インドネシア

【体験レポ】レンボンガン島でシュノーケリングを満喫!バリから40分の海の楽園

バリに行って綺麗な海でシュノーケリングをしたい、という方にレンボンガン島は非常におすすめなスポット。

わたしたちもバリに行く際に、どこでシュノーケリングをするか悩みましたが、バリでシュノーケリングができるスポットは意外と少なく、海もそこまで綺麗ではないということで、評判のいいレンボンガン島へ行くことにしました。

バリ島の南部サヌールという場所から船で40分ほどで行けるレンボンガン島。今回はレンボンガン島で体験したシュノーケリングやマングローブ、行き方についてまとめました。

レンボンガン島はシュノーケリングに最適!おすすめの3つの理由

おすすめ理由1:バリの中でも、海の透明度は随一

レンボンガン島1

レンボンガン島はバリ島の中でも透明度が非常に高い海と言われています。実際にレンボンガン島でシュノーケリングをしましたが、海の綺麗さには満足!透き通った海の中でシュノーケリングができました。

そもそもバリには意外と綺麗な海があまりありません。もともと高い波を好むサーファーに人気のリゾートだったため、海の透明度が高さは関係なかったのでしょう。

せっかくバリに行くなら綺麗な海でシュノーケリングをしたいと思う方には、レンボンガン島まで行くのもおすすめです。

おすすめ理由2:1日1万円ほどでホテルからの送迎付きツアーに参加可能

1日1万円ほどでホテルからの送迎・ランチ付きのプランがあるのは、便利だと思いました。というのも、正直バリ島内の移動って不便なためです。バスがくまなく走っているわけでもないし、タクシーもぼったくりが多い。

そんな中、ホテルから送迎付きで、レンボンガン島まで連れて行ってくれて、シュノーケリングの準備もしてくれている。おいしいランチもついている。自分たちはのんびり過ごせるので、1日遊んで1万円ならそこまで高くないと思いました。

おすすめ理由3:のどかなリゾートでのんびりした時間を過ごせる

レンボンガン島2
バリって意外と騒がしい街が多いです。物売りも多いため、実際に訪れてみてイメージが違ったと思う人もいるのではないでしょうか。

レンボンガン島は小さな離島なだけあって、とてものどかです。リゾートでゆったり過ごしたいと思っている方には、ぴったりな場所だと思います。



レンボンガン島への行き方

シュノーケリングをしたい方はツアーの参加がおすすめ

レンボンガン島へは、バリ島南部のサヌールという港から、船で40分ほどで行けます。

シュノーケリングをする場合には、綺麗な海にいくため、またボートに乗る必要があります。自力ではいけません。特に初めてレンボンガン島に行くという場合も、車に乗せてどこでも連れて行ってくれるツアーがおすすめだと思います。

ホテルへの送迎付きがあれば滞在場所を選ぶ必要もありませんし、日本語のガイドさんによるツアーもあるので安心できます。

サヌールまでタクシーで行く方は必ず下記の記事を読んでください。
バリのタクシーでぼったくられないために!チャーター、相場を大解説

半日ツアーもあるが、値段は1日のものとそんなに変わらない

バリ島での滞在日数が短い方は、レンボンガン島に1日いるのはもったいないと感じることもあると思います。

わたしたちもバリ島で過ごせる日数が少なかったので、最初は半日のツアーを探しました。ただ、1日のツアーが100ドルほどなのに対して、半日のツアーは安くても80ドル。そもそも半日のツアーはあまりありませんし、中には1日にツアーと同額のものも。

半日になったからといって、金額も半額になるわけではないのですよね。それならば、レンボンガン島ではマングローブの散策なども有名なので、1日遊んでしまってもいいかと思い、わたしたちは1日のツアーに参加しました。

どうしても半日のツアーを探しているという方は、VELTRAで半日のツアーがありました。
参考:ヌサペニダ・レンボンガン島シュノーケリング 運が良ければマンタと逢える!GoProレンタルあり <1日・午前選択可/昼食付あり/南部エリア送迎付>

個人で行くこともできる

サヌールから出ている船には、個人で乗ることも可能。ホテルからの送迎つきで、40ドル~60ドルほどで申し込めます。

レンボンガン島に宿泊する場合は、個人で申し込んでボートで行くのもいいと思います。個人で行った場合、島内はレンタルバイクでの移動になります。免許がなくても、借りられると聞きました。



レンボンガン島のシュノーケリングツアーに参加!体験レポ

ここからわたしたちが参加したレンボンガン島へのツアー体験レポを記載しています。

【ツアーに含まれていたもの】
・ホテルからレンボンガン島までの移動、レンボンガン島内の移動
・ランチ
・シュノーケリング
・マングローブ
・お土産の塩

【価格】
1人117ドル

マングローブの散策がオプションで手漕ぎボートからパドルボートに変更できたため、パドルボートのプランに申し込みました。手漕ぎボートの場合は、102ドル。

8:00 ホテルを出発

ツアーに申し込む際にホテルの名前をつげると、8:00に迎えにきてくれるという連絡が事前にありました。

スミニャックのホテルに滞在していたため、レンボンガン島へ向かう船に乗るサヌールまでは車で1時間ほど。

9:30 サヌールから40分ほど船に揺られて、レンボンガン島へ

レンボンガン島3
この日は朝から大雨だったため、せっかくのビーチもどんよりしています。

サヌールから40分ほど船に乗りますが、この船がめちゃくちゃ揺れる、揺れる。わたしたちは乗り物酔いすることはほとんどないため、大丈夫でしたが、目の前に座っていた女の子はぐったりしてしまって…かわいそうに。

船に強くない方は、事前に酔い止め薬をのんだ方がいいでしょう。

10:00 レンボンガン島に到着

レンボンガン島4
レンボンガン島へ到着!雨があがっていて、一安心。島に到着してから日本語ガイドの方から、今日1日のスケジュールについて説明がありました。今日1日の予定が楽しみでしょうがないです!

11:00 まずはパドルボートにのってマングローブへ

マングローブ組とシュノーケリング組にわかれて、さっそくアクティビティの開始。

わたしたちは午前にマングローブに行き、午後にシュノーケリングをおこないました。参加者の半分ずつがわかれて、アクティビティに取り組みました。

レンボンガン島5

パドルボートに乗ってマングローブに向かいます。このとき初めてパドルボートにチャレンジしましたが、問題なく立てて漕げました!

レンボンガン島6

マングローブをこんなに近くで見れると思っていなかったので、大興奮です。パドルボートは少し操作が難しいところもありましたら、自分で漕いでマングローブの中を進んでいく、という状況はとてもおもしろかったです!

レンボンガン島7 レンボンガン島8

無事にマングローブから帰ってこれました!楽しかったですが、漕ぐのに必死で割と体力を使いました。

12:00 ランチ

レンボンガン島9 レンボンガン島10

ランチは、ナシゴレン、チキンカレー、イカンペペス(魚の包み焼き)から選べます。わたしたちはナシゴレンとチキンカレーを選択。どちらもおいしい…!

13:00 待ちに待ったシュノーケリング

ライフジャケットを身に着け、ボートに乗り、海のきれいなスポットに連れて行ってもらいます。

レンボンガン島15

想像以上に綺麗な海の世界に、感動…!時間も十分あり、海の中での撮影も楽しめます。

綺麗な海の中の写真を撮りたいという方には、ウェアラブルカメラがおすすめです。わたしたちもマングローブや海の中では、ウェアラブルカメラで撮影しました。

14:30 天然塩工房の見学

海で存分に遊んだあとは、天然塩工房の見学。お土産でレンボンガン島産の塩をもらいました。

15:00 パノラマビュースポットで写真撮影

レンボンガン島11
レンボンガン島を見渡せるスポットに連れて行ってもらい、写真撮影。朝の大雨が信じられないぐらい晴れ渡り、綺麗な景色を見れました。

16:00 船に乗ってバリ島へ

サヌールまで船に乗って帰ります。サヌールについてからは、またホテルまで送ってもらいました。やっぱりホテルまでの送迎付きは便利だなあと思いました!

18:00 ホテル着

18:00ごろホテルに着いて、無事レンボンガン島のツアーは終了。丸1日かかりましたが、マングローブにシュノーケリングに、バリの大自然を満喫できました。



まとめ:レンボンガン島では綺麗な海を楽しめる

わたしたちがレンボンガン島のツアーに参加した体験レポを書きましたが、いかがでしたでしょうか。

レンボンガン島では、想像していた以上の綺麗な海やマングローブを楽しめました。バリでシュノーケリングをするという方には、自信をもってお勧めする場所です。

それでは、レンボンガン島を楽しんできてください!

合わせて読みたい、バリの関連記事

バリのお土産25選!おすすめのコスメやお菓子など20円から買える鉄板リスト
バリのお土産で買いたいコスメやお菓子をまとめています。実際に使った感想も記載。

【地図付き】バリの観光地8選|2日でまわれるプランをもとに厳選
バリの観光地をまとめました。地図付きなので、予定を立てるのにも便利です。

ボロブドゥールのサンライズが絶景!行き方とツアー内容まとめ
バリからも日帰りで行ける世界遺産「ボロブドゥール」。ボロブドゥールのサンライズツアーに参加したレポです。

バリのタクシーでぼったくられないために!チャーター、相場を大解説
バリのタクシーはぼったくりが多いので、行く前に必ず読んでください。

それではいい旅を!

ABOUT ME
Nami
当サイト「世界がキミを待っている」(セカキミ)の運営者。トラベルブロガー・編集者。カラフルな世界、かわいいカフェ、雑貨が好きです。オウンドメディアの編集長、出版社での編集経験を経て独立。ブログ、編集、Webコンサルなどを仕事にしながら、世界を旅しています。
海外旅行保険はエポスカードで無料に

海外に行くとき必須の海外旅行保険は、通常1人5000円~1万ほどかかります。

でもこの海外旅行保険を無料にする方法があって、CMでもお馴染みのエポスカードを海外に持っていくだけで、三井住友海上火災の保険の保障を受けられます。

エポスが人気の理由
  1. 年会費無料
  2. 海外旅行保険が無条件でつく
  3. 出国から90日間保険適用
  4. ゴールドカード並みの補償内容で安心
  5. 2,000円分ポイントがもらえる
  6. 旅行の直前でも即日発行できる

年会費・入会金無料で即日発行できるので、作った方がお得ですよね。1万円節約して、その分現地でのショッピングやグルメを楽しみましょう〜!

↓年会費無料のエポスの公式サイト↓

エポスカード

※2000円分のポイントをプレゼント中!
あなたにおすすめの記事
インドネシア

バリのタクシーでぼったくられないために!相場やチャーター、正規タクシーの見分け方を解説

2020年3月15日
世界がキミを待っている(セカキミ)
バリ正規のタクシー「ブルーバード」に乗れば、初乗りは60円ほどですみます。 僕たちは正規のタクシーを知っていたのに、バリ島に着いた日1 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。