アジア

【割引情報付き】シンガポールでスカイラインリュージュを体験!セントーサ島の人気No.1アトラクション

シンガポールのセントーサ島で、多くのアクティビティがある中でも人気のスカイラインリュージュ。

スカイラインリュージュは本当に楽しめる乗り物なのか?行く価値はあるか?などと思っている人も多いと思います。

今回はスカイラインリュージュに実際に行ってきたので、現地の様子を詳しくレポートします!

私たちは3回乗りましたが、それでも遊び足りないぐらいの楽しい経験ができました!

大人もハマってしまいますよ〜!

体験レポートからチケットの割引情報など、詳しく記載しているので、セントーサ島に行ったらぜひスカイラインリュージュに乗ってみてください。

スカイラインリュージュは、スリル満点の体験ができるアトラクション

スカイラインリュージュは、重さを利用して坂道を走る乗り物です。

エンジンのないゴーカートのようなもの。

乗ってみるとけっこうスピードが出るのですが、操作はとても簡単!

すぐに止まることもできるので、安全の問題もありません。

子供も大人も楽しめる乗り物です。

この動画を見ると、どんな乗り物なのかイメージしやすいと思います。

ちなみに人気のアトラクションでアメリカやカナダにはありますが、日本にはありません。

ぜひシンガポールで体験したいですね!

【体験談】セントーサ島のスカイラインリュージュに乗ってみた!

今回は実際にセントーサ島のスカイラインリュージュにやってきました。

動画を見て、実際に来るのをとても楽しみにしていた場所。

現地の様子を詳しくレポートします!

バウチャーをチケットに交換

スカイラインリュージュにやってきました!

今回は事前にお得に予約できるサイトで、チケットを購入していました。(参考:【シンガポール】スカイライン・リュージュ・セントーサ:リュージュ+スカイライドチケット 1460円〜

チケットカウンターでバウチャーをチケットに交換してもらいます。

合計3回乗れるチケットを購入したので、存分に楽しみます!



ヘルメットを選んで装着

スカイラインリュージュに乗るときは、ヘルメットの着用が必要。

サイズが豊富に揃っているので、自分に合うものを選びましょう。

簡単に付けられるタイプで、そんなに手間じゃなかったです。

事前にコースを決める

ヘルメットを被って、リュージュに乗る列に並びます。

コースが全部で4つあるので、並んでいる時間で一緒に行く人とコースを決めました。

長さはすべてそんなに変わらないので、好みのコースを選んで大丈夫。

ちなみにスタート地点は、すべてのコースで一緒です。

初回のみ、操作のミニ講座に参加

初めてリュージュに乗る人用に、操作方法を教えてもらうミニ講座がありました。

うまく操作できるかちょっと心配だったので、教えてもらえると安心。

操作自体はとっても簡単でした!

リュージュの前にあるレバーを前に押すと進み出し、手前に引くとブレーキがかかる仕組み。

エンジンなどは付いておらず、乗っている人の重さを利用して坂道を下って行きます。

ミニ講座で操作もバッチリ!

いよいよリュージュで出発

実際に走り出すと、けっこうスピードが出ているように感じます。

最初はドキドキだったけど、楽しんで運転できるように!

複数人でレースなどを楽しめそうですね〜。

リュージュで下る時間は、本当にあっという間でした。これは大人もハマる!!

専用リフトの「スカイライン」で上に登る

リュージュに乗って坂道を下ると、セントーサ島のだいぶ端っこの方に来ます。

専用リフトの「スカイライン」に乗ると、最初リュージュに乗ったところまで、すぐ上がれますよ。

1回のチケットは下るリュージュと、登るスカイラインがセットになっています。

この調子でまたすぐに2回目も乗ってしまいました。

終わってみると3回乗っても、全然飽きなかったです!

これは楽しい!日本でもできるようになってほしいですね。

500円お得にできる!スカイリュージュの料金と割引情報

ここからはスカリュージュの料金と割引情報を解説します。

ちなみに下記は公式サイトの価格。

・2リュージュとスカイライド 24ドル(1920円)
・3リュージュとスカイライド 27ドル(2160円)
・4リュージュとスカイライド 29ドル(2320円)

2回リュージュとスカイライドに乗ると、1920円かかります。

最安値はKKday。1人500円以上もお得に!

スカイラインリュージュにお得に乗りたいという人は、KKdayから予約をしてください。

公式サイトよりも500円以上安くなります。(参考:【シンガポール】スカイライン・リュージュ・セントーサ:リュージュ+スカイライドチケット 1460円〜

・2リュージュとスカイライド 1460円
・3リュージュとスカイライド 1660円
・4リュージュとスカイライド 1987円

2回乗る場合、公式だと1920円かかっていましたが、KKdayでは1460円で購入可能。

他のサイトも比較しましたが、KKdayが最安値でした。

わたしたちもKKdayを使って乗りましたよ〜!

Kkdayの特徴

・日本語サイトで予約できる
・カスタマーサポートもあって安心
・世界60ヶ国以上のツアーを販売
・各チケットは最安値のことが多い

>>KKdayでスカイラインリュージュのお得なチケットを見てみる

KKdayでスカイラインリュージュに行った人の口コミ

テレビで見たことがある程度だったのですが、予想以上に子供達も喜び大満足でした。二回のチケットを購入しましたが、もう少し体験しても良いかなと思うくらいでした。

最初はリュージュを乗りこなせるのかとても不安でしたが(アラフィフなため)、ハンドル操作やスピード調整も簡単で(乗車時にスタッフが説明してくれます)、距離も短すぎず長すぎず、 とても楽しめました。スカイラインも眺めがよく気持ち良かったです。いつの日か孫を連れてまた遊びに来たいなと思いました。ヘルメットは必ず着用です。

子供と行って楽しかったという口コミはもちろん、大人でもはしゃいでしまったという口コミが多かったですね。

>>KKdayでスカイラインリュージュのお得なチケットを見てみる

注意点

自分でリュージュに乗るには、6歳以上で110cm以上でなければなりません。

これに当てはまらないお子さんは、大人と一緒に乗ることができます。



スカイラインリュージュの場所と行き方

スカイラインリュージュの入り口は、セントーサ島の上の方と下の方に一つずつあります。

・インビアルックアウトエントランス(ここからリュージュに乗車)
・シロソビーチの入り口(一度リフトで上に上がってからリュージュに乗車)

インビアルックアウトエントランス

【バス】
インビアルックアウトバス停 バスA-西行き

【モノレール】
セントーサエクスプレス インビア駅

【ケーブルカー】
シンガポールケーブルカー セントーサステーションから徒歩2分

シロソビーチの入り口

【バス】
ビーチステーション バスA-西行き&バスB-東行き

【モノレール】
セントーサエクスプレス ビーチステーション

【トラム】
シロソビーチトラム-停留所1A

リュージュで走れるコースは全部で4種類

リュージュで走れるコースは、全部で4種類。

・ピンク色-クプクプトレイル– 638m
・黄緑色-エクスペディショントレイル– 658m
・オレンジ色-ジャングルトレイル– 628m
・水色-ドラゴントレイル– 688m

長さは全てあまり変わらないです。

スリルがあるのは、急カーブ多めのコース「ジャングルトレイル」と感じました。

最初、不安な人は急カーブが少ない「ドラゴントレイル」がおすすめ。

乗る前にもコースの看板が出ているので、そこでどのコースに乗るか決めるといいですよ。

夜はライトアップも

ちなみにスカイラインリュージュの営業時間は10:00〜21:30。

暗くなってからも乗ることができ、夜のライトアップされた中を走るのも素敵なよう。

これはわたしも乗ってみたかったですね。

日中はユニバーサルなどで遊んで、夜スカイラインリュージュに乗るのもいいと思います。



スカイラインリュージュの混雑情報


私たちが行ったときは、最初のみ10分ほど並びました。

後の2、3回目はほとんど並ばずに乗れましたよ。

他の旅行ブログを読んでも、土日の昼間でも10分ほどと記載してありました。

そこまで大混雑することは考えにくいです。

スカイラインリュージュでスリル満点の体験を

正直スカイラインリュージュは、予想していたよりも楽しかったです。

行く前は子供向けのアトラクションかな?と思っていたのですが、大人でもはしゃいで楽しく乗れました。

もちろんお子さんがいたら絶対喜ぶと思います。

夜21:30まで空いているので、他のアトラクションを楽しんだ後に行ってみてもいいですね。

お得なチケットで申し込むのを忘れないでください!

>>KKdayでスカイラインリュージュのお得なチケットを見てみる

それではいい旅を。

▼セントーサ島のもう一つの人気アクティビティ、「ジップライン」も必見!
【割引クーポンも】目玉は時速60キロのジップライン!セントーサ島のメガアドベンチャーパークってどんなところ?

【割引クーポンも】目玉は時速60キロのジップライン!セントーサ島のメガアドベンチャーパークってどんなところ?メガアドベンチャーは、セントーサ島の中でも野外のアクティビティを楽しめるスポット。 目玉は時速60キロのスピードでビーチを突き抜け...
ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。世界のかわいいを切り取ったInstagramはこちら。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
あなたにおすすめの記事
アジア

バンコクの観光スポット16選!ストレスでいっぱいの人に教えたいタイでの癒され方

2016年9月21日
世界がキミを待っている(セカキミ)
微笑みの国、そして癒しの国、タイ。この国は癒しで溢れています。ストレスをいっぱいに抱えた人はたくさんいると思います。そんな人に教えたい、タイ …
アジア

台湾の十分でランタン上げをしてみた!九分、台北からの行き方・営業時間まとめ

2018年3月4日
世界がキミを待っている(セカキミ)
ランタン(天燈)上げを台湾でしてみたい!と思って十分へ観光に行かれる方も多いと思います。わたしたちもランタン上げをしたくて十分に行きましたが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。