口を知っておくのはとても大事です!

2018 年の 1 年間に日本大使館が認知した、強盗・窃盗の被害に遭われた日本人は 512 人です。

被害の9割がスリ・置き引き


日本人の被害のうち、スリと置き引き被害が全体の88%を占めています。(出典:安全の手引き|在フランス大使館

強盗などの凶悪な犯罪は全体の1割りにも満たないので、スリや置き引きに対して注意をすることが大事です。

パリの治安を過度に心配しすぎることはないですが、自分の貴重品は自分で守れるようにしましょう。

被害の30%は地下鉄で発生


強盗・窃盗の被害の30%は、メトロ(地下鉄)内で発生しています。

よくあるパターンとしては、電車内で複数人の子供や女性に囲まれてしまい、身動きが取れなくなったときに貴重品を盗まれるもの。

パリの地下鉄では日本語で「貴重品に注意を」というアナウンスが流れるぐらいなので、被害に遭う日本人も多いのでしょう。

また地下鉄以外でも、オペラ座界隈や凱旋門・シャンゼリゼ通り界隈など有名な観光地近くでもスリは多いです。

観光地近くでは下記のようなパターンのスリがよくあるので、覚えておきましょう。

  • 道を聞くふりをして近づいてきた人に貴重品を盗まれる
  • 大人数の子供や女性に囲まれて盗まれる
  • 美術館の鑑賞中に荷物を盗られる

犯人の多くは女性や子供の集団


初めてパリに行く方は意外に思うかもしれませんが、スリ犯人の多くは女性や子供です。

見知らぬ女性や子供が自分に近づいてきたら警戒をしてください。

特に子供の集団に囲まれているうちに貴重品を盗られた、というのもよくあるケースです。

日本だと考えられないですが、子供もスリに利用されてしまっている国なので、注意してください。



これで完璧!パリのスリ対策

ここからは具体的なスリ対策の方法を解説していきます。

セキュリティポーチで貴重品を管理

セキュリティポーチはパリに行ったとき添乗員さんが教えてくれた方法。安心して貴重品を管理できるので私も真似しています。

セキュリティポーチは洋服の下に隠せるのが大きなメリット。

パスポート、クレジットカード、すぐに使わない現金など盗られたら困る物はすべてセキュリティポーチに入れてしまいます。

さすがのスリの犯人も服の下に手を入れてくることはないので、安心して観光できるようになりますよ。

カバンは身体の前にして目を離さない


カバンは身体の前にして目を離さないようにしましょう。リュックではなく、チャックが完全に閉まるタイプのショルダーバッグがおすすめ。

日本ではショルダーバッグを身体の後ろ側に持ってきますが、パリでは身体の前にして目を離さないでください。

カバンの持ち方ポイント
  1. 絶対にチャックを閉める
  2. 混雑時はチャックに手を添える
  3. 椅子の下に置かない
  4. 車道側にバッグを出さない

混雑時はチャックに手を添える

美術館の人気エリアや地下鉄の人混みでは、チャックに手を当てて他人から開けられないようにしましょう。

特に観光地では写真撮影に夢中になって、カバンから目を離してしまいがち。写真撮影も楽しみつつ、カバンを無防備にしないように気をつけてください。

椅子の下にカバンを置かない

日本ではレストランで椅子の下にカバンを置いてしまうと思いますが、パリではダメです!食事中にカバンを盗られていることがあります。

特にテラス席ではカバンの置き場所に注意しましょう。

私はショルダーバッグの紐を腕や足にかけて、簡単に取れないようにしています。

メトロでのスリ対策


日本人が被害に合うスリの26%は地下鉄もしくは駅構内で起きています。

下記のような犯罪は本当によく起きるようなので、対策をしっかりしましょう。

ルーブル駅で電車に乗ったところ,女性2人組が無理矢理乗車してきて体を押しつけてきた。その後,女性2人組は電車が発車する前に急いで降りたので,おかしいと思い,ショルダーバッグを確認したところ,財布が盗まれていた。(女性旅行者)

引用:2019年9月の邦人犯罪被害事例

下記のような対策はすぐできるので、覚えておくといいですよ!

地下鉄でのスリ対策
  1. 切符を買うときはお財布を出さない
  2. カメラやケータイはカバンに入れる
  3. 電車の入り口付近に立たない
  4. 席が空いたらすぐ座る
  5. バッグを抱えて持つ
  6. 駅構内では死角を避ける

切符を買うときはお財布を出さない

メトロの切符を買うときは、事前にお金をポッケに入れておきましょう。

スリの犯人は切符を買った後、お財布をどこに入れるか見て後をつけてきます。

お財布を入れた場所を見られるのは危険。事前にお金をポッケに入れておき、お財布は出さないようにしましょう。

カメラやケータイはカバンに入れる

駅構内に入る前に、カメラやケータイはカバンに入れましょう。私も普段はミラーレス一眼を首から下げて観光していますが、パリでは駅に向かう途中でカバンに入れています。

メトロ内ではケータイもできるだけ出さない方がいいです。

電車の入り口付近に立たない

地下鉄の中でも、入り口付近でスリがよく起きます。スリの犯人はドアが閉まる直前に逃げたいため、ドア付近にいることが多いためです。

電車に乗ったら、まずは入り口付近から離れましょう。そしてできたら座席に座っていた方が安心。空いていたらすかさず座ってしまいましょう。

座ってカバンを抱えていた方が、スリにあいませんよ。

駅構内では死角を避ける

パリの駅構内は薄暗くて、曲がり角が多いです。死角で集団に囲まれてしまうと助けを呼べないので、できるだけ一人で歩かないようにしましょう。



美術館で写真撮影に夢中にならない


ルーブルやオルセー美術館での人気エリアでは、特にスリに気をつけてください。

フランスでは学生は美術館に無料で入れるため、スリをするために美術館に来る若者も多いようです。

有名な作品に夢中になっているうちに、カバンから貴重品を盗られてしまうこともよくあるようです。

オルセー美術館付近で 5~6 人の女の子に囲まれ,気づいたら財布を抜き取られていた。 (女性旅行者)

引用:2019年10月の邦人犯罪被害事例

著名を求められたり囲まれても、焦らずカバンを死守


万が一集団に囲まれても、焦らずまずはカバンをしっかり持ちましょう。

パリにいるとよく著名を求めてくる人に出会います。

パターンは2つあり、著名した後に「お金の寄付が必要」と言われる詐欺タイプと、断っている間にスリにあうタイプ。

複数人に囲まれたら、まずはカバンをしっかり抱えて持ちましょう。断るのはその後で大丈夫です。

断ることに熱中してしまうと、その間に盗まれてしまいます。

ノートルダム大聖堂付近にて,3人組から署名を求められた。断っていたが,気づいたらバッグ内から貴重品を盗まれていた。(女性旅行者)

引用:2019年11月の邦人犯罪被害事例

道を聞かれたり、写真撮影を頼まれたり。相手を観光客と思って安心しない


観光地近くでは道を聞いていたり、写真撮影を頼んでくる人がスリの犯人の場合も。相手を観光客と思って安心しないように。

下記のように観光客のふりをして近づいてくるスリの犯人もいます。

ルーブル美術館付近で、男性からルーブルを背に写真を撮って欲しいと頼まれた。写真を撮るために荷物を置いていたが、取り終わったら盗まれていることに気づいた。(女性旅行者)

引用:2018年12月の邦人犯罪被害事例

普明らかにアジア人と分かる人に道を聞くことはないので、道を聞かれた場合は断るのがベター。

写真撮影に応じるときも、荷物は絶対置かないように!一人旅だったら、写真撮影も断った方がいいと思います。

お財布やバッグなどブランド物は持たない


海外旅行にはおしゃれしてお気に入りのものを持っていきたいですが、ブランド物は身に付けない方がいいです。

「お金持ちに見える物」は身に付けないのがベター。

自ら狙ってくださいという必要はありませんね。

私は海外旅行でのお財布は小さめのコインケース入れしか使っていません。

目立たずお金持ちに見えないものが最高ですね。

またパリでブランド品を買った場合、すぐに違う袋に入れ替えてください。ブランド品のショッピングバッグを持っていると、すぐに狙われてしまいます。



防犯グッズを活用する


スリが不安な人は防犯グッズを最大限活用すると、安心して旅行できるようになりますよ。

セキュリティポーチ

セキュリティポーチは記事前半でも紹介しましたが、Amazonで2000円ほどで買えてしまうから1つ持っておくといいですよ。

以前は見た目がダサいものが多かったですが、最近はスタイリッシュで機能的なポーチもあります。

私は下記の点を気に入って、このポーチを使っていますよ。

  1. 見た目がスタイリッシュ
  2. 防水素材でできている
  3. スキミング防止機能付き
  4. 洋服の下に付けても目立たない/li>

スマホ盗難防止ケース

スマホの盗難も心配…という方は、スマホ盗難防止ケースもおすすめ。

首からぶら下げたり、バッグに固定できるので、気づかないうちにスマホを盗られていた!ということはなくなります。

南京錠

カバンのファスナーにも取り付けられるタイプの南京錠。

毎回取り付けるのはめんどくさいですが、美術館を回る最中など、ここぞというときに使ってみるといいと思います。

ワイヤーロック

こちらはカバンを固定するのに役立つワイヤーロック。特に一人旅の場合は、ワイヤーロックがあると便利ですよ。

現金はできるだけ持ち歩かない


現金はあまり持ち歩かない方がいいです。海外旅行保険では現金は補償対象になっていないため、盗まれても1円も戻ってこないためです。

10万円の現金を盗まれたら、その10万円は誰も補償してくれないのです。

でもクレジットカードなら、不正利用があった場合はカード会社によって補償があり、不正利用額は請求されません。

なのでスリにあった場合のことを考えても、現金よりもクレジットカードを持っていた方がいいですね。

特にフランスはほとんどの場所でカード払いができるから、クレジットカードで支払いましょう。

ちなみに海外旅行で使うクレジットカードは、「エポスカード」(無料)がおすすめ。

エポスカードを持っていれば、海外旅行保険に無料で入れます。盗難・紛失による不正使用は全額補償してもらえるので、海外旅行に持って行くのも安心です。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 2,000円分ポイントがもらえる
  5. 旅行の直前でも即日発行できる

旅行会社でおすすめされる保険は実はかなり高額の保険。

実際はエポスカードで三井住友海上火災の保険に無料で入れます。損しないためにも、エポスカードは早めにつくっておきましょう。

わたしは大学生のときにエポスカードに申し込みましたが、無事に審査に通りました。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓
※Amazonギフト券にも交換できる2000円分のポイントをプレゼント中!

 

パリでの移動はバスもおすすめ

もしもパリで地下鉄に乗るのを不安に感じたら、バスを使ってみるのもおすすめです。

私はパリでは地下鉄よりもバスに乗る方が多いです。

下記の点を気に入ってバスに乗っています。

  • 地下鉄よりも混雑していない
  • お年寄りが多く、嫌な空気感がない
  • 車内も明るく安心できる
  • Google mapで簡単に検索できる

WiFiさえ繋がれば、簡単に検索できるからレンタルWiFiを持っておくのがおすすめです。

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。

グローバルWiFiが人気の理由
  1. 他社よりも安い
  2. 出発の4日前まで早割適用
  3. 24時間サポート付き
  4. 利用者No.1の大手

Webで申し込めば、受け取りから返却まで、全て空港で完結するので楽ちんですよ。

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

>>グローバルWiFiの料金をチェックしてみる

↓1000円割引キャンペーン中!↓↓

グローバルWifiを詳しくみる  安心のパケット定額制
利用者No.1のレンタルWiFi

強引に荷物を奪われそうになったら抵抗しない

ここまではスリ対策について書きました。

もしスリではなく強盗にあった場合は、抵抗しないでください。大怪我をする場合があります。

  • バイクでカバンごと引きずられる
  • ナイフでカバンを切られる

バイクの引ったくりはとても危険です。万が一引きずられてしまうことがあったら、安全のためにもカバンから手を離しましょう。

非常に悔しいと思いますが、バイクの引ったくりにあい骨折をしてしまった日本人もいます。

まずは自分の身を守ることを優先し、強引に荷物を奪われそうになったら抵抗するのは止めましょう。

もしも被害にあったら

気をつけていても、被害に遭ってしまうこともあります。万が一、被害にあったら下記のことを対応しましょう。

  • クレジットカードを止める
  • 警察で盗難届をもらう
  • パスポートの再発行手続き

クレジットカードを止める


下記の番号は固定電話からだと無料でかけられます。もし盗まれたことが分かったら、固定電話を借りてすぐに電話しましょう。

・アメリカンエキスプレス
TEL:+81-3-3220-6100(24時間日本語対応,コレクトコール可)

・ビザカード
TEL:0-800-919-552(24時間日本語対応)

・マスターカード
TEL:+1-636-722-7111(24時間日本語対応,コレクトコール可)
0-800-901-387(24 時間日本語対応)

・JCBカード
TEL:00-800-00090009(24時間日本語対応)
+81-422-40-8122(コレクトコール可)

・UCカード
TEL:00-800-8005-8005(24時間日本語対応)

・DCカード
TEL:00-800-3770-1818(24時間日本語対応)

・ダイナースカード
TEL:+81-3-6770-2796(24時間日本語対応,ダイナースクラブ)
+81-3-6770-2801(SuMI TRUST CLUBカード)

・シティバンク
TEL:+81-45-330-2890(24時間日本語対応)

警察で盗難届をもらう

カメラやスマホなどの物品が盗まれた場合は、海外旅行保険の補償対象になります。

海外旅行保険の申請のために、警察が発行した盗難届が必要。パスポートやスマホなどが盗まれたら、警察署に行きましょう。

下記から24時間空いている警察が確認できます。
参考:パリ安全ガイド

パスポートの再発行手続き

パスポートが盗まれてしまった場合は、一度在フランス大使館に連絡をしましょう。

在フランス日本国大使館電話番号:01-4888-6200

再発行の手続きのために、手順を教えてもらえます。

スリ対策をしっかりして、パリ旅行を楽しんで

ここまでパリのスリ対策について解説してきました。

パリはスリが多い街ですが、注意点を気にしていればそんなに治安の悪い街ではありません。

どうか油断せず、パリ旅行を楽しんできてください!それではいい旅を。

フランス旅行の人気記事

フランスのお土産を通販で買ってみた話

意外と安くて楽!フランス土産を通販で選んだら2分で買えた!おすすめのお土産と通販サイトまとめ

意外と安くて楽!フランス土産を通販で選んだら2分で買えた!おすすめのお土産と通販サイトまとめ私は会社や家族へのお土産を選ぶのが苦手で、いつも苦戦していました。そこで気になっていた通販でフランス土産を買ったら、2分で選べてとっても楽だったんです!意外と高くないし、洗練されたパッケージのお土産が手軽に変えて大満足。今回は通販で買えるフランス土産や、おすすめの通販サイト、注意点などを紹介します。...

初めてのパリ旅行ガイド

初めてのパリ旅行ガイド|フォトジェニックな観光地を巡るモデルコースやお得に旅するコツ

初めてのパリ旅行ガイド|フォトジェニックな観光地を巡るモデルコースやお得に旅するコツ今回は初めてのパリ旅行に必要なことを全てまとめました。フォトジェニックな観光地をめぐる4日間のモデルコース、パリ旅行におすすめの時期、必要な予算、持ち物などを紹介しています。パリは本当にかわいらしい街で、幸せな気分になれる場所です。ぜひ行ってみてほしいなと思います。 ...

出発前にチェック!フランス旅行の持ち物

フランス・パリ旅行の持ち物リスト!必需品と持っていけばよかったものを公開

フランス・パリに毎年行く女子の持ち物リストを公開!パリ旅行の必需品とは?これからフランス・パリ旅行に行く人向けに持ち物のチェックリストを作りました。当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の筆者は、毎年フランスに旅行に行っています。毎年持っていくものや、持っていけばよかったと思うもの、女性向けの必需品をまとめました。...

フランスに行った旅行記

【パリ旅行記】6泊7日のフランス旅。雑貨とパティスリーめぐりを満喫(前編)

【フランス旅行記】6泊7日のパリの旅。雑貨とパティスリーめぐりを満喫(前編)フランス・パリに6泊7日で行ってきました!お買い物やパティスリーめぐりを満喫して、充実した時間が過ごせた7日間。旅行記として、ブログにまとめています。今回は母娘の親子旅ですが、女子旅やカップル旅の参考にもなると思います。...

フランス旅行の記事一覧に戻る

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※Amazonギフト券にも交換できる2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
フランス

初めてのパリ旅行ガイド|フォトジェニックな観光地を巡るモデルコースやお得に旅するコツ

2020年2月3日
世界がキミを待っている(セカキミ)
パリ旅行に行ってみたいけど、どんなことができるの?旅行に行くのは大変?などと色々疑問に思う人もいると思います。 今回は初めてのパリ …
フランス

【スイーツラバーが厳選】フランス・パリのお菓子15選!ばらまき用のお土産や有名チョコも紹介

2020年2月3日
世界がキミを待っている(セカキミ)
フランスのお土産として、ばらまき用のお菓子や有名なチョコレートを買って帰る人は多いと思います。 今回はスイーツが大好きな編集者が、ばら …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。