台湾の十分でランタン上げをしてみた!九分、台北からの行き方・営業時間まとめ

ランタン(天燈)上げを台湾でしてみたい!と思って十分へ観光に行かれる方も多いと思います。わたしたちもランタン上げをしたくて十分に行きましたが、想像以上に感動し、貴重な体験ができました。

ランタン上げはもともと台湾のお祭りの時に願いを込めて上げていたものですが、今ではお祭りの時以外でも、年中、天燈上げが楽しめます。十分までは台北から電車で1時間半ほどで行けるので、台北に行く方は十分にも足をのばしてみてもいいと思います。

今回はランタン上げができる営業時間や料金、十分老街のカフェやお土産屋さんなどの観光情報も、実際に現地で調査をしました!

※1TWD=3.7円で計算しています。

十分ってどんなところ?

台北から電車で1時間半ほどで行ける十分。十分では毎日、10時~19時ごろまで、ランタン上げができます。

ランタン上げは雨の日でもできます。天気が悪くても心配しなくて大丈夫。

線路のわきに、たくさんのお店があって、ランタン上げも線路の上でできます。

1時間に1本電車が通るときだけ、みんな線路の端で電車が通り過ぎるのを待っていました。


電車がくるとき以外は、線路の上でも自由に過ごせてランタン上げを満喫して、わたしたちは写真を撮っていましたよ。

十分への行き方

台北から十分の行き方


台北から十分へは電車で行くのが一般的です。特急に乗っても350円で行けます。「台北駅」から台湾国鉄に乗って「瑞芳駅」へ行き、平渓線に乗り換えて十分駅で下車。

台北から1回の乗り換えで行けて、そんなに難しくはありません。十分駅を降りればすぐにランタン上げを楽しめますよ。

普通列車

およそ1時間20分、68TWD(250円)
(台北→瑞芳 49TWD、瑞芳→十分19TWD)

特急列車

およそ1時間、95TWD(350円)
(台北→瑞芳76TWD、 瑞芳→十分19TWD )

いずれも乗り換え時間含みません。
乗り換え含み、1時間半~2時間ほどを見積もっておくといいと思います。

瑞芳から十分までの電車は1時間に1本しかないため、下記のサイトで時刻を調べてからいきましょう。

参考:台湾鉄道

※時刻表の検索の仕方
・出発の地区は「台北地区」を入力、「台北駅」を選ぶ。
・到着の地区も「台北地区」を入力、「十分駅」を選ぶ。
・日付を指定し、時刻は「0:00~23:59」を指定すると、その日1日分の時刻表がでる。
・車種は全車種を選択して出すと便利。

タクシー


台北の中心地から、およそ60分。約1200TWD(4440円)。
電車に比べると割高ですが、複数人の場合は割り勘できるので、タクシーで行くのも楽ちんだと思います。

台北へ帰る場合は、均一料金の相乗りタクシーもたくさんありました。
1人350TWD(1295円)

九份から十分への行き方

十分は千と千尋の神隠しのモデルとして有名な、九分と同じエリアにあります。九分から1時間ほどで行けるので、九分と十分を同じ日に観光すると効率よくまわれると思います。

九份から十分へいくには、バスで瑞芳駅まで行って、平渓線に乗り換えて十分駅で降ります。

九份 からバス→瑞芳から電車→十分 

まずは 九份 からバスで瑞芳という電車が走っている最寄り駅まで行きます。バスは15分~20分ごとに出ています。
瑞芳駅からの電車の本数は少ないので、事前に調べてから行くのをおすすめします。

平渓線の周遊券

瑞芳駅から乗る平渓線は、1日周遊券もあります。平渓線沿いで、3カ所以上降りる人にはお得なチケットです。
例)猫村のある侯硐駅、十分、 平溪で降りる

・平溪線(海科館~菁桐):大人乗車券TWD80(296円)、子供の乗車券TWD40(148円)。
・発売駅:平溪線:板橋、台北、松山、基隆、八堵、瑞芳、侯硐、宜蘭、羅東、平溪、菁桐、十分。
・瑞芳と3つ以上の駅で降りる人にはお得。3か所以上で降りない人も、切符を持って帰ることができるので記念にもなる。

九分へは相乗りタクシーもある(均一)

十分から九分へは、250TWD/一人の相乗りタクシーもありました。

おそらく、九分から十分へ行く場合も同額の料金で行けると思います。

大きなに荷物がある場合、瑞芳駅で預ける

大きな荷物がある人は瑞芳でロッカーに預けるのがおすすめ。十分にはロッカーがありませんでした。十分は階段や線路の上を歩くことになるので、大きな荷物があると歩きにくいです。

電車だと必ず瑞芳で乗り換えることになるので、帰りも瑞芳で荷物をとって帰れます。

九分と十分を1日でまわるプラン

九分と十分を1日でまわるなら、遅くとも昼過ぎには台北を出るべきです。猫村にも行くなら、午前中に出発しましょう。
九分と十分のどちらを先に行くべきか?ということに悩むと思いますが、どちらの夜を楽しみたいか?によると思います。

少し暗くなってからランタン上げをすると、光った綺麗なランタンを見れますよ。

九分に夜行く場合のメリット・デメリット

<メリット>
・光った赤ちょうちんを見れる
・九分らしい写真を撮れる

<デメリット>
・夕方からかなり混雑する
・帰りは混雑する。バスに乗れずに、タクシーになる場合もある。
その場合は、タクシーで瑞芳駅まで行き、瑞芳駅から電車で帰ると、そこまで料金も高くならない。

十分に夜行く場合のメリット・デメリット

<メリット>
・薄暗くなってからは、特に綺麗なランタンを見れる
・九分と違って帰り道、混雑しない
・夕方前に九分に先に行くため、そこまで混雑していない九分を楽しめる

<デメリット>
・赤ちょうちんが光った九分を見れない

九分に先に行き、十分に夜行くプラン

・11:20 台北発
・13時ごろ 九分着

<3時間 九分滞在>

・16時すぎ 九分発 瑞芳行きのバスに乗る
・17:00 瑞芳から電車に乗る
・17:27 十分駅着

<1時間 十分滞在>

・18:35 十分駅から電車に乗り瑞芳駅へ
・19:10 瑞芳駅から電車に乗り台北駅へ
・20:05 台北駅着

※時刻は変更になっている場合もあるので、事前に確認してください。

(参考:他の電車の時間)
・ 台北→瑞芳
各駅停車11:20→12:09 急行11:54→12:35 快速12:09→12:51 各駅停車12:32→13:21
・ 瑞芳→台北
各駅停車19:26→20:28

十分に先に行き、九分に夜行くプラン

・12:32 台北駅発。瑞芳駅までの電車に乗る
・14:00 瑞芳駅から平渓線に乗り、十分駅へ向かう
・14:27 十分駅に到着

<十分に2時間滞在>

・16:40 瑞芳駅に戻る電車に乗る
・17:13 瑞芳駅に到着、九分行きのバスに乗る。

<九分に2時間滞在>

・19時半ごろ 九分から瑞芳駅行きのバスに乗る
・20:07 瑞芳駅から電車に乗り、台北に向かう
・21:04 台北着

(参考:他の電車の時間)
・台北→瑞芳
特急 13:07→1339 $76
・瑞芳→台北
19:26→20:28

十分でのランタン上げに感動

天燈上げはもともと小正月に無病息災を祈って飛ばしていたもので、今でも毎年、平渓(十分駅の2駅先の街)で行われる平渓天燈節は、一度に200基もの天燈が飛ばされるので有名です。

しかし、この時期は航空券やホテルが非常に高く、しかも整理券を入手できなければ飛ばすこともできないので、なかなか難易度が高いイベントとなっています。ただ、願いを込めてランタンを飛ばすだけであれば、十分ならいつでも体験できます。

ランタン上げの基本情報

ランタン上げができる場所


十分駅下車、瑞芳方面に5分ほど歩くと、線路の両脇に天燈上げのお店がひしめいています。

天燈上げのお店に向かう間にも、屋台やカフェ、お土産屋さんなど沢山あるので、楽しみながら行けます。

料金、時間

※価格や色の意味は実際に利用した店舗のものですが、どのお店も基本的には同じ値段でした。
・料金:1色 150元(555円)4色 200元(740円)、8色 350元(1295円)
・営業時間: 10時頃~19時頃(11月 17時頃日没)

色の意味

カラフルなランタンには、実は意味があります。願い事によって色が変わってくるのだそう。

各面色違いで、4色セットになったランタンも選べますよ。

・黄色:金運アップ
・緑:夢の実現、
・赤:健康や長寿の祈願・家内安全・交通安全
・紫:学業成就・合格祈願
・濃いピンク:友情、人気上昇
・青:ビジネスの成功祈願
・オレンジ:恋愛成就・結婚祈願
・ピンク:幸せ獲得、人生すべてにおいての幸せ祈願

ランタン上げは雨でもできる

十分も九フンと同じく、山間の街なので、天気が変わりやすく、急に雨が降ってくることもしばしばです。しかし、天燈上げに関しては心配いりません。

天燈には紙が使われていますが、(実際に触ってみたところ)かなり水に強そうな紙だったので、相当な豪雨でない限り飛ばせるようです。

僕たちが行ったときも、時々強い雨が降っていましたが、終始あちらこちらで天燈が上がっていました。むしろ風が強いときのほうが、火災の危険があるため規制されるようです。

ちなみに雨の備えとしては傘よりもレインコートのほうがおすすめです。写真を撮ったり、天燈を上げたりするときに濡れてしまいます。

十分で実際にランタン上げをやってみた!想像以上の感動…!

願い事に応じたランタンの色を選ぶ

まずはランタンの色を選びます。願掛けしたい願い事によって色が違うので、願い事に合わせて選びます。

店員さんに伝えると、大きなランタンを持ってきてくれますよ。

大きなランタンに願い事を書く

ランタンを固定してもらえるので、筆で大きく願い事を書いていきます。

思いを込めて、4面すべてに願い事を書きました。

無事に世界一周できますように。

ランタンに火をつけてもらう

願い事を書き終わり、スタッフの人に火をつけてもらいます。いよいよ飛ばすとき、どきどきしてきます。

いよいよランタンを飛ばす

いよいよランタンを飛ばします。

飛ばす前にスタッフの人が、写真をとってくれました。写真を撮るときだいぶ盛り上げてくれるので、楽しかったです(笑)

飛ばす瞬間は動画を撮ってもらいました。

手をはなしたら、無事に飛んでいくランタン

手をはなしたら、無事に飛んでいきました。一瞬だけど、どきどき楽しい時間。

願いを込めたランタンが飛んでいく瞬間は、うれしい気持ちになりました。

十分には飲食店もある

十分へ行くにしても、はたして食事や休憩する場所があるのか気になる人は多いのではないでしょうか。
しかしご安心を!観光客がたくさん来る場所だけに、しっかり飲食店もありました。一覧にまとめたので参考にしてください。

清潔でかわいい「プラットホームカフェ」 11:00〜20:00


駅からもっとも近く、綺麗なカフェで一番おすすめな場所です。十分やランタン上げが書かれたイラストもかわいい。

特に黒糖タピオカミルクティーが絶品なので、休憩に利用してもいいと思います。

メニュー例

黒糖タピオカミルクティー:90TWD(333円)
牛肉の醤油煮込みライス:180TWD(666円)

他にもハムサンドイッチ(120TWD:444円)、ミートソーススパゲティ (180TWD:666円)などがありました。

ザ・台湾な食堂のようなお店


ローカルな台湾料理を食べたい方は、こちらを利用してもいいかもしれません。

その他のカフェ


十分にはまだカフェがありました。

食べ歩きができる屋台


十分は線路沿いに屋台がたくさんありました。大半は18時ごろまで、一部19時ごろまで営業しています。

見つけた屋台

揚げアイスクリーム、人形焼、ピーナッツのクレープ、かきのクレープ、フライドチキン、芋圓、アメリカンドック、イカフライ、ハンバーガー、フランクフルト、ドリンク類

お土産屋さんは線路沿いにも駅にもある

十分で何かお土産を買って帰りたいと思っている方も、安心してください。線路沿いにお土産屋さんはたくさんありましたし、十分の駅にもお店がありました。

たいていのものはこの駅のお店で買えるので、時間がない方はここを確認してみるといいと思います。

まとめ:ランタン上げ体験を十分でやってみよう

十分でのランタン上げの体験は貴重な思い出になると思います。

長澤まさみの台湾の動画にも、十分のランタン上げの様子が少しだけ写っているので、これから行かれる方はぜひ見てみてください。

わたしたちは九分に宿泊し、次の日に猫村、十分とまわり台北に帰りました。
九分や猫村の記事は、下記にまとめています。

猫好き必見!台湾の猫村に行ってみた!行き方やおすすめのカフェまとめ
九份の観光7選!初めてでも分かる有名撮影スポットへの行き方

Yosuke

なんでも器用にこなせる、行動派トラベルフォトグラファー。思い立ってタイ行きのチケットをとった6時間後に、日本を出国してしまうぐらい、行動に移すのはピカイチの早さ。旅が大好き。いまでも忘れられない景色は、ハワイの荒れ果てた岩だらけの谷で見た虹。小学1年生のときには、高知から電車に乗って、大阪へ一人旅。電車が好きすぎて、7年間鉄道の整備を経験したのち、いまは地方の旅館の集客をお手伝いしています。来年には自分で旅行会社を立ち上げます。写真と鉄道のことなら、何でもご相談ください! by Nami

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年4月22日

    […] 十分でのランタン上げは想像以上によかった!?) […]

  2. 2018年7月17日

    […] は小さな街ですが、オシャレなカフェもあり、半日くらいなら充分、過ごすことができます!(参考:台湾の十分でランタン上げをしてみた!九分、台北からの行き方・営業時間まとめ) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です