【無料】海外旅行保険にタダで入れるエポスカードとは?!
パリ

モンマルトルの丘からパリを一望!サクレクール寺院に登ればエッフェル塔も!

映画「アメリ」にも出てきた、モンマルトルの丘やその上に建つ白亜の大聖堂「サクレクール寺院」。
高さ83mのドームの上からはパリの街が360°見渡せます。
荘厳な雰囲気ただよう大聖堂内部も必見です!

モンマルトル地区全体の観光情報はこちら

モンマルトルの丘

映画「アメリ」のワンシーンにも使われたモンマルトルの丘は、頂上に登るとパリの街並みを一望できます。

おすすめポイント

・頂上に登ればパリの街並みを見渡せる
・映画「アメリ」のファンなら必見!主人公・アメリがニノにアルバムを返すシーンのロケ地

おすすめの訪問時間

写真を撮るなら開園直後の8時ごろ

モンマルトルの丘は開園時間が8:00(土日は9:00)~ 21:30となっていて、それ以外の時間が門が閉じられていて入ることができません
人のいない公園を撮影することは開園前でもできますが、入ることはできないのでご注意ください。

パリでも有数の観光地なので、お昼ごろには観光客でいっぱいになり、写りこみは避けられません。
ただ8時頃ならまだそこまで人は多くないので、バックに写りこむことはないので、やはり開園直後がおすすめです。

その他の施設概要

ふもとにはかわいいメリーゴーランド

ふもとにはかわいいメリーゴーランドがあります。
子供たちばかりなので乗るのは少し恥ずかしいですが、見てるとすごく楽しい気分になります。

体力に自信がなくても大丈夫!ケーブルカーで頂上まで一気に移動

ぜひ丘を散歩しながら登ってほしいところですが、頂上まで行けるケーブルカーもあるので楽に登りたいという人や体力に自信のない人も簡単に頂上までいけます。

ケーブルカーは公園入口の左側にあります。木に隠れたところにあるので見つけにくいのが難点です。

モンマルトルの丘 データ

営業時間

8:00(土日 9:00)~ 21:30

定休日

なし

料金

公園:無料
ケーブルカー:片道€1.9(カルネ・Navigoの利用可)

アクセス

・メトロ2号線 Anvers駅 徒歩5分
・メトロ12号線 Abbesses駅 徒歩15分


Anvers駅 徒歩5分を降りると、この通りをまっすぐ進んでいきます


途中にはおみやげ屋さんや美味しそうなジューススタンドがあります

公式サイト

http://www.montmartre-guide.com/ (仏/英/西)

サクレクール寺院

モンマルトルの丘からは見ることができないエッフェル塔も、サクレクール寺院のドームに登れば綺麗に見渡すことができます!

おすすめポイント

・パリの街並みを360°一望できる
・エッフェル塔、凱旋門、モンパルナスタワーの3つを1枚の写真に収めることができる
・大聖堂の内部も荘厳な雰囲気が漂う空間

おすすめの訪問時間

写真を撮るならAM 7:30~8:00頃

写真を撮るなら7時半~8時頃に来ることをおすすめします。
大聖堂は朝6時から見学できますが、この時間はまだ礼拝にくる人達が主で、観光客はそう多くありません。
観光客はドームに登れるようになる8時半(秋~冬は9時)から徐々に増えだします。

なので写真を撮るなら、それらの人がいない8時までがおすすめです。

観光・見学だけならドームのオープン~1時間くらいがおすすめ

エッフェル塔は9時のオープン前からすごく並ぶことは有名な話です(詳しくは高さ324mのエッフェル塔からパリを一望!予約方法やフォトスポットの観光情報まとめを参照)。

それに比べてサクレ・クール寺院の場合は、朝早くからそこまで並ぶこともありません。
だいたいオープン~1時間くらいはそこまで人も多くなく、スムーズに入場できます。

大聖堂の場合は、そもそも並ぶこともないので、何時に行ってもそこまで状況は変わりません。
ただやはり昼過ぎになると人が多くなってしまいます。
ゆっくり観たいという方は、やはり朝に行くことをおすすめします。

昼よりも朝の方が空気が澄んでいる分、景色も綺麗に見えるので、ぜひ余裕があれば朝に訪問してみてください。


ドームの一番上にはこんな狭い通路を通っていきます!

その他の施設概要

プチ情報:実は完成は1914年と、歴史あるパリの建造物のなかでは比較的新しい建物です。ちなみにエッフェル塔は1889年完成です。

ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂は内外どちらも美しく、思わず息を呑んでしまいます。
青く晴れた日なんかは、特に美しく写真映えもするので、ぜひ訪れてみてください。

サクレ・クール寺院 データ

営業時間

大聖堂(バシリカ):6:00~22:30
ドーム(塔):5~9月 8:30~20:00、10~4月 9:00~17:00

定休日

なし。
パリでは厄介なメーデー(5/1)も入場できます。

ただし、祈りの時間や行事を行なっている時は入場できない場合があります。

料金

大聖堂:無料
ドーム:€6 ※ミュージアムパスの利用不可

アクセス


・メトロ2号線 Anvers駅 徒歩10分
・メトロ12号線 Abbesses駅 徒歩15分

公式サイト

(フランス語)http://www.sacre-coeur-montmartre.com/francais/
(英語)http://www.sacre-coeur-montmartre.com/english/

パリ旅行の費用を節約するコツ

海外旅行保険はエポスカードで無料にできる

海外に行くときは通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険がかかります。ただこの海外旅行保険は何もトラブルがなかったとき、無駄に感じてしまいますよね。

海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカード
を海外旅行に持っていくだけで、保障を受けれます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。ネットで全て申請が完結するので、楽ちんですよ。

WiFiはグローバルWiFiだと、4日前まで早割になる

海外旅行で何かあった時のために、常にWiFiに繋がっていると便利。多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。何と言っても、出発の4日前まで早割が適用されます。

グローバルWiFiの使い方

1.下記のリンクから申し込む
>>グローバルWiFi
2.当日に空港でWiFiをかりる
3.帰国したらそのまま空港でWifiを返す

Webで申し込めば、空港で全て完結するので楽ちんですよ。旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

パリへの旅行は

パリへの旅行はHISで探すと安いツアーがありますよ。わたしもはじめてパリにいったときは、HISのツアーでまわりました。

航空券(サーチャージ込み)、ホテル代、観光費、食事代込みで18万ほどでツアーがありますよ。モンサンミッシェルやヴェルサイユ、パリ市内の観光もできるツアーがあるので、まだ予約していない人は必ずみて見てください。→H.I.S. フランス旅行

とにかく安く行きたいよ、という人にはExpediaで航空券やホテルを探すのがおすすめ。航空券とホテルをセットで予約すると、ホテル代が最大全額無料になります。(参考:パリ旅行を検索する 航空券+ホテル同時予約でホテル代が最大全額OFF

ABOUT ME
Yosuke
なんでも器用にこなせる、行動派トラベルフォトグラファー。思い立ってタイ行きのチケットをとった6時間後に、日本を出国してしまうぐらい、行動に移すのはピカイチの早さ。旅が大好き。いまでも忘れられない景色は、ハワイの荒れ果てた岩だらけの谷で見た虹。小学1年生のときには、高知から電車に乗って、大阪へ一人旅。電車が好きすぎて、7年間鉄道の整備を経験したのち、いまは地方の旅館の集客をお手伝いしています。来年には自分で旅行会社を立ち上げます。写真と鉄道のことなら、何でもご相談ください! by Nami
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の、海外旅行保険。通常ひとり5000円~1万ほど海外旅行保険を無料にする方法があって、マルイが発行しているエポスカードを海外旅行に持っていくだけで、保障を受けられます。

わたしたちもいつもエポスカードを持って旅をしています!

エポスカードの海外旅行保険の内容

・傷害死亡・後遺障害:最高500万円
・傷害治療費用:200万円 (1事故の限度額)
・疾病治療費用:270万円 (1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
・救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
・携行品損害:20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードの作り方

カードの作り方は簡単。下記のページから申し込むと、すぐに入会審査の結果が届きます。
>>エポスカード

審査後、カードを自宅に配達してもらうか、マルイの店舗で直接受け取るかを選べます。

年会費・入会金無料で即日発行できるので、まだ持っていない方は必ず作ってから行ってください。節約になりますよ。

くわしく見てみる>>エポスカード

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です