インドネシア

【地図付き】バリの観光地8選|2日でまわれるプランをもとに厳選

バリには観光地が多く、楽しみ方が豊富です。以下の、すべてのことを実現できます。

・世界遺産をめぐる
・スパやマッサージでリラックスした時間を過ごす
・綺麗な海でシュノーケリング
・プライベートビーチでのんびり過ごす
・市場で南国らしい雑貨を買う

バリでの滞在が素晴らしい時間になるように、おすすめのバリの観光地をマップつきで紹介します。バリでどのように過ごすかまだ決まっていない人は、ぜひ参考にしてみてください。

2日でもバリの有名観光地を満喫

まずはバリ島の動画をご覧ください。

バリを観光できたのは2日間だけでしたが、以下のところをまわり満喫してきました。

・にぎやかな雰囲気が魅力で買い物を楽しめる「クタ」
・おしゃれなお店が集まっている「スミニャック」
・シュノーケリングをするなら一押しの「レンボンガン島」
・ロマンチックな夕焼けを見れる「タナロット寺院」
・バリを代表する世界遺産「タマンアユン」

地図でまるわかり!バリの主要観光地マップ

下の図を見てもらうと分かるように、バリ島って実はとても大きいです。バリを代表する地として有名なクタとウブドは、車で片道2時間かかります。

バリ観光

バリはこの広い島の中に転々と観光地が散らばっています。

もう少し拡大した地図を見てみましょう。
バリ観光

点々と観光地が散らばっているため、これからバリでの予定を立てる方は、どこらへんにある観光地なのか注目して見てもらえると、ぐんと予定が立てやすくなると思います。



バリの観光地8選

1.空港から近くにぎやかな活気のある雰囲気を楽しめる「クタ」

バリ観光1 バリ観光2

バリ島での滞在先にクタを選ぶ人も多いと思います。もともとサーファーたちが集まる場所だったため、にぎやかな街です。お土産店や飲食店が多いので、滞在して困ることはないでしょう。

特徴

・デンパサール空港から車で10分と近く、初日の滞在場所などに選ぶと便利。
・にぎやかな街で、飲食店やお土産店が豊富。
・サンダル、水着、サングラスなど、滞在中に必要なものがあればたいていそろう。
・にぎやかすぎるところもあり、もの売りも多い。

2.ショッピング好きの女子におすすめの「スミニャック」

バリ観光3

クタから北に進んだところにあるスミニャックという街は、バリに行く女性におすすめしたい街NO.1です。

バリで話題になっている雑貨店や洋服屋さんの多くは、スミニャックにあります。おしゃれな雑貨屋さんを見たい、リゾートらしい洋服を買いたい、そんな方はぜひスミニャックに行ってみましょう。(参考:バリ島のお土産25選!20円から買えるコスメ・雑貨・お菓子を解説

特徴

・バリの中でもおしゃれなお店がそろっている。
・欧米人が集まる場所でもあるので、バーやクラブなどもある。
・クタよりは落ち着いたおしゃれな街。
・アシタバやプスピタなどの有名店もたいていそろっている。

バリ観光4 バリ観光5

3.かわいい南国雑貨にたくさん出会える「ウブド市場」

バリ観光8

ウブドの市場では、バリらしい雑貨たくさん購入できます。

かわいいものを日本で買うよりも安く購入できるので、南国テイストの雑貨が好きな女性にはおすすめの場所です。

バリ観光7

特徴

・バリらしい雑貨がたくさんある。
・バリ土産で有名なガムランボールも手に入る。
・市場なので値段交渉をしなければならない。

バリ観光6

アクセス

クタからウブドまでは車で2時間ほど。クラクラバスを利用して行くこともできる。

4.バリの王族の暮らしを知れる「ウブド王宮」

バリ観光32

ウブドの市場と合わせてウブドの中心となる観光地。

無料で入れるので、市場と合わせて観光するのがおすすめです。

特徴

・ウブドの中心地にあるのでアクセスがいい
・王族の暮らしを知れる
・無料で入れる

5.バリで夕日を見るなら絶対おすすめの「タナロット寺院」

バリ観光11

バリで夕日を見るならば、タナロット寺院をおすすめします。海の中に船が浮かんで見えるような島の中に、寺院はあります。

この寺院をバックに夕日が沈む光景が有名で、夕暮れには多くの人が集まる場所。広い海岸なので、人が多くてもそこまで気になりません。バリで夕日を見るときはぜひタナロット寺院を訪れてみてください。

バリ観光12

特徴

・夕日を見るスポットとして有名。
・夕暮れには多くの人が集まる。
・海岸までたくさんのお土産店あり。

アクセス

・クタ、スミニャックからは車で1時間ほど

6.バリを代表する世界遺産「タマンアユン」

バリ観光13 バリ観光14

タマンアユンはバリを代表する世界遺産。バリ島内で2番目に大きい寺院として知られています。

メルと呼ばれる多重塔が並び、神秘的な雰囲気を味わえます。

特徴

・バリを代表する世界遺産
・神秘的な雰囲気を味わえる

アクセス

ウブドから車で30~40分ほど

7.穏やかなビーチが魅力の「サヌール」

サヌールにはクタやレギャンと違い、静かで穏やかなビーチがあります。海もバリの中では綺麗と有名なので、ビーチで静かに過ごしたい人はサヌールに宿泊して過ごすのがおすすめ。

バリの海はもともとサーファーが集まる場所として有名だったので、意外と綺麗な海は多くはありません。バリ島内でシュノーケリングなどのマリンスポーツをしたい人にもサヌールがおすすめです。

特徴

・海が綺麗で、穏やかなビーチがある。
・クタよりも静かに過ごせる街。
・ビーチに面したバリらしいホテルもある
・シュノーケリングなどのアクティビティも楽しめる。

8.レンボンガン島

バリ観光15

サヌールの海岸から船で40分ほどのところにあるレンボンガン島。海が綺麗でシュノーケリングやダイビングをしたい人に人気のスポットです。

サヌールからの船や島内でのアクティビティ、ランチまですべてセットになったオプショナルツアーを行っている会社も多く、1日のツアーも1万円ほどで参加できます。(参考:【体験レポ】レンボンガン島でシュノーケリングを満喫!バリから40分の海の楽園

バリの滞在日程に余裕がある方にはおすすめの場所です。

バリ観光16

特徴

・バリ島内とはまた違った、ゆったりした時間を楽しめる。
・海はとにかく綺麗。
・マングローブなどの他の自然も楽しめる。



2日で楽しむバリ観光のモデルコース

バリ観光_モデルコース

①1日目
車をチャーターし、

1日目はバリの主要観光地をめぐる

この日はクタで買い物をしてから、車をチャーターしてバリを観光しました。クタ出発→ウブド→タマンアユン→タナロット→スミニャックという順番でまわります。

ウブドから夕日の見れるタナロットに行く途中に、世界遺産のタマンアユンがあったため、こちらもコースに追加しました。

1.クタのお土産街をめぐる

バリ観光17

2.車でウブドへ

クタからウブドに行くには、車でおよそ2時間ほどかかります。

ウブドに着いてからは、ジェラートを食べたり、市場で雑貨を見たり。

バリ観光18 バリ観光19

3.世界遺産のタマンアユン寺院へ

ウブドを出発して40分ほどでタマンアユンに到着。

バリ観光20

静かに世界遺産を見学します。

4.夕日を見にタナロット寺院に

日が暮れないうちに、タナロットに向かいます。この日は少し曇り気味で、はっきりと夕日が沈む様子を見れませんでしたが、タナロットの美しい風景を楽しめました。

バリ観光21

5.スミニャックのバーで夜ごはん

日も暮れたので、スミニャックに移動して夜ごはんです。スミニャックは欧米人が多いこともあり、おしゃれなお店がたくさんあります。
バリ観光23

2日目はレンボンガン島でシュノーケリング

1.サヌールからレンボンガン島へ

バリ観光26

サヌールから40分ほど船に乗ると、レンボンガン島に着きます。

バリ観光24

以下のすべてが含まれたツアーに参加し、料金は1万円ほどでした。
・ホテルからの移動代
・マングローブでのパドルボード
・ランチ
・シュノーケリング

2.レンボンガン島のマングローブでパドルボード

パドルボードをこぎながらマングローブを探索します。

バリ観光31

初めてパドルボードに乗りましたが、自分で漕ぎながらマングローブの中を進んでいくのはとてもスリルがありました!

3.待ちに待ったシュノーケリング

ランチを食べた後は、シュノーケリングです。レンボンガン島の海は綺麗と聞いていましたが、聞いていた通り透き通った海でシュノーケリングができました。

バリ観光32 バリ観光33

4.クロボカン・スミニャックでショッピング

レンボンガン島からスミニャックに帰ってきました。おしゃれなクロボカン、スミニャックでワンピースを買ったり、ショッピングを満喫しました。



バリ島を観光する移動手段はタクシーがメインに

広いバリ島をどうやって移動するかと疑問の方もいると思いますが、はっきり行ってバリの移動はとても不便です。

また、一方通行で狭い道が多く、渋滞も多いです。観光のスケジュールは道が混むのも考慮して、余裕をもって組んでおきましょう。

バリでの移動手段として考えられるものを以下にあげていきます。

1.初乗りは100円以下のタクシー

バリを移動するときに便利なのはタクシーです。なんと初乗り100円以下、1kmごとの加算も100円以下。10分20分の移動はタクシーに乗ってしまうのが手っ取り早いです。

しかしバリのタクシーにはぼったくりが多いので注意が必要。必ず「blue bird」と書かれているタクシーに乗ってください。

ぼったくりタクシーも「blue bio」などと表記を真似してくるので、乗る前に必ず確認しましょう。(参考:バリのタクシーでぼったくられないために!チャーター、相場を大解説

正しいblue birdのマークは下記の写真のマークです。偽物は羽の数が多いので、マークも見分ける手がかりです。

バリ観光30

メリット

・短い移動は安くすむ

デメリット

・ぼったくりが多い。(blue biredに乗れば心配ない)
・長距離の移動が続く場合はカーチャーターのほうが安くなる

2.1日の観光にはカーチャーターが便利

1日かけてクタからウブドに行って、夕日を見にタナロットに行って、などと島を移動する場合は車をチャーターしたほうがいいです。

わたしたちは12時間チャーターして7000円ほどでした。重い荷物を持たずにすむので、とても楽ちんでした。

メリット

・安心してドライバーに連れて行ってもらえる
・時間によって予め料金が決まっている

デメリット

・ちょっとした移動には向かない

3.バリ島内を走るクラクラバス

バリ観光28

バリの主要観光地を結ぶクラクラバス。しかし有名な観光地でもルートに含まれていないものが多く、このクラクラバスだけで全ての観光は難しいです。

クタからウブドへ行きたい、という方など、エリアを移動するにはいいですが、ウブド周辺のタマンアユンやライステラスなどの観光地はまわれません。

スミニャック線、クタ線、ジンバラン線、ヌサドゥア線、サヌール線があるので、エリア間の移動をしたい場合は使ってみるのもいいでしょう。

参考:路線図|クラクラバス

メリット

・料金が予め決まっている

デメリット

・まわれるルートが限られている
・本数が多いコースでも30分に1本しかこない

バリでのお買い物はクレジットカードがおすすめ

バリでのお買い物は現金よりもクレジットカードがおすすめ。

理由は盗難にあったとき現金を持っていると被害が大きくなるためです。

カードは電話ですぐに止められるので、リスクが少ないです。バリの多くのお店はカードで支払えます。

ちなみに海外旅行で使うカードは、CMでお馴染みの「エポスカード」(無料)がおすすめ。

エポスカードを持っていれば、三井住友海上火災の海外旅行保険に無料で入れます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. 盗難の場合は20万、治療費は270万と補償額も十分
  5. 旅行の直前でも即日発行できる
  6. 2,000円分ポイントがもらえる

エポスは年会費無料ですが、補償内容なゴールドカードなみ。損しないためにも、エポスカードは早めに作っておきましょう。

>>無料で海外旅行保険に入れるエポスカード

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!2000円分のポイントをプレゼント中!

バリでの観光中はネットに繋がると安心


バリでの観光中は、ネットに繋がって調べ物ができるようにしておきましょう。

ネットに繋がっていないと、行きたいお店や観光地にたどりつかないことも…また現地のWiFiは日本人が接続できないものも多いです。

多くの会社を比べましたが、WiFiはグローバルWiFiがいちばん安いです。

グローバルWiFiが人気の理由
  1. 他社よりも安い
  2. 出発の4日前まで早割適用
  3. 24時間サポート付き
  4. 利用者No.1の大手
  5. 空港で受け取り・返却が可能

旅行者が多い時期は在庫がなくなってしまうこともあるので、日程が決まったら早めに申し込んでください。

>>グローバルWiFiの料金をチェックしてみる

↓1000円割引キャンペーン中!↓↓

グローバルWifiを詳しくみる

まとめ:バリは滞在場所によって楽しめることが異なる

一言にバリといっても、島はとても広く移動にも時間がかかります。どこの地区に泊まるか?で楽しめることが変わってくると思いました。

・クタ にぎやかな街の雰囲気や活気のあるお土産店が多い
・スミニャック・クロボカン おしゃれなバーや雑貨店、洋服店が多い
・ウブド 緑に囲まれた、のんびりしたリゾート
・サヌール 静かなリゾートを楽しめる
・レンボンガン島 綺麗な海でのシュノーケリングが魅力

地区によって雰囲気ががらりと変わるので、バリでどんな時間を過ごしたいか考えて選んでみるといいでしょう。

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
インドネシア

バリのタクシーでぼったくられないために!相場やチャーター、正規タクシーの見分け方を解説

2020年3月15日
世界がキミを待っている(セカキミ)
バリ正規のタクシー「ブルーバード」に乗れば、初乗りは60円ほどですみます。 僕たちは正規のタクシーを知っていたのに、バリ島に着いた日1 …

POSTED COMMENT

  1. あやか より:

    突然のコメント、失礼致します!9月にバリ島に行くのですが、マングローブからのシュノーケリングのツアーが魅力的で、なんという会社のツアーを申し込んだのか教えて欲しく、書き込みいたしました!もしよろしければ、教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。