アジア

【割引クーポンも】目玉は時速60キロのジップライン!セントーサ島のメガアドベンチャーパークってどんなところ?

メガアドベンチャーは、セントーサ島の中でも野外のアクティビティを楽しめるスポット。

目玉は時速60キロのスピードでビーチを突き抜ける、「ジップライン」です。

このジップラインは迫力満点でセントーサ島に行ったら、ぜひ体験してもらいたいアクティビティ。

でも実際に行くにはメガアドベンチャーってどんなところ?ジップラインの料金は?と思う人も多いと思います。

今回はメガアドベンチャーで3種類のアクティビティを体験してきたので、現地の様子を詳しくレポートします。

割引情報や当日120%楽しめるように知っておいた方がいいことをまとめています。

※1シンガポールドル=80円で計算しています

メガアドベンチャーパークで体験したい3つのアクティビティ

セントーサ島は数多くの遊べるスポットがありますが、メガアドベンチャーでは野外のアクティビティが楽しめます。

まずは主な3つのアクティビティを紹介します。

1.時速60キロの速さで海を渡る「ジップライン」

時速60キロの速さで、ジャングルの上を通り抜け、海を渡るジップライン。

このジップラインはセントーサ島の中でもめちゃくちゃ人気らしいです。

ジャングルを飛び越え海を渡り、ビーチに着陸します。

このジップラインの迫力は凄まじかった!

長崎で同じようなアトラクションを体験していたのですが、セントーサ島のジップラインは長いし景色が良すぎて全然違いました!

迫力満点だけど怖すぎないので、セントーサ島での思い出づくりにぴったり。

ちなみにこの3本平行のジップラインは、世界初のよう。

2.大人が遊べるジャングルジム!?「メガクライム」

メガクライムは大人が遊べる、とっても大きなジャングルジムのようなもの。

空中にあるロープを、障害を越えながら渡っていきます。

綱一本の道を渡ったり、木の板を渡ったり。

もちろん命綱は付いているので、安全性は保たれています。

ただ高さがあるため日本の女性にはハードモードかもしれないですが、男性陣は楽しめるのではないでしょうか?

ちなみに体力のない私は、すぐに断念してしまいました…欧米の女性はみんなゴールしていて逞しい…

3.高さ15メートルから!「メガジャンプ」

高さ15mからの場所から、ジャンプするアクティビティ。

山と海に囲まれた絶景が自慢らしいですが、怖すぎて景色を楽しむ余裕はありませんでした。

こちらも命綱が付いていて安全上の問題はないのですが、15メートルの高さから飛び降りたのは初めての経験。

日本ではなかなか体験できないアクティビティですね。

メガアドベンチャーの基本情報

営業時間:11:00〜19:00
定休日:基本的にはなし
住所:10A Siloso Beach Walk, シンガポール 099008

所要時間

3つのアクティビティを体験すると、全部で2時間半ほどかかりました。

目玉のジップラインだけの場合は、1時間〜1.5時間が目安だと思います。

メガアドベンチャーの料金と割引情報

ここからは料金と割引情報を解説していきます。

公式サイトや、現地でチケットを買った場合は下記の料金です。

【公式サイト】
・メガジップ、クライム、ジャンプがセットのチケット:75ドル(6000円)

・メガジップ単体のチケット:55ドル(4400円)

最安値はKKday。4289円で3種類のアトラクションを楽しめる

公式では3種類のアトラクションを楽しめるチケットが6000円しますが、公式よりもお得にチケットを買えるサイトもあります。

複数のサイトを比較しましたが、最安値はKKdayという台湾の会社が運営する旅行サイト。

6000円のチケットが4289円で買えるようになっていました!(参考:【シンガポール】メガアドベンチャーパーク:ジップライン・セットチケット 4389円

私もKKdayを使ってチケットを買いました!

Kkdayの特徴

・日本語サイトで予約できる
・カスタマーサポートもあって安心
・世界60ヶ国以上のツアーを販売
・各チケットは最安値のことが多い

>>KKdayでメガアドベンチャーパークのお得なチケットを見てみる

KKdayでメガアドベンチャーに行った人の口コミ

メガジップ、最高に気持ちよく楽しかった!! メガクライムと、メガジャンプはついてきたのでついでにーって感じでしたが、汗かくくらい楽しめました!

とてもエキサイティングな体験でした! メガジャンプは飛ぶ前に躊躇しましたが、ロープがあるのでフワリと降りる感じでさほど怖くはありませんでした。メガジップは見晴らしも良く、とても気持ちよかったです!またやりたい!!

日本ではなかなか体験できないエキサイティングな体験、という口コミが多かったです。

>>KKdayでメガアドベンチャーパークのお得なチケットを見てみる



メガアドベンチャーへの行き方

メガアドベンチャーの受付場所は2つあります。

1.山の頂上にある受付に直接行く方法
2.シロソ・ビーチ(Siloso Beach )の受付から山の頂上まで送ってもらう方法

私は山頂の受付に直接行って、疲れ果ててしまいました。

シロソビーチの受付に行って、山頂まで送ってもらう方法がおすすめ。

アトラクションがあるのは山頂で、ジップラインで下ったゴールがビーチにあります。

シロソビーチの受付に行く場合

無料トラム

ビーチ・トラムにてメガアドベンチャー(Mega Adventure)停留所で下車。

セントーサ島のビーチ沿いには、無料で乗れるトラムが走っています。

モノレールでセントーサ島に来た場合は終点の「ビーチステーション」で降り、そのままビーチ・トラムに乗り換えができるようになっています。

ケーブルカー

セントーサラインの「Siloso Point Station」(シロソポイント駅)で下車。

セントーサ島にケーブルカーで来る場合は、マウントフェバーラインに乗り、終点のシロソポイントで降りれば大丈夫。

▼ケーブルカーについての詳しい解説はこちら
【割引情報付き】シンガポールケーブルカーからは絶景も!料金や乗り方まとめ

【割引情報付き】シンガポールケーブルカーからは絶景も!料金や乗り方まとめ空飛ぶケーブルカーと呼ばれる、シンガポールケーブルカー。 このケーブルカーに乗ってセントーサ島へ行きたい。料金や乗り方が気になる、...

山頂の受付に直接行く場合


セントーサ島内を走る無料のバスで、インビア・ルックアウト(Imbiah Lookout)停留所まで行きます。

次に、インビア・ルックアウト停留所から、山の頂上まで10分程歩きます。



メガアドベンチャーに行くときの服装

メガアドベンチャーパークのアクティビティは、けっこう激しいのが多いです。動きやすい服装で行くことがおすすめ。

わたしは思いっきりワンピースで行き、ちょっと後悔しました…

ちゃんと事前に調べないとダメですね。

靴とズボンのレンタルは無料

メガクライムのゾーンに、靴を無料で借りられるスポットがありました。

靴とズボンは無料でレンタルできます。ただ靴をレンタルする場合、靴下が必要になります。

靴下は売店でも販売していましたが、持参しておけば余計な出費をおさえられます。

当日スカートを履いていた場合、ズボンを貸してもらうこともできました。

ただかなりダボダボだったので、自分でズボンを持っていくのがおすすめ。

メガクライムはサンダルNG


メガクライムはサンダルNGで、スニーカーでなければアクティビティに参加できません。

メガクライムに参加予定の人はスニーカー自体はレンタルするとして、靴下を忘れずに。

メガジップはサンダルでもできました。もちろんビーサンなどの簡単に脱げてしまうタイプは無理です。



メガアドベンチャーに持って行った方がいいものリスト

動きやすいズボン

激しいアクティビティが多いため、動きやすいズボンを持っていくのがいいと思います。

公式サイトでは、長ズボンを履いてくるのがおすすめと書いてありました。

靴下

メガクライムはサンダルではできないため、靴下が必要。

靴は無料で借りられます。

ミニタオル

激しいアクティビティが多いので、汗をたくさんかきました。

ミニタオルは持っていくのがおすすめ。

日焼け止め

汗でも落ちない日焼け止めを持っていきましょう。

シンガポールは赤道に近く暑いので、たくさん汗をかきます。

メガアドベンチャーパークで、シンガポールのとびっきりの思い出をつくろう

メガアドベンチャーパークは、シンガポールらしいアクティビティを楽しめる場所。

それは子供だけではなく、大人が楽しめる迫力満点のスポットでした。

セントーサ島に行ったら、ぜひメガアドベンチャーパークで野外のアクティビティを体験してみてください。

それでは、いい旅を。

▼セントーサ島に行く場合、ゴーカートのような乗り物「リュージュ」もおすすめです!
【割引情報付き】シンガポールでスカイラインリュージュを体験!セントーサ島の人気No.1アトラクション

【割引情報付き】シンガポールでスカイラインリュージュを体験!セントーサ島の人気No.1アトラクションシンガポールのセントーサ島で、多くのアクティビティがある中でも人気のスカイラインリュージュ。 スカイラインリュージュは本当に楽しめ...
ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。世界のかわいいを切り取ったInstagramはこちら。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
あなたにおすすめの記事
アジア

【シンガポール旅行記】3大動物園とマリーナベイサンズを満喫!女子必見のスポットにも(Part1)

2019年10月27日
世界がキミを待っている(セカキミ)
初めてシンガポールに行ってきました! ゆっくり滞在ができて大満足の旅行だったので、旅行記としてブログにまとめておきます。 正直、 …
アジア

バンコクの観光スポット16選!ストレスでいっぱいの人に教えたいタイでの癒され方

2016年9月21日
世界がキミを待っている(セカキミ)
微笑みの国、そして癒しの国、タイ。この国は癒しで溢れています。ストレスをいっぱいに抱えた人はたくさんいると思います。そんな人に教えたい、タイ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。