フランス

【フランスへの個人旅行】初めてでも安心!予約方法から準備、注意点までを徹底解説

フランスに個人旅行で行ってみたい!と思う人も多いと思います。

フランスは盗難に気をつけていれば、個人旅行が難しい国ではありません。

私は毎年フランスに個人旅行で行って、とても楽しい思い出を作れています!

今回はフランス個人旅行の予約方法や準備の仕方をブログにまとめることにしました。

個人旅行で行くときの注意点までしっかり記載しているので、これからフランスに行く人は参考にしてみてください。

フランス旅行は個人旅行でも楽しめる

個人旅行の方がツアーよりも安い

フランスへの旅行は、ツアーよりも個人旅行の方が安いことが多いです。

5泊7日の場合、総額15万円で行ける

実際に5泊7日ほどでパリに個人旅行で行ったときは、総額15万円ほどでした。

  • 往復の航空券 7万円
  • ホテル5泊 3万円
  • 食事・観光・お土産代 5万円

ツアー単体でも18万円はすることが多いので、個人旅行の方が安く行けます。

個人旅行のメリット

個人旅行でパリに行くメリットは下記のようなことだと思います。

  • 長期の滞在ができる
  • お金を使うメリハリをつけられる
  • 安く行ける

ツアーでパリに行く場合、長期滞在の商品はあまりありません。

弾丸のときはツアーがおすすめ

もしも旅行日数があまりない場合は、ツアーの方がおすすめです。

弾丸のときは1つトラブルがあると、その後の予定が全て崩れがち。

頼りになる添乗員さんがいるツアーで行くのも1つの手です。

また6日間で3ヶ国まわる、などの短期間で移動が多いときもツアーがおすすめ。

フランスのツアーはいろいろ比較しましたが、HISが一番安いです。

ツアーも検討している人は、HISをチェックしてみましょう。

>>HISでお得なフランス旅行を見てみる

フランスの個人旅行は決して難しくない


フランスへの個人旅行が難しいか?と言われれば、答えはNOです。

バスや電車が隈なく走っているので、移動はとても便利。

また、現地発のツアーをうまく使えばモン・サン・ミシェルやベルサイユ宮殿なども行きやすいですよ。

航空券とホテルを自分で予約すれば、フランスへ個人旅行で行けます。

スリや盗難に気をつけていれば、フランスは旅のしにくい国ではありません。

次の章からは具体的な予約方法を解説していきます。

フランスに個人旅行で行く場合の予約方法と準備すること

ステップ1:航空券の予約


まずは航空券の予約からはじめましょう。

パリへの航空券は直行便と乗り継ぎの2種類があります。

パリへの直行便

JAL、ANA、エールフランスに乗ると、日本からパリまで直行便で行くことができます。

時間はおよそ13時間で、料金は往復で10〜15万円ほど。

乗り継ぎをしたくない人は、多少高くなりますが直行便をおすすめします。

パリへの乗り継ぎ便

中国や韓国、中東などの空港で1度乗り継いで行く方法もあります。

中国や韓国経由だとあまり遠回りにならず、価格も安くて往復6万円代のチケットも見つかります。

中東まわりの場合は最低でも片道20時間以上かかるため、時間には注意してください。

乗り継ぎ便を取るときは、乗り継ぎ時間が3時間以上間あるものがおすすめ。

ここからは私が実際にフランスに行くときに航空券を予約しているサイトを紹介します。

Expedia

Expedia」は世界中の航空券やホテルを予約できる「世界最大のオンライン旅行会社」。

楽天トラベルの海外版のようなもの。

日本語サイトと日本語のカスタマーサポートがあるので、安心して利用できます。

パリの往復航空券を6万円代で予約したことがあります!

航空券とホテルを一緒に予約すると、ホテル代が最大0円になるキャンペーンもやっていて、かなりお得に予約できることも多いです。

>>Expediaでお得なフランスへの航空券を見てみる

サプライス

サプライス」はHISの子会社。

日本の企業が運営しているので、カスタマーサポート面も安心できます。

海外の格安航空券を取り扱っているので、お得な航空券が見つかりやすいです。

パリへの航空券をサプライスで取ったことがあります!

>>サプライスでフランスのお得な航空券を見てみる

ホテルの予約


航空券の予約ができたら、次はホテルの予約をしましょう。

パリはコンパクトな街で、山手線の内側にすっぽり入る大きさです。

パリの中心地にホテルをとらなくても、電車やバスで十分に移動できますよ。

Expedia

航空券を予約できる「Expedia」でホテルの予約をすることも多いです。

Expediaでは毎日限定のセールを開催していて、50パーセントオフのホテルを予約できることも!

かなりお得なホテルを予約できるので、いつもチェックしています。

>>Expediaでお得なパリのホテルを見てみる

Booking.com



Booking.com

ホテルの予約には「Booking.com」も使います。

Booking.comは海外のホテルを予約を専門にしていて、取り扱うホテル数は世界一。

口コミも豊富にあるので、しっかり口コミをチェックして予約したいときに利用しています。

>>Booking.comでパリのお得なホテルを見てみる

▼Booking.comで予約するときの注意点まとめ
Booking.comの評判は?メリット・デメリットと予約時の注意点まとめ

Booking.comの評判は?メリット・デメリットと予約時の注意点まとめBooking.comを10回以上使ってきた筆者が、ブッキングドットコムの評判、デメリット、予約時の注意点を紹介します。実際の予約手順も詳細を解説するので、これから予約する人は参考にしてみてくださいね。 ...

コスパ抜群ホテル


コスパ抜群のホテルとしておすすめなのが、「アイビス スタイル パリ ベルシー」。

ベルシーというパリの中心地からは電車で10分ほどの場所にあるホテルです。

治安がとてもよく、ワイン倉庫をリノベーションしたおしゃれなショッピングセンターがホテル近くにあり、滞在中に困ることはありません。

私もこのホテルに6泊しましたが、とても快適に過ごせました。

>>Expediaで料金をチェックしてみる

>>Booking.comで料金をチェックしてみる

パリの憧れホテル

パリの「シャングリラホテル」はエッフェル塔が近くに見える、憧れのホテル。

ローラン・ボナパルト王子の元邸宅で、フランスの歴史的記念物に登録されています。

エッフェル塔が見えるラグジュアリーな空間は、カップルや親子旅にもおすすめ。

パリで素敵な思い出ができること、間違いなしですよ。

>>Expediaで料金をチェックしてみる

>>Booking.comで料金をチェックしてみる

1週間ほどの滞在ならairbnbもおすすめ


もし5泊以上同じ場所に滞在するのであれば、「airbnb」もおすすめ。

ホテルの半額ほどで泊まれます。

私たちが泊ったときは6泊で3万円で泊まれました。

他の人のお家を借りられるため、キッチン、洗濯機などがついていることが多いです。

ただ基本料金に加えて清掃費などがかかるので、3泊以上のときがおすすめ。

下記から予約してもらうと、3700円オフで予約できます!

>>今すぐ使える!airbnbの3700円オフクーポン

現地で行きたいスポットをピックアップ


航空券とホテルの予約が完了したら、次は現地で行きたいスポットをピックアップして行きましょう。

ガイドブックを見ながら、行きたいスポットを洗い出していくといいですよ。

女性にはかわいい雑貨屋さんやカフェがたくさん載っている「aruco」がおすすめ。

「まっぷる」も写真がたくさん載っていて、イメージがしやすいです。

現地での移動方法を確認

行きたいスポットを洗い出したら、次は現地での移動手段を考えましょう。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで


シャルル・ド・ゴール空港からオペラまでのバスが日中は15分おきに出ています。

12.5ユーロとそこまで高くなく、安心できる移動手段です。

パリ市内での移動


パリ市内は電車とバスでどこでも移動できます。

電車に乗るときはスリに気をつけて移動して下さい。

多少時間に余裕のあるときは、バスを使ってみるのもおすすめ。

パリはGooglemapとバス停のルートや時刻が全て連動しています。

Googlemapで現在地と行き先を入力すれば、近くのバス停や降りるバス停など全て表示してくれて便利です。

ただ渋滞することもあるので、急ぎの場合はメトロの利用がおすすめです。

▼パリでのメトロの乗り方はこちら
パリの地下鉄の乗り方を解説|路線図、治安やお得な切符とは

パリの地下鉄の乗り方を解説|路線図、治安やお得な切符とはパリを観光するときに一番便利なのはメトロ(地下鉄)の路線図や切符の買い方、乗り方、治安などの注意点について詳しく解説していきます。 主な観光地の近くには、必ずと言っていいほどメトロの駅があり、本数も多いので、切符の買い方・乗り方さえ分かってしまえば、パリ観光の強い味方となります。 ...

▼パリでのバスの乗り方はこちら
パリのバスの乗り方解説|路線図付き。いつもと違った風景を楽しむバスの旅

パリのバスの乗り方解説|路線図付き。いつもと違った風景を楽しむバスの旅パリをバスで移動すると、地下鉄や歩くのとは違う景色も楽しめます! 切符の買い方や乗り方、路線図の見方、乗るときの注意点なども解説しています。 バスに乗って、いつもとは違うパリを楽しんでみてください!...

必要であれば、現地ツアーを予約

もし自力で移動するのが難しいと感じたら、現地発のツアーをうまく利用しましょう。

パリの中心地発で、下記のようなスポットに行けるツアーはたくさんあります。

  • ベルサイユ宮殿
  • モネの家
  • モン・サン・ミシェル

私がいつも利用しているKKdayでは、下記のようなツアーがありました。

【日本語ガイド】モンサンミッシェル日帰りツアー+田舎村ノルマンディ立ち寄り

【パリオペラ座発】Wifi付きバスで行く ベルサイユ宮殿 午前シャトルバス往復チケット

レンタルWifiを予約

バスや電車に乗るとき、Googlemapを利用できるとかなり便利です。

レンタルWiFiを使って、スマホは常時ネットに繋がるようにしておきましょう。快適な旅行ができますよ。

グローバルWiFiなら、4日前まで早割OK

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す

Webで申し込めば、受け取りから返却まで、全て空港で完結するので楽ちんですよ。

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

グローバルWifiをくわしくみてみる

海外旅行保険に申し込む

最後に忘れてはならないのが、海外旅行保険。

フランスに行くときも、必ず海外旅行保険に入りましょう。通常ひとり5000円~1万ほど保険料がかかります。

ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄に感じてしまいますよね。

マルイが発行しているエポスカード」(年会費・入会費無料)を持っていると、三井住友海上の海外旅行保険に無料で入れます。

エポスカードを持っていれば、海外旅行保険に無料で入れます。

1万円節約!海外旅行保険を0円にする方法




海外に行くときに必ず入る海外旅行保険。通常ひとり5000円~1万ほど保険料がかかります。

この海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外旅行に持っていくだけで、無料で保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 2,000円分ポイントがもらえる
  5. 旅行の直前でも即日発行できる

旅行会社でおすすめされる保険は実はかなり高額の保険。

実際はエポスカードで三井住友海上火災の保険に無料で入れます。損しないためにも、エポスカードは早めにつくっておきましょう。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓
※Amazonギフト券にも交換できる2000円分のポイントをプレゼント中!

 

フランスで使えるWiFiをレンタルする

観光中は、ネットに繋がって調べ物ができるようにしておくのがおすすめ。

ネットに繋がらないと行きたい場所にたどり着けなかったり、買いてある言葉が分からずにお買い物を断念してしまうことも…

でもポケットwifiがあれば、いつでもネットに繋がり、快適にお買い物ができます。

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。

グローバルWiFiが人気の理由
  1. 他社よりも安い
  2. 出発の4日前まで早割適用
  3. 24時間サポート付き
  4. 利用者No.1の大手

Webで申し込めば、受け取りから返却まで、全て空港で完結するので楽ちんですよ。

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

>>グローバルWiFiの料金をチェックしてみる

↓1000円割引キャンペーン中!↓↓

グローバルWifiを詳しくみる  安心のパケット定額制
利用者No.1のレンタルWiFi

ここまでできたら、もう後はフランス旅行の当日を楽しみに待つだけ!

フランスに個人旅行で行くときの注意点

スリ・盗難には十分注意を


パリは本当にスリや盗難が多いです。大切なものは絶対に、肌身離さず持っているようにしましょう。

セキュリティポーチを活用する

私はパリに行くときはセキュリティポーチに貴重品を入れています。

こういったセキュリティポーチは洋服の下に付ければ、存在が外からは全く分かりません。

ワンピースを着るときは、首から下げるものを使っています。

また20ユーロぐらいは上着のポッケに入れて、お財布をあまり出さないようにしています。

おすすめのバッグは斜めがけ

スリ対策でおすすめのバッグは、チャックがしっかり閉まる斜めがけタイプのもの。

リュックは後ろから開けられても気がつけないので、フランスでは使っていません。

電車に乗るときや、美術館で混雑している場所に行くときは、カバンのチャックを手で押さえるようにしています。

スリや盗難のパターンを頭に入れておく

外務省のホームページに、実際に日本人が狙われたスリや盗難の被害が載っています。

犯行手口や防犯対策が細かく書かれているので、出発前に一度読んでおきましょう。

参考:外務省安全ホームページ|フランス

現地で実際にどんな犯罪が起きているのか知っているだけでも、予防できることがたくさんあります。

予測できないストライキがおこる可能性もある

フランスの電車やバスは、日本よりも止まる可能性が高いです。

予測できないストライキや工事などで、本来は止まるはずの駅を通過してしまうこともよくあります。

運行情報はフランス「RATPの公式サイト」に公開されています。

参考:RATP公式サイト

長期期間の工事で営業しない駅もあるので、出発前に一度目を通しておくのがいいですよ。

また旅行中も欠かさずチェックをするようにしましょう。

※言語を「日本語」で選択してしまうと、運行情報が見れません。フランスを指定して、気になる路線はGoogle翻訳に入れてみてください。

スケジュールには余裕を持って

フランスは日本では考えられないような遅延や、ストライキ、デモが起こる国です。

どうかスケジュールには余裕を持った日程で旅行してほしいと思います。

私の知り合いはモン・サン・ミシェルに日帰りで行きましたが、電車が4時間遅れて、モン・サン・ミシェルには1時間しかいれなかったと言っていました。

ユーロスターもストライキが激しく、4時間、5時間遅れが普通に起こると聞いています。

特にフランスに到着した日や出発日はあまり予定を入れないでおくのがおすすめです。

個人旅行でお得にフランスを楽しんで

個人旅行は自分の好きなフライトやホテルを組み合わせて、オリジナルの旅行を作れるのが魅力的。

フランスは個人旅行が決して難しい国ではないので、フランスでの個人旅行をぜひ楽しんでみてください。

予約は下記のものを使うと、お得なチケットやホテルを見つけやすいですよ。

それでは、いい旅を!

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※Amazonギフト券にも交換できる2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
フランス

【フランス・パリ旅行記】ヴァンヴの蚤の市やモンマルトルなど、穏やかなパリの街歩き(後編)

2020年2月3日
世界がキミを待っている(セカキミ)
フランス・パリ旅行記の後編です。今回のパリ旅行は6泊7日。4日目までの旅行記は前編を見てください。(参考:【パリ旅行記】女子憧れの街で雑貨& …
フランス

【2020年版】フランス・パリのお土産40選!日本では買えないお菓子やおすすめの雑貨を解説

2020年3月4日
世界がキミを待っている(セカキミ)
わたしは毎年フランスに行き、スーパーでお菓子を買ったり、雑貨屋さん巡りをするのが大好きです。 この記事を読んでいる人も、きっとフランス …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。